飢える魂の作品情報・感想・評価・動画配信

「飢える魂」に投稿された感想・評価

2組の男女の恋愛物語。まずは三橋達也×南田洋子。年の差婚により愛を知らずに生きてきた若妻と女遊びをして生きてきた若い男の恋。そして夫に死に別れた未亡人と彼の親友だった男の中年の恋。どちらの恋愛も前途多難...
chacole

chacoleの感想・評価

3.3
二組の訳ありの恋愛へ移行していくテンポが遅いと思ったら、第一部だからなんですね。
南田洋子さんの美しいこと!
川島雄三監督作品の常連さんである、三橋達也さん演じる烈はモテモテなのに、令子を追いかける様は結構ヤバいやつです。
轟夕起子さん演じるまゆみが大坂志郎を焦らす姿も、カマトト(死語)ぶってて、同性目線でもイラッとします。
作品中ロケが多いので、昭和31年当時の東京だけでなく、名古屋や倉敷等、地方都市の風景と、小林旭さんの新人時代の姿も観られるのが貴重です。
Nakao

Nakaoの感想・評価

3.2
上質な昼ドラ。

直接的な描写は現代の方が凄いけど、心理描写は割とこの時代の方が過激。立花さんはイケメンじゃなきゃただのストーカーやんけ。
先日観た『ゆがんだ月』同様、またも大坂志郎のクリアフレームメガネ

デビュー作との小林旭はそんな変わらないけど、今まで観た中で最も若いJK桑野みゆき!
あと渡辺美佐子も同様、今までで一番若く、特にこれまでグッと来たことなかったが、今作ハネたショートヘア、蠱惑的で良かった

タイトルとしては『飢える魂』『続・飢える魂』だけど、ラストに第一部完と出る、おおらかさ
え

えの感想・評価

3.6
川島雄三の手にかかると文句なしに女という生き物の美しさに気づかされる

このレビューはネタバレを含みます

ただのメロドラマ。丁寧に作られています。満たされない魂の渇きが小津とは異なる形で極めて一般風俗的に描かれています。川島流の諧謔や風刺は完全に禁じられ、物語は展開していきます。
よろめきドラマ的な映画。
川島もこんなのやってたのね。
日活無料配信に気づき最終日ギリギリで観られた!と思ったら、続編もあったのね…。でも、もうお腹いっぱいです。
南田洋子、若い時は美しい。なんであんなじじいと結婚したんか謎。嫌な男しかやらない三橋は今回もやなヤツ。特筆すべきは温泉のシーン。三橋は南田の名前しか呼ばない。ここはエロかった。
轟と大坂のカップルも中年のエロさムンムン。しかし、どちらも男にとっては拷問のような展開。続編では逆転かな?
アキラのデビュー作。可愛かった❤️
どうして日本のメロドラマはことごとく出てくる男たちがクソ野郎ばかりなのであろうか。親子ほどの歳の離れた妻の南田洋子をこき使う小杉勇は言うまでもないが、彼女に一目惚れした三橋達也も日本全国レベルで南田洋子をストーキングするスーパー金持ちで、クソ不味いカレーと不味いけどまだマシなカレーのどっちを食うかみたいな微妙な気分にさせられた。

とはいえ、戦後間もないこの時期に、女性の自立や意志をハッキリと打ち出していることは評価されるべきかもしれない。通俗小説を原作にラジオドラマなどで人気を博したのもそういうことなんだろう。

当時の日活はまだ役者の層が薄かったのか、まだ30代半ばの大坂志郎が未亡人の轟夕起子を狙う老け役を演っているのがちょっと面白い。
sawaddy

sawaddyの感想・評価

3.9
60年以上昔の日本だけど、ある意味異文化を覗くようでもあった。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
えええここまで付き纏っていいものなのか。
自分もかつてこれを見習えば良かったかしらというのは冗談で露天風呂で呼ばれるの恐怖でしかないと思うんだけど。
商売相手なのに金持ちぶりをアピールしたり商売で潰し合わないのは好感が持てるけど。
あと伝説的なシンフォニーオブジエアの来日公演会場の場面があってあがったけどシンフォニーオブスペースになってるし演奏シーンは無かった。
>|