スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐の作品情報・感想・評価

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐2005年製作の映画)

STAR WARS: EPISODE III - REVENGE OF THE SITH

製作国:

上映時間:141分

4.0

「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」に投稿された感想・評価

遠い昔、遥か彼方の銀河系で…
クローン大戦勃発から四年、オビ=ワンとアナキンは誘拐された最高議長のパルパティーン救出作戦に向かうが……

出ました!!!!ついに!!!
新作『スターウォーズ/フォースの覚醒』に向けての復習シリーズ第6弾!新三部作のラスト!!
そしてこれにてスターウォーズ復習レビュー最終章!!
いわずもがなSF映画の教科書であり金字塔であり歴史を作った作品であり、これは映画というコンテンツを超越した、現代の神話だ!!!
(ここまでコピペ)

スタウォーズにかける想いや初心者向けの簡単なガイドはエピソード4の自分のレビューを参考にしてもらって、今作も早速本題に映るとしよう!!
実は当時同タイトルのPS2ゲームをずっとやってたから今作は特に思い入れが強くて…だとかの詳しい内容の解説や世界観の説明は自分より愛の溢れるガチ勢(ユーザー名:ユートスカイウォーカーさんの濃厚レビューがオススメ)に任せるとして!!!!
初心者が持つであろう疑問に答えていくレビュー形式で進んでいく!!!これで最後だね!
楽しかったね!!!!
それでは早速!!

・「なんかパッと見の感じ旧三部作の方はジェダイが少なくて新三部作の方はジェダイが溢れ出んばかりなんだけどなんで??」

その疑問!!今作で解消されます!!
たしかにこの時代のジェダイは評議会があったり聖堂があったり物凄く栄えているのにも関わらず、旧三部作のジェダイと言ったらニヤニヤしながら急に手品のように消えてったベンおじさんと、頭がおかしいとしか思えないちっちゃい緑のおじいちゃんくらいしかいないのでそう思うのも当たり前だ!
見てない人のネタバレになるので詳しくは書かないがしっかり画面の端とかに出ていたジェダイ達も含めて解決してくれるぞ!
その画面の端モブキャラジェダイ達(失礼)もスピンオフやキャラ設定では深い話があったりするのがシリーズの深い世界観の魅力でもある!
次ィィッッ!!

・「結局アナキンて何なの?情緒不安定なの?ウザく(ry」

気持ちはわかります!でも抑えて!(笑)
人一倍フォースが強く、ライトセーバーの才能も溢れていたアナキンスカイウォーカーが何故あぁなってしまったのか……それは幼少の頃は奴隷として自分の欲を抑えすぎてしまったせいかもしれないし、愛も憎しみも含めて感情のエネルギーが強すぎたのかもしれない、選ばれし者のはずだったのに…
まぁ、アナキンに関してはがっつり擁護するが演ずるヘイデンクリステンセンはディスってもらっていいと思っている。ゴールデンラズベリー賞を二度も受賞してしまうほどファンに嫌われているようなので仕方ないだろう…。彼が持っているダークな雰囲気をルーカスに買われて配役されたらしいぞ!
つぎっ!!
と、言いたいところだが正直六部作をレビューしていく中で初心者が持つであろう疑問はほとんど答えてしまった気がする!!なんならこのレビューをここまで読んでくれてる方々はもはや初心者の知識ではない気がする!!立派なジェダイの仲間入りだ!!

ということで最後は自分の好きな新三部作ジェダイランキングBEST5を発表してこのシリーズレビューの幕を閉じようと思います!!


1.メイス・ウィンドゥ
ライトセーバーで言えばおそらく最強のジェダイ。本作での活躍シーンもカッコイイ。

2.オビ=ワン・ケノービ
全シリーズで重要な役割を担っていた万能ジェダイ!ラストの勝負が長引いた理由はお互いのライトセーバーの型が攻撃型と、防御型で相性が悪かったからだ!

3.ヨーダ
安定した名言製造機としても有名なジェダイマスターの中のマスター。今作ではアクションからなにから活躍しっぱなしだ!

4.クワイ=ガン・ジン
オビワンの師匠でありアナキンを導いたマスター!!彼がいなかったら今はなかったといっても過言ではない人物だ!!

5.キ=アディ=ムンディ
チン〇コみたいな頭をしてる評議会の一員だ!(失礼)
劇中ではちょっとしか出てこなかったキャラだが裏設定とかがあついぞ!!ちなみにチ〇ンコみたいな頭には脳が2つ入っているぞ!(笑)

以上!
長い間スターウォーズシリーズレビューにお付き合い頂いてありがとうございました!!
スターウォーズが大好きな人にも初心者の人にも楽しめて頂けたら何よりですo(^▽^)o*
この機会に是非鑑賞してみましょー!!


You were the chosen one !!

-お前は選ばれし者だったのに!-

全ての映画好きの方に、いやもう映画好きじゃない人にもとりあえず義務教育としてオススメしたい作品。
あん

あんの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

アナキンに感情移入できないなー。
あっさり寝返った感じでびびった。
パドメの命が救えるからってシスに寝返ったんだと思うが、パドメはそんなの望まないってちょっと考えたら分かるやろ。
まあ、アナキンは冷静に考えられないほどに追い詰められトラウマに怯えてたってことなのかな、、?
もう少し善悪の間で揺れる場面があったらわかりやすかったなぁと。
何回見ても辛い。
Ryuheihei

Ryuheiheiの感想・評価

4.5
『スター・ウォーズ』シリーズの第6作目で、新三部作の最終章にあたる。一番最初の作品であるエピソード4への怒涛の繋がりに魅せられる今作。登場人物たちがたどる運命はわかってるはずなのに、飽きさせない展開、そのラストへの持っていき方が非常に秀逸。シリーズを見てきた人はグッとくること間違いなし。そしてこのあとには『ローグ・ワン』へ、最高の流れである。
揺れるアナキン、信じるパドメ、そして決意のオビ=ワン、このバランスと対比がとてもよく出来ているなと。そしてあの決闘、すべての想いを見届けてきたからこそ心が痛まずにはいられない。ここでしか見れないウーキーの大群、機械なのに常に咳き込んでるグリーヴァス将軍、前作に引き続きCGヨーダの華麗なる戦闘などなど、やっぱり見所は満載。エピソード1で少年アナキンがパドメにあげたお守り、まだちゃんと持ってるあたりも泣ける。総じて、とにかくあっぱれ。
噂に聞いていたが、シリーズをここまで見返して気づくのは、本当に全作品どこかしらで誰かが必ず「フォースと共にあれ」と「なんだかイヤな予感がする」のセリフを言ってる。他にも細かい裏話はたくさんありそう。
13年前の映画。当時大学生の時映画館で見た事をよく覚えている。
衝撃的だった。悪に堕ちていくアナキンを見るのがとにかく辛い。ラストは分かっているのに感情がここまでざわつく作品はあまり無い。
人は誰しもふとしたきっかけでダースベイダーのようにダークサイドに堕ちてしまうのではかいだろうか。
深い。考えさせられる。
鑑賞後すぐに4を観たくなる作品。
yukari

yukariの感想・評価

3.9
辛く切ない物語だった。
エピソード1では、あんなに可愛いかったあのアナキンが…。
もう一度エピソード4から観たくなる。
Moe

Moeの感想・評価

3.8
オビワンだいすき
Nunn

Nunnの感想・評価

2.8
アナキンのばか!
>|