日曜日は別れの時の作品情報・感想・評価

「日曜日は別れの時」に投稿された感想・評価

goslinK

goslinKの感想・評価

2.9
ゲイで医者ダニエル、独身の中年女アレックス、バイセクシャルの青年ボブの三角関係。
70年代の英国の伝言ダイヤルが三角関係のカギになっていて、ボブに振り回されている二人の心情がなんとも言えない感じ。電話の呼び鈴が耳につく。
ぶるた

ぶるたの感想・評価

1.0
70年で、バイセクシャル、子供のマリファナ、不倫と、あーー今となんら変わりないじゃん。ということで退屈至極の映画でした。
犬

犬の感想・評価

3.3
決断

日曜日を二度はさんだ十日間に起こる、中年の医師、若いとはいえないが魅力的な女性、若い芸術家の三角関係を描く

なんとも言えない

関係性
複雑でした

雰囲気は落ち着いています

グレンダ・ジャクソンがいい感じでした
ワンちゃん、、
ひろ

ひろの感想・評価

2.5
真夜中のカーボーイが良かったので途中で中断してたこれを完走してみたがやっぱり微妙だった。

40代のゲイ医師と30代のキャリアウーマンと20代の芸術家ボブとの奇妙な三角関係のお話。
じえり

じえりの感想・評価

3.0
ボブなるバイセクシャルの男が男と女を行ったり来たりする話
鳥の真似?して細めで睨む
marumame

marumameの感想・評価

3.0
複雑な三角関係。
バイセクシャルな若い男と関係をもつ中年男女。
お互い自由な関係と掲げてつきあっているも、若い男がどちらかにいけば、どちらかがやきもきする。やっぱり自分だけのひとにしたい欲求は止められない。
若い男はそれを欲張りだと言うけれど、自由といいながら2人の間をいったりきたりしているほうが欲張りなんじゃないの?と思った。
この時代でこの自由なストーリー。
この頃のイギリスの時代背景もうかがえて楽しい。
蹂躙

蹂躙の感想・評価

3.5
原題Sunday, Bloody Sundayがやけに好きでずっと気になってた

なんの映えもない三角関係だし、何でもないシーンがとても不穏だったりと、色々見づらいんだが、ラストのダニエルの独白で救われたというか理解できた気がした。

中年女性と中年男性がどちらも独身(?)で理想の相手を求めてるっていうのがなんか切ない。

シュレシンジャーの映像ってトラウマが直接的に表現されてる感じがして気持ち悪くて苦手なんだが、どうしても見てしまう

子供と黒人のドクターがいるあの家庭は3人とどういう関係にあるのか?永遠の謎。
naokit

naokitの感想・評価

2.9
バイセクシャルの若い男を中心に、中年男女2人との三角関係の日々が淡々と描かれています。

以前イギリスでは犯罪扱いであった同性愛が、この年代辺りから当たり前の様に描かれるようになったのかな?…などと考えながら観てました。
今作は特殊な形の色恋話って設定ですが、よくよく考えるとどんな時代であろうと、同性愛であろうとなかろうと三角関係が厄介である事は間違いないですよね!…たぶん。(経験なし)
ちはな

ちはなの感想・評価

3.0
『人間は望まないことをあえてするものよ』

青年芸術家(バイ)
おじ様医師(ゲイ)
別居中キャリアウーマン(ノーマル)

この三角関係
簡単に言うと 若い男に翻弄されるおじさんとおばさん

自由なんだよ 青年芸術家が
「愛してる」の言葉がなんだか軽い

おじさんとおばさんは分かってる
いろいろ分かっていながら自ら身を引くことが出来ない

良くも悪くも大人なんだ


共通の知人の友人夫婦は
いい人そうだけど実はゲスの極みじゃないか?()
子供達もマリファナ吸ったりしてたしな(お姉ちゃんは小学校弟は5歳くらいだった)
ぽち

ぽちの感想・評価

2.3
この監督とはどうも趣味が合わないようで、今まで3作品観ているがどれも赤点。
今作は今まで観た中では一番面白かったが、それでも世間が絶賛するような作品とは思えなかった。

静かに三人の生活を描き出しているのは好感が持てるが、キャラに感情移入ができないのと、登場人物の関係が説明不足でストレスが溜まる。

そして一番幻滅したのがラスト。
そこまで必要なことはナレーション方式で語らせていたのが、なぜラストだけ視聴者に話しかけてしまう?
ここだけまったく別カラーとなり映画を観ている自分を強烈に意識させられてしまう。

コメディなどでは良くある手法だが、これをドラマなどでやるとリスクが高く「全てぶち壊し」ぐらいの破壊力があると思う。

個人的には今作でのこの手法は失敗だったと感じてしまう。
>|