最強のふたりの作品情報・感想・評価

最強のふたり2011年製作の映画)

Intouchables

上映日:2012年09月01日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

「最強のふたり」に投稿された感想・評価

心温まる素敵な映画でした。
見入ってしまい、あっという間に終わってしまいました。面白かったです。
ゆーか

ゆーかの感想・評価

4.3
ジャケットがすごく気になってレンタルしたのですが思っていたよりすごくいい映画でした!笑って泣いて私は大好きな映画の1つです。
Namnam

Namnamの感想・評価

4.8
ずっと観たかった映画だったけどなかなか気が向かずやっと鑑賞。お涙頂戴系かと思いきや明るく前向きな映画。四股付随のフィリップは全然障害の辛さを出してこなくて、容赦ない対応するオマールシー。ただ2人のギブアンドテイク関係というよりオマールシーがフィリップにギブしてあげる一方通行的な関係に見えたからちょっと物足りなさあり。
Mako

Makoの感想・評価

3.8
身体障害者のフィリップの介護士として雇われたドリス。最初はなんだか適当で大丈夫か?と思ったけれど、同情もせず純粋に一人の人として接するドリスだからこそ、障害者と介護士の関係ではなく『友情』の関係を築けたんだと思う。
こういう関係性が理想だけど、中には悪い人もいると思うから、その見極めとか実際には難しいのかなぁ…。

このレビューはネタバレを含みます

弟が頼りにしてきてるからって、なんで主人公が辞めないといけなかったのか、よく分からなかった。

卵も知らないうちに見つけてたし、あんなさらっと回収するなら、そもそも卵盗んだっていうエピソード必要だったんかな?と思ったり。

ところどころ??となる部分はあったけど全体的には面白かったし、主人公のアホっぽさに私も知らないうちにニヤつきながら見てたw
誕生会で踊るシーンよかった!

モデルとなったふたりのドキュメンタリーもあるみたいで、そちらも見てみたい。
Sae

Saeの感想・評価

4.3
ずっと観たくてようやく観れた!
情け容赦なく対等に接してくれるドリスのような人を求めてたんだろうな。
必要以上に気を遣われて憐れまれると余計に自分が病気で人と違うみたいに感じちゃうことあるよね。
いつかの自分と重なるとこがありました。
ぴー

ぴーの感想・評価

5.0
何度でも見たくなるほど面白い。二人の絶妙な掛け合いやテンポの良さ、無邪気な笑顔に心あったまる作品
最強です
だんだんとお互いがお互いを理解し合って行く感じが良いですね
途中で胸が張り裂けそうになって、最後には温かい涙が出てきました
有名な映画だけどようやく見れました!
本当によかった!
心がとても温かくなりました!
何よりドリスすごいと思った。年齢も障害もハードルに感じないし、親には迷惑かけてばかりだったかも知れないけどこういう人間力を持ってるって素晴らしいなと感じました。
またそれを受け入れるフィリップもまたまた素敵。オペラで相方に爆笑されたら怒りたくなりそうだけどそれを受け入れてしまうフィリップに懐の大きさを感じた。
ドリスと一緒にいる時の本当に楽しそうなフィリップの笑顔が印象的。
最後は思わずホロリときました。
どうしても邦題がしっくりこない。
2人の関係性が素晴らしいのはいうまでも無いけれど、何が最強なの?

この映画は、ユーモアが素晴らしい事は伝えているけど、決してコメディという枠に囚われない、芯の強い映画だなと思いました。
フランスのそれこそ、触れることの出来ない社会情勢も表現しながら、それをも勝る人との繋がりを監督は描きたかったのですかね。

あと音楽が効果的に使われていて良かった。エンディングのピアノがとても印象的でした。
>|