スタンド・バイ・ミーの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

スタンド・バイ・ミー1986年製作の映画)

Stand by Me

上映日:1987年04月18日

製作国:

上映時間:89分

あらすじ

「スタンド・バイ・ミー」に投稿された感想・評価

単純で、表しかなくて、男っていいよな~と思う
本気でキレてるのか遊び半分なのか分からないところとか、細かいところは気にしてない感じ、それでいて熱いし、そういうところが本当に羨ましい 男の人がみたら共感の嵐でしかないんだろうな

冒険でロマンがあるのに、ひとりひとりの性格や抱えるものも表している。ザこの年の男の子ならではの冒険、という感じで心が躍る 名作と言われる理由がとてもよくわかった

この映画自体を通して男というものを表している感じ。この物語を超える映画はこの先も生まれないんじゃないかな
この時に観られてよかった
ともみ

ともみの感想・評価

3.9
素晴らしい名作に稚拙な感想で申し訳ないのですが、少年達がわちゃわちゃしている姿って可愛くて仕方ない!
輝かしい12歳の夏の思い出。

あぁ〜 目的なんて何でも良くて、一緒に旅に出れるような友達とかとっても大切だよね...

そしてどんな思い出を共有していても、いずれ合わなくなって過去の思い出となる所もリアルだなぁ。 ガキ大将らしかったクリスも、家庭と周りに囚われず大成為して儚くも亡くなった訳か...

実際にはプチ旅で、色々会ったが無事に帰れたわけだけど、2日前に街を出た時とは違う、街が少し小さく見えたってのが印象的だな〜〜 そうやって少年達は成長する訳だね。

何だかんだ、あのチンピラ共も悪友として色々あの仲間で思い出があるのかなと。
見た後に寂しさが残る
昔の親友たちと過ごした日々とかを思い出して、久しぶりに会おうかなと連絡取りたくなる。

戻れないことがわかってるからこそ感じる寂しさ
中学の時に映画館で観て、その時もいい映画やな〜て思ったけど、大人になって観ると、さらに感慨深くなったな〜
映画のようにレールを歩いて旅をするのに憧れて、神鉄のレールを歩いてたら、めっちゃ怒られたなw
ナツキ

ナツキの感想・評価

3.5
王道のロードムービー。
まだ中学に上がる前のはずなのに全員のバックグランドが少し複雑でその分すごく大人に見えた。
ヒルのシーンが最高。
どこにでもいそうな悪ガキ達がそれぞれの問題・悩みを抱えながら「死体を見る」という非現実的な体験をしに旅に出る。その旅は一見小規模のように思えるし実際死体を見るだけだからそうでもないんだけど、悪ガキ達はただひたすらに自分達を抑圧していたもの(親や年上の不良、住んでいた町)から抜け出し、自分なりの正解を見つけ成長していく。ストーリーは単純でありながら、子ども達からしか見えないあまりにも壮大な旅の風景を50年代の音楽と共に描き出す。
ここまで書いたから語彙力なくなっちゃった。エモい!!!!!
hoshi

hoshiの感想・評価

3.5
俗にいうメジャーなものをみてみようということで、観賞。たしかに見たあとになんともいえない寂寥がある映画。
スティーブン・キングは怖いのよりショーシャンクとかグリーンマイルみたいなほうが好き。
でも、なぁグリーンマイルには劣るかな。こういう系は小説家をみつけたらとグッドウィルハンティングに勝てないかなー。
クリスがめっちゃ友達思いないいやつや😿シカと出会すシーンで、シカがびっくりするところ何回も見ちゃった笑
み

みの感想・評価

3.8
大人になったら今の友達がいなくなりそうで大人になるのが怖いときの感情そのものだった
青春
>|