怪人マブゼ博士の作品情報・感想・評価

「怪人マブゼ博士」に投稿された感想・評価

Rena

Renaの感想・評価

4.2
原題:マブゼ博士の千の眼
DIE 1000 AUGEN DES DR. MABUSE

不安・不穏・胸騒ぎ

数々のゆっくりと渦巻く "目" に不気味な感情を煽られ、フリッツ・ラングが描き出す『 マブゼ博士 』の世界へと一気に引き込まれる...
オープニングクレジット
そして バックに流れる交響曲 ともに素晴らしい!!

舞台は1960年代
マブゼ博士 = 国民を恐怖に陥れる犯罪の天才
博士は30年程前に死亡したはずなのですが、彼の手口を連想させる事件が発生し...

果たして真犯人は?
博士は生きているのか!?

視線・行動・言動 から
登場人物のほとんどが何かしら怪しく見えてしまうラングの手腕。また、俳優陣の演技が素晴らしく、それに乗せられるように様々な推測をしながら観ていたのですが...自然と脳裏に刻みつけられたカットの断片がつながり、ハッとなった瞬間はたまらなかった。
そして、真相が明らかになった時の鳥肌が立つような感覚は、まさにサスペンスの醍醐味!!

個人的に中盤でしばらく緊張の糸が途切れてしまう部分もありましたが、それらももちろん大事なシーン。
またその後、終盤の目が覚めるような畳みかける展開は本当に見事でした。

殺人の道具にアメリカで開発された新兵器を取り入れ、また舞台の中心となるホテルにくまなく盛り込まれたゾッとする仕掛けは、かつてナチスが実行しようとしていたものなのだそう。そのようなアイデアを取り込むところも 巧妙ですよね。

私が初めて鑑賞したフリッツ・ラングの作品は “M” ですが、その時感じた不気味さは有り余るほど健在でした。

やられた
さすが フリッツ・ラング
おもしろかったです!!
フリッツ・ラング監督の遺作。(1960年作品)
ドイツに戻ったフリッツ・ラングが、プロデューサー側のいろんな提案を却下しているうちに「怪人マブゼ博士(ドクトル・マブゼ)を現代風に甦らせないか」という提案にのって作った映画。

映画タイトルは『怪人マブゼ博士(原題:マブゼ博士の千の眼』という長いものが正式。

さて、物語は、ある盲目の預言者(予知能力者)が居て「自動車で事件が起こる」との預言どおり、頭を針で撃ち抜かれる殺人事件が発生するところから始まる。
その後、ホテルから飛び降り自殺しようとする女性を助けた富豪も事件に巻き込まれたりしながら、どんどん話は進む。

この映画で目を見張らされたのは、カーチェイス場面である。
その中でも「自動的に車のナンバーを変える仕組み」など後年の007シリーズのようなシーンをフリッツ・ラング監督が撮っていたとは驚き。

謎めいた終焉を迎えるこの映画、フリッツ・ラング監督の遺作として相応しい気がした。
全く本筋に関係ないことだがクラス警視が常に加えていたのがシガーパイプ。
VauenのZeppelinとは違うようだが流石ドイツと変な所で唸ってしまった。
Shoty

Shotyの感想・評価

4.1
不気味な雰囲気の盲目の男から殺人が起こるぞ!と警部に電話がある そして記者が運転中に謎の男に殺される。なーによこの始まり方!ワクワクしますねー

監督はこのキャラクター 犯罪の天才マブゼが好きなんでしょう!魅力的だ 1922年のドクトル・マブゼを早く観なければ
YuukiImazu

YuukiImazuの感想・評価

3.7
犯罪の天才・マブゼ博士のミステリアスな存在感、悪のカリスマ感に魅了された。殺人を予知する盲目の男をはじめ、謎多き美女や小憎たらしい保険屋やら、各登場人物のキャラが立っていて素晴らしや。

ちょいとかったるいな、と思っていたら、後半であらゆる謎がクリアになっていく怒涛の展開にスッキリ。オモローな映画でしたね。
Fritz Lang監督の最後の作品だ。ドイツ映画なんだけど残念ながらアメリカの影響をよく感じられる・・・戦前のMabuseと比べてまーまーだ。でもなかなか面白かった。
nagaoshan

nagaoshanの感想・評価

3.6
フリッツ・ラング監督作品!
遺作だそうですが
なかなか見応えがある作品でした!
1234

1234の感想・評価

3.6
なんだかよくわからないパワーがある 洗脳のとこまあまあ怖い ラストの???感