ブロードキャスト・ニュースの作品情報・感想・評価・動画配信

「ブロードキャスト・ニュース」に投稿された感想・評価

記録。
華やかさと泥臭さが共存する報道番組の舞台裏。信念に恋心に三角関係。とにかく彼女は忙しい。

絵に描いたようなバリバリのキャリア・ウーマンで、報道に対する確固たるスタンスを持ち、歯に絹着せぬ物言いで周囲を圧倒する女性を熱演するホリー・ハンターが素晴らしい。

アンカー(司会者)になる夢を未だ叶えられずにいるベテランリポーターの親友に、演出力と華で勝負のハンサムなルーキー。
彼らとホリー演じるジェーンの三角関係や、互いに協力しあって仕事に臨む姿が見所かな。

80年代アメリカ映画特有のキラキラした絢爛さに、あの時代に働く男女の揺れ動く人間模様が眩い程に溶け込んだ佳作だと思います。
方眼

方眼の感想・評価

4.0
1987年”Broadcast News”。TV業界を舞台にしたコメディタッチのドラマ。前半はウィリアム・ハートに同情。ラストでは皆、再会しているけどやっぱり変わらない人はいて、多分ジェーンはまた繰り返すだろうし。でも、なんだか元気は出てくるのだ。人生の苦しい部分を取り除いて圧縮しているみたいで。
kikawa

kikawaの感想・評価

5.0
想像したよりほろ苦いストーリーだった。

80年代のアメリカってとっても魅力的。80年代を愛してやまない。
HAYATO

HAYATOの感想・評価

3.7
結局勝つのは、仕事でも恋愛でも嘘をついてよく魅せたほうということが思い知らされたようで切ない

それだけに最期の3人のハッピーエンドを迎えるシーンは良かった

しかしアメリカの労働市場はきっつい
死ぬまでに観たい映画1001本より394本目

恋愛映画は根本的に苦手なので、ほぼ観ててしんどかったです💦
なぜ、仕事と恋愛を絡めたがるのか理解に苦しみます。

ただ、この映画は王道を少し外しています。
それ故のラストはけっこう好きでした。
mariモ

mariモの感想・評価

4.0
言葉で心理を説明しすぎてるとは思うが、この三人っていいよねってなる。
7年後に飛躍した際も、一人は奥に向かって去っていく二人はベンチでという構図がいい。
中学生の頃見た以来の鑑賞。ブルックス流ロマンスコメディの三角関係は、後の『幸せの始まりは』に引き継がれる。めちゃくちゃいい映画。
テレビ華やかなりし頃のドラマ。舞台といいやってることといいファッションといい、ばっちりトレンディドラマっぽい(笑)キャストに書いてないけどジャック・ニコルソンがちょっと出てます。さすがの存在感。

テレビが花形産業だった(今だってそうなんでしょうけど、インターネットがない頃のテレビ無双感はやはり今はない)当時はそういう“最前線の裏側を覗き見”的な楽しさもあったんでしょうが、2020年に鑑賞すると「うわーVHS持って走ってるよすげー」となってしまいます。

まぁ尺を4倍くらいに叩き伸ばして、今でもそのまんま日本の連続ドラマに出来そうではあります(笑)いま何が花形産業なのか分かりませんが…
個性的なキャラとプロらしさ。大人がカッコよく仕事する姿にめっちゃ憧れた!
また観たいなあ

このレビューはネタバレを含みます

主はラブロマンスなんですよね?報道局を舞台に、素直になれないホリー・ハンターと、少し大人なウィリアム・ハートの結ばれそうで結ばれない2人の関係性が、実におしゃれに描かれてます。