「花」に投稿された感想・評価

りえ

りえの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

金城一紀原作「花」を映画化したもの。
突然の動脈瘤によって生きる希望を失いかけた青年(野崎)と、亡き妻を弔う旅に向かう末期ガンの初老(鳥越)の男の交流を描く。

全く接点のない2人だが、鳥越の思い出が、野崎の現状にリンクしていくさまは面白い。
このあたりは流石金城一紀といったところか。

赤の他人だがらわかり合えることってある。
旅が進むにつれて見えない絆で結ばれていく2人をみるのは気持ちが良かった。

ただもっと道中を丁寧に描いてほしかったかな~
途中鳥越が倒れて旅が続けられるのか?っていう状態になったのに
次のシーンでは復活してあっという間に鹿児島まで着いちゃうんだもんな~
2人の旅を長く長くみていたかったので残念。

ラストシーンはありきたりだけどちょっと泣けちゃう。いい話です。純粋にそれ。
asa

asaの感想・評価

3.0
大沢さんのロードムービーという事で楽しみに観ましたが、要所要所の出演者さんが意外な方ばかりでびっくり!
当たり前だけど、みなさん若いし。
特に大沢たかおと仲村トオルのツーショットが嬉しかったです。(一瞬だったけど)
hamatakon

hamatakonの感想・評価

4.4
置いてけぼりにしてしまった感情は

何物にも変えられない大切な感情だった。

取り戻す事が出来ない嗚咽を聞いた時、僕も画面の向こう側で嗚咽しながら泣きました。
これを観て柄本明さんが大好きになりました。
maro

maroの感想・評価

-
いろんな花言葉を知りたくなる。海と花の青色が綺麗。最後のシーンが印象的。
ゆん

ゆんの感想・評価

4.0
記録。以下、当時のメモより。
柄本明さん扮するトリゴエさんが「本当に愛するひとに 出会ったら絶対にその手を離してはいけない。離した途端にそのひとは誰よりも遠くに行ってしまう」と言ったのがすごく印象に残っている。観てよかった。
ざらめ

ざらめの感想・評価

1.8
椎名桔平めぐりの旅で。て、まじ一瞬な!笑 びっくりしたわ…ガラ悪いテキ屋のおっちゃん…かっこよかた一瞬でも…笑 奥さんの若い役の人の笑顔が、こわかった(失礼)
mindy

mindyの感想・評価

3.0
いい話なんだけど、なんだかどこかでみたような既視感。途中でなんとなくクライマックスが見えてくる感じ。
俳優陣はとても豪華。今なら主役級の人がちょい役でたくさん出てくるので、淡々とした物語の中でも「おお!?」と所々目が覚める感じ。

ところで「花」で検索するとほとんどエロ系なんだなあ…
大沢たかおから検索する方が早かった。。
芹奈

芹奈の感想・評価

3.3



15年前の映画にしては
かなり昔に感じさせる映像だった


病気だとかどうだとかよりも
別れた人間同士が30年も会わずしても
お互いを想い合ってたことに
なんだかやるせない気持ちになった



てか遠藤憲一どこででてた?
アマゾンprimeをふらふらしててバッタリ出くわした作品。ロードムービーという引っ掛かり。
いろんな事情を抱えた柄本明と大沢たかおの二人旅がとても良い。
映画として、下手っぴな所もあるし、ちょいちょい挟み込まれる政治的なシーンが鼻につくんだけど、全体的には嫌いじゃない。

何気にキャスティングも豪華。牧瀬里穂がとても懐かしかった。あの頃CMやらでいっぱい顔見てたせいか、何だか知り合いに何十年ぶりに再会した気分。食堂のおばちゃん役の樋口可南子がほんわかで惹かれる。2002年の作品か。携帯がデカいな(笑)
pinball

pinballの感想・評価

4.0
バカにしている訳ではなく、牧瀬里穂が、現実感の無さが良かった。
>|