BPM ビート・パー・ミニットの作品情報・感想・評価

BPM ビート・パー・ミニット2017年製作の映画)

120 Battements par minute/BPM (Beats per Minute)

上映日:2018年03月24日

製作国:

上映時間:143分

3.8

あらすじ

舞台は1990年代初めのパリ。エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。ACT UPのメンバーだったという監督自身の経験が物語のベースとなっている。明日も知れぬ命を抱える主人公の葛藤、感染者を一人でも減らしたい、友人の命を助けたいという情熱、恋人との限りある愛・・。生と死、理想と現実の狭間…

舞台は1990年代初めのパリ。エイズの感染による差別や不当な扱いに抗議し、政府や製薬会社などへ変革に挑んだ実在の団体「ACT UP」の活動を通して、若者たちの恋と人生の輝きを描く。ACT UPのメンバーだったという監督自身の経験が物語のベースとなっている。明日も知れぬ命を抱える主人公の葛藤、感染者を一人でも減らしたい、友人の命を助けたいという情熱、恋人との限りある愛・・。生と死、理想と現実の狭間で揺れ動きながらも、強く生きる若者たち。彼らの生き生きとした表情や行動が、力強くエモーショナルな映像と共に綴られる、感動作。

「BPM ビート・パー・ミニット」に投稿された感想・評価

Tin

Tinの感想・評価

3.9
ACT UPという存在をなにも知らなかったけど、ドキュメンタリーを観てるみたいで、リアルに感じて、生々しかった。主役の彼の演技がよりリアルを感じさせてくれました。
Karen

Karenの感想・評価

4.1
劇的、ではないけど丁寧に、彼らとともに歩む時間 . あの時代に、何か期待して待つのではなく声を上げ続け、行動した勇気とパワーに圧倒される
ruby

rubyの感想・評価

3.0
飛行機の中で観ました。外国語難民で、音声はフランス語、字幕は英語で全然よく分からなかった…

でも映像と演技で伝わるものがありました。もう一回ちゃんと観たらまたレビューします(笑)
miiya

miiyaの感想・評価

4.5
今年1番 観て間違いなかったと思う映画。というか、もうこれはドキュメンタリーだと思う。
予告を観た時に感じた胸のざわつき以上のものがあった。

台詞は 一言一言が 声 であり、
説明では無く、 直接 胸に刺さる。


彼等がスクリーンを通して訴える、恋人への愛、生きることへの愛の強さは
普段私が生きる日々がどれだけ気楽で甘えたものかを突きつけてくる。

綺麗で儚いと表現するには、あまりにも力強すぎた主人公の人生。

あのミニマルな部屋の景色が
ずっと頭から離れない。

ACT UPは 観る人の心に何かを残す。

今年1 重要な一本。
エイズ危機とその周辺の芸術。
プレデートにはダメ。絶対!
いい映画でした。
るび

るびの感想・評価

3.2
文字通り命を燃やしながらHIVへの偏見と闘い、恋をし、友情を育む主人公達。
ショーン役の男の子の迫真の演技、セックスシーンの生々しさ、一瞬ドキュメンタリー映画なのでは?と見紛うほどの熱量。
nogsing

nogsingの感想・評価

4.2
実在の団体を扱ったフィクションですが、まるでドキュメンタリーのよう。現在のように治療方が確立してなく、罹患すれば死を待つのみのエイズ患者たちがそれでも懸命に生き、偏見に抗う様に胸打たれる。

刹那的に生きる若者たちの青春物語。不謹慎ながら羨ましくさえ感じられました。命を燃やすとはまさしくこういうことだと。

人は何かと抗いながら生きる。他方、誰かと愛し合いながら生きる。

どちらが欠けても成り立たない。人として生きることはなかなかに難しいけれど、素晴らしいことでもあります。
ACT UPメンバーの議論が熱く飛び交うミーティングシーン、其処彼処に激しくぶち撒けられる血糊玉、当時のゲイカルチャーを象徴するハウスミュージック『Smalltown Boy』。
すべてに心臓の鼓動が否応なく高まり、魅せられ、圧倒されました。
社会活動パートと恋愛パートのバランスが素晴らしく、すべてがディープに描かれながらも最後まで心を鷲掴みにされました。
この映画のキャスティングには9ヶ月費やされたそうで、ACT UPの過激な活動家でありながらエイズの末期患者でもあるショーン役を演じたナウエル・ペレーズ・ビスカヤートの、熱く尖った演技から衰弱していく様はまるでドキュメンタリーのようにリアルで、映画を観終わった後もずっと忘れることができませんでした。
パンフレットも素晴らしく、これを機会にエイズについて詳しく知ることができて良かったです。
aj

ajの感想・評価

5.0
ACT UPの団体のなかで、様々な環境に立たされている者との対立を描き、誰にも理解されない苦しみと助けたくても見守ることしかできない悲劇を対比し、両方の苦しみに凄く胸が重く思いやられた。
maaaatam

maaaatamの感想・評価

4.0
時代や国の背景とか分かって観たらもっとおもしろいのかも、だいぶ重い題材
必死に、思うように生きた証
>|