あの日の指輪を待つきみへの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「あの日の指輪を待つきみへ」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

1.5
1941年と1991年を舞台にした、50年の時を超えた男同士の約束と永遠の愛の物語。

人生をかけてまで愛することができる人に出会えたのは素晴らしいけれども、過去に囚われて自分だけ前に進めず、今を生きている人を傷つける姿は全く共感できませんでした。

誰目線で見るかによって評価が変わりそうですが、私には娘が可愛そう、としか思えなかった。

アイルランドの男の子の可愛さがなければ見るに耐えない映画。
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

3.7
こういう純愛ものにはいかんせん弱い…
(純愛と言っていいのかは謎だが)

男同士の約束。永遠の愛の約束。
それに50年翻弄される3人の男と一人の女の話
嘘ような話だけど、実話をもとにしたものと聞いてびっくり。
ストーリーは残酷だし、もどかしさを感じるとこも多々あるけど現実ってこういうものなんだろうな。
もう切なさの塊みたいなお話です。

初めて観たけどMischa Bartonカワイすぎる…
苺

苺の感想・評価

3.7
切なくてめっちゃ泣きました。
愛を誓った指輪が50年経って発見されるという展開だけど、戦争て待つ側も凄く辛いなと改めて思った。
とっても悲しくて最後の彼のメッセージにまたまた号泣。
悲しいけど良い映画でした。
Aki

Akiの感想・評価

3.0
題名でネタバレしてないかなと思いつつ鑑賞、ネタバレはしてないと思う。
恋愛映画だけど戦争映画でもあり、というか青春映画。
昔のアメリカ(以外でもだけど)は階級とか色々やっぱりあったんだなと。
「永遠の愛に生きて」や「ラブ・アンド・ウォー」のリチャード・アッテンボロー監督らしく、非常に真面目さが伝わってくる反面、面白味に欠けるという印象。

第二次世界大戦と現在のIRAのドラマが都合よく多くの登場人物を巻き込んで絡んでくるあたりは、メロドラマだとしても流石に無理があるし、やはりシャーリー・マクレーンが演じるとどんな役も気難しさばかりが先だって見えてしまう気がする。
Saki

Sakiの感想・評価

3.5
切なくて美しいおはなし
だけどイラッイラした!!!!
エセルが娘を大事にしてたら良かった…
2008年7月7日、東商ホールでの試写会で鑑賞。

主演が、往年のスターであるシャーリー・マクレーンとクリストファー・プラマーということで楽しみにして観た。

戦争と指輪を主軸にした見応えのある物語であった。
ラストの空撮が印象的。
久々に観た名優にも共感できた映画。
50年経って恋人の指輪が戻ってきて、テディの「自由に生きて」という最後のメッセージも聞くことができてテディへの愛情は変わらないんだろうけど心は自由になったんだね。これからはジャックと仲良く生きていってほしい。ジャックの長いこと胸に秘めていた思いが少しでも報われるといいな。
Cindy

Cindyの感想・評価

3.2
んー、音楽の使い方とか言葉の選び方とかもうちょい工夫してれば、
世界観がハマりきってない
若い頃のジャックがカッコイイのは良かったけど
ご老人達は、50年間も色々な後悔を抱えていた。50年ていう年月を考えると、原因を作った戦争は悲しいものだと改めて思う。
>|