愛についてのキンゼイ・レポートの作品情報・感想・評価

『愛についてのキンゼイ・レポート』に投稿された感想・評価

おおき

おおきの感想・評価

4.4

愛についてを考えることができる作品だった。
人それぞれ性的志向はさまざまなんだ、ってことを科学的に研究した男の話。
人間の最もパーソナルな部分を映画にしているからこそ、この映画は多くの人にささるので…

>>続きを読む
のんchan

のんchanの感想・評価

4.1

性科学(初耳かも知れない)の父と言われるアメリカ人のアルフレッド・キンゼイ博士(昆虫学者でもある)の半生を描いた伝記ドラマ❗️
タイトルのように『キンゼイ報告』は2つのレポートから成っていて、194…

>>続きを読む

ピーター・サースガードの三白眼がエロいと思うんです。

ローラ・リネイは大好きな女優さんの1人なので、ドギツい内容だったらショックかもと思ってたら、マトモ〜なドラマでした。

ちんとかまんとかの話は…

>>続きを読む

性に関して保守的な時代に、赤裸々なほどの性に対するデータを集めたキンゼイレポートを出版したキンゼイ博士の伝記映画。

露骨なほどの性交場面や言葉を、これでもかという位前面に出した事をまずは評価したい…

>>続きを読む
o

oの感想・評価

3.1

ヒトの性行動を研究して1948年にいわゆるキンゼイ報告を発表した科学者、アルフレッド・キンゼイの半生の話。

キンゼイは、性についての道徳には根拠が無いと考えて研究によって道徳を変えられると信じるけ…

>>続きを読む
lemmon

lemmonの感想・評価

4.1

性科学(そんなジャンルあったのか)の父キンゼイ博士の半生。


よくよく考えると自分の性教育って受けたとすると、映画な気がする😅。だって学校でそんなのなかったし、親なんてとんでもない。


「性」に…

>>続きを読む
tulpen

tulpenの感想・評価

4.0
リーアム・ニーソンはキンゼイ先生がよく似合うなぁ〜。

この映画を観てからは
ピーター・サースガードを見るとソワソワしてしまうw


今はもうない静岡ミラノ2にて。
2005.8/31 (46) 通算834
ユ

ユの感想・評価

-
高校の英表の先生が見せてくれた
みんなは性描写が生々しくて見てなかった
割と深くて真面目な話をしていたのに

生物学的にヒトの性について考えると、性の悩みがそれぞれ違うのが興味深い。

秘め事のイメージが根深い日本人。積極的語ってこなかった歪みが昨今の差別や偏見問題に繋がってるとしたら、教育そのものを疑う必…

>>続きを読む

キンゼイ報告、早くて1948年に発売されたらしく、そりゃあ当時にしてはとんでもない本が出版された!ってなるだろうな。それを書いたのが、あんな頑固な人なのも面白い。

性についてのテーマなので、当然な…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事