ハンニバル・ライジングの作品情報・感想・評価

ハンニバル・ライジング2007年製作の映画)

HANNIBAL RISING

製作国:

上映時間:121分

3.3

「ハンニバル・ライジング」に投稿された感想・評価

とっと

とっとの感想・評価

3.0
若かりしレクター博士…。
エロすぎだろ。もう、罪だよね。そんで、成長したらアンソニー・ホプキンスだ?どういう遺伝子を持ったらそんな勝ち組みたいになるねん?という。
ムラサキさん綺麗だったな。
この作品は西洋と和の微妙にマッチしていないようでしているような。なんとも形容しがたい。
映画のキャストは完璧だと思うんですけど、ハンニバルの過去は漁る必要性はなかったと思います。た だ の食人鬼、た だ のサイコパスというのがハンニバル・レクターという男の魅力であると思うんです。だから、過去でなぜハンニバル・レクターという人間がこんな風になってしまったんだというのをこと細かくやる必要性はなかったと私は思います。ハンニバル・レクターがなぜサイコパスになってしまったのか。生まれつきのものなのか。それとも、なにか辛い過去があって。とか、聞き手に想像させるほうがよかったように思います。この映画でハンニバル・レクターが今までしでかしてきたことの起源が分かるわけですが、それを知ってしまうとハンニバル・レクターがただの人間私たちと同じような人間と思えてきてしまう。過去をミステリアスにしておくことで人間とはちょっと違ったような存在だと思えていたのだと思いました。なので、少し見たことを後悔しています。私の中ではハンニバル・レクターのことはミステリアスな存在にしておきたかった。
kaho

kahoの感想・評価

3.3
内容としてはまぁまぁだったけどギャスパーがエロすぎてしんどい。血舐めるシーンがエロすぎてゾクゾクする…😇
鑑賞済。ミーシャのM!ってシーンで映画館で声だして笑ったわ。
1255本目。レクター教授シリーズには、ただの猟奇シリアルキラーものとは違う荘厳さがあり、残酷やスプラッターが苦手なのですが、全部見ています。シリアルキラーを主役並みに描いた、画期的な作品シリーズだと思います。その発端にふさわしい重厚な雰囲気の作品だと思います。
mika

mikaの感想・評価

4.3
超たのしかった。
学校のシアターを借りて観たのでおっきい画面で観る若かりし頃のレクター博士の目の保養なこと保養なこと。

でも、まあ他の人もコメントしてる通り、レクター博士は過去に理由ありきの食人鬼、というより生まれつきどこかが狂っていた みたいな描かれ方の方が良かったのかもしれないね。あの青年は復讐が全て終わったあともう誰も殺さないような感じがするし。
まあ別物としてこれはこれとして観ると超たのしかった!
せみ

せみの感想・評価

-
なんだろう、期待しすぎたのか思ってたほどでもなかった。そこまでグロくも猟奇的でもない気がするけどどうなんだろうか…

このレビューはネタバレを含みます

レクター博士のカリスマ的なサイコパス感はなく復讐に取り憑かれた悲しき青年のお話。妹自分も食べさせられてたのはほんまかわいそう。
変な日本びいきがちょっと萎えるが主人公の闇のあるイケメンさは良かった。
haruharu

haruharuの感想・評価

3.0
楽しめましたが、ハンニバルレクターのあの圧倒的な狂気と聡明さをもっと感じたかった。そこにいるだけで喰われるような存在感を...。
まぁ、若い頃の話だからしょうがないか。
まさかの日本との絡みは意外なうえチープでした。レクター博士の過去はミステリアスなまま知らないほうがよかったかも。笑
「ハンニバル全部観たぞ」というために通らなければならない道…
でもアンソニーホプキンスの顔が頭の片隅にありつつ観れるのでそれなりに楽しめちゃう
歴史上稀に見る完全な女子向けスプラッター映画。
くせのある美形のギャスパー・ウリエルが
刀についた血をなめるエロティックアピールが
ドM女子をゾクゾクさせる作品。

スプラッター見て、Turn Me Onなるんて
どうかしてると思うが、作ってる側も
絶対に女子をエロい気分にさせようとしているに違いない。(憶測)
そして少子化をストップさせようという政治的目論見。(絶対違う)

レクター博士の悲しい過去が明らかになる
ハンニバルシリーズの一作ですが、完全に別物感半端ない。
>|