バカヤロー!2 幸せになりたいの作品情報・感想・評価・動画配信

「バカヤロー!2 幸せになりたい」に投稿された感想・評価

Mitchu

Mitchuの感想・評価

3.0
ワープロの辞書機能が低くて
大変だったんだ!の台詞の言い方が
とても良い。藤井兄。
・パパの立場もわかれ
・こわいお客様がイヤだ
・新しさについていけない
・女だけトシとるなんて

まあまあ
森田芳光による脚本。オムニバス映画。
出演者がみんな若いです。

太田光の言葉がハマりました。
そうです。言わなければわかりません。
しー

しーの感想・評価

2.5
今で言う「スカッとジャパン」。

当時は今よりもずっと自己主張しづらい時代だったな。。。
最初の稔侍兄貴の話は良かった。二つ目の話は今と昔でコンビニのあり方の違いがわかり面白かった。四つ目は住友商事とかがやってそう。
第1話『パパの立場もわかれ』
旅行代理店で苦情処理の部署で働く小林稔侍が仕事と家族サービスに奔走するお話。

◆良い点/注目ポイント
・ネットも普及していない時代パック旅行が、当たり前の時代、20万円を超える旅行パックが完売になる好景気に時代を感じます。
・今では考えられないパワハラに耐えていた小林稔侍の演技に感服します。最後のビールかけの表情が見事!

◆改善点
・家族の父親へのわがままが辛いです。

◆総括
・このエピソードが一番ホッコリしておススメです。

第2話『こわいお客様がイヤだ』
コンビニ店員の深夜の珍客のエピソード集

◆良い点/注目ポイント
・堤真一や爆笑問題が若すぎて笑えます。
・舞台となった茨城県のパンプキンというコンビニに行きたくなりました。

◆改善点
・妄想シーンは、一回で大丈夫です。

◆総括
・みんな2000円以上もコンビニで使うなんて凄いなと思いましたが、ネットのない時代は、コンビニで雑誌やお菓子やタバコを買うからと妙に納得しました。

『新しさについていけない』
新婚カップルが新居に引っ越しレコードプレイヤーの針を買いに行くところから始まり、隣人から洗濯機の音がうるさいと苦情を言われアキバへ買い物に行くお話し。

◆良い点/注目ポイント
・藤井フミヤのダサい青年役が黄金期のとんねるずの番組とシンクロして思い出タイムトラベルを味わえます。
・昔ミニコンポとかにお金をかけている友人がいてセットだと7万円くらいのところ機材を別々に揃えて20万円位したのに驚いた記憶もフラッシュバックしました。聞いていた音楽はプリプリやSHOW-YAなどのJ-POPなのに・・・。
・HI-FIのVHSデッキが、7万円!家電に関しては現代のほうが機能も価格もデザインも恵まれています( ;∀;)
・4:3比率の29型テレビは液晶の42型と同じくらいの縦幅ででかくて重いのを思い出しました。
◆改善点
・最後のクライマックスのフミヤのバカヤロー!はもっと熱を入れてほしかった。不完全燃焼です。

◆総括
・アニメやメイドやアイドルの聖地ではなくまだオシャレなビルや飲食店も充実していない(中華料理屋しかない。)サイバーな秋葉原が懐かしかったです。(私の昔の通学の下車駅。地下鉄の駅はクーラーもなく冷やしおしぼりが冷蔵クーラーに置いてあった。というアナログぶり。)

第4話 『女だけトシとるなんて』
西葛西に住む大手のキャリアウーマンが、結婚してくれない恋人と別れ故郷の山梨県に里帰りして求職をするお話です。

◆良い点/注目ポイント
・メトロのロゴがまだ営団地下鉄時代のがウルトラ警備隊ににたロゴが、でクールです。
・この30年間でどれだけ女性が働きやすい状況になったかわかりやすいと思います。

◆改善点
・山田邦子のシーン切り替えの場面のシャドーボクシングは、なんかイマイチです。

◆総括
・巻末のブチ切れ方は、爽快な思い切りの良さがありオオトリにふさわしいエピソードでした。

-2019年10本目-
前作がヒットしたんで、お約束のように作られた第二弾。
製作自体が安易なんで、作品も安易な感じになっている。
福之助

福之助の感想・評価

2.5
このシリーズ全部観てるんだけど好きなストーリーがどのシリーズに入っているのか…もはや見返す事もないな
Jimmy09

Jimmy09の感想・評価

1.0
この映画の前作「バカヤロー!」が結構面白いオムニバス映画だったので、勢いで本作も観たのだが、どうにも面白くなかった。
一作目だけで止めとけばよかった。
gp

gpの感想・評価

3.2
前作の方が面白かったな
もっと怒りを貯めてからのバカヤローが聞きたい
>|