愛についてのキンゼイ・レポートの作品情報・感想・評価

「愛についてのキンゼイ・レポート」に投稿された感想・評価

ひろ

ひろの感想・評価

3.8
リーアムニーソンが尊い。泣いた。救われた人がいる、それが重要、それにしてもなんで人は理由を求めたがるのか。(*´Д`*)見るたびに違う感想が出そうな作品。
Haruki

Harukiの感想・評価

4.3
そこまで目立たないが、やっぱりさすがなローラ・リニー
チャーミングで情熱的で献身的な女性を演じている

異端児扱いされるが、性的な抑圧や偏見から人々を解放したいという純粋な気持ちに突き動かされている

この調査を通して、人の気持ち・愛というものを見つめ直していくキンゼイの姿が感動的

同性愛など性についての偏見がなお消えない現代でも通用する物語

ラストのリン・レッドグレイヴがいい
てぃだ

てぃだの感想・評価

4.4
「さぁ、みんなでSEXについての話をしよう」。これはとっても面白い。最近なぜかアクション俳優と化してるニーソンはやっぱこういう系が一番似合う。とにかく夫婦の初体験の場面がもうおかしすぎてwwただ、「あの巨体のニーソンに上から乗っかられてLリニーつぶれなかったかな?大丈夫だったのか」なんて余計な心配しちゃったりしてw
愛については無知だって言ってるのに、タイトルが愛についてのキンゼイレポートっていうのは…
愛についてではないな〜
ほのか

ほのかの感想・評価

3.2
内容が濃すぎて、途中でやめちゃった(笑)
昔と今の性に対する向き合い方の違いは楽しめる。
素晴らしい。周りがなんと言おうが、自分が思った通り‥言葉で言うは易しで1人でやり通すのはそうそう簡単なことじゃない。そんな時、目の前、もしくは手助けしてくれる誰かが、きっといる。
空衣

空衣の感想・評価

4.0
誰かがやらなければならない研究だった。
自分や家族すら実験台にする覚悟、泣ける。散々批判されて、それでも救われたと言ってくれる人がいるのって、もう、泣ける。
板

板の感想・評価

2.5
こんな人がいたとは、知らなかったです。未だに性に関することは、秘め事ですね。
まだ鑑賞はしてません

※※監督さんは、ドリームガールズや、日本では2017年4月21日 公開予定の美女と野獣(出演:エマ・ワトソン)の
ビル・コンドン監督です。
まるこ

まるこの感想・評価

1.4
こういう研究の歴史があって今があるんだろうけど、気持ち悪い
誰かがやらなきゃなんだろうけどねー
映画にしなきゃダメですか?
>|