呪怨 パンデミックの作品情報・感想・評価・動画配信

「呪怨 パンデミック」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

あんまり面白くなかったけど最後そういうことねってなった自分は
宇野ちゃんの亡くなる場所が遺族になんて説明していいのやら…恥ずかしい高校生なのに
ハリウッド版呪怨第二作目。オリジナルのオマージュは前作よりは少ないが、完成度はそれなりである。伽耶子のイタコ設定はちょっと微妙だが、街中の電話ボックスで白昼堂々と呪い殺すのは衝撃的だった。
saw13

saw13の感想・評価

-
「呪怨」meets「リング」といった趣。小中理論に則ったJホラー表現を改めてやりたかったのかな、という印象を受けた。
との

とのの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

リメイクではなくオリジナル作品だが、ちゃんと清水崇が監督をしているだけあり、思ったより悪くなかったと思う。ただ、海外受けを狙ったのか知らないけど、イタコ設定は余計。伽椰子は完成されたキャラなので、余計な肉付けは不要だったと思う。リングシリーズじゃないんだから。。。あと、伽椰子ママはよく英語しゃべれましたね、すごい笑
ゴッチ

ゴッチの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

伽耶子の過去が、悪霊食わされてたって言う設定は好きやな。
いない、いない、バァってやってる爺さんが一番不気味やった
S

Sの感想・評価

2.5
日本のホラーと思わず、海外のホラーだと思えばはじめの方普通にいいかんじに怖かったのに中盤から、あれ?ってなっていった。
伽耶子はあのキチガイ感がよかったのに、海外ウケ狙ってイタコ設定にしちゃったのがなぁ....
でも最近の伽耶子貞子みたいなほど適当じゃないので暇つぶしにはなると思います。
p6d4

p6d4の感想・評価

4.0
【過去鑑賞】
赤い空間で写真現像液から顔だしてるシーン、あのカットだけ恐怖画像として昔ネットで有名だった気がする。
ただの主婦の亡霊なのに生前からちょっとサイコパスだったから怨念めちゃくちゃ強いっていうのが怖かったのに、海外版は誕生秘話として新たに設定加わっててすこし残念。まあこれはこれであり
praline

pralineの感想・評価

2.0
邦画版でも思うけど、伽耶子はやべー奴だったよね…(ストーカーまがいとか)。

で、その根底にある理由が…ってところが明かされるわけだけど、リメイク(もはやリブート?)サイドから「なんか理由づけほしい!」って言われて、日本版ではボツになってたお母さんの話を持ち出したから清水監督も納得いってない…みたいな話を読んだんだけど、マジですか。
うーん、つらいなぁ。

テリーサ・パーマーが可愛かったところが見どころ。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
住宅街の一角にひっそりと建つ幽霊屋敷として有名な”ある家”。
その家に足を踏み入れた者たちは次々と謎の死や失踪を遂げていた。
そこではかつて伽椰子という女性が夫に凄殺され、当時6歳だった伽椰子の息子、俊雄も行方不明のままとなっていた。
そして今、またもや東京のインターナショナル・スクールに通うアリソンやヴァネッサやミユキの面白半分の悪ふざけが、その家に宿った恐ろしい怨念を呼び覚ましてしまう・・・。
東京で姉のカレンが、事件に巻き込まれて入院したことを知ったオーブリーは、日本に飛びカレンに面会するが、カレンは錯乱していた。香港からやって来た記者のイーソンは、カレンが火を放った屋敷からカレンを助け出した。イーソンは、有名な幽霊屋敷の周りで起きた変死事件を調べていた。イーソンとオーブリーは、怪異を目撃する。
一方、アリソンが戻ったシカゴのアパートの住人が、異常な行動を取るようになっていく。ヴァネッサとミユキは、行方不明になっていた。
その底なしの怨念と憎悪はやがて、世界へととめどなく広がり始めてしまう。
それは、取り返しのつかない人類破滅への第一歩だった。
ハリウッド版「呪怨」シリーズ第2作。
幽霊屋敷に踏み込んだ者は、伽倻子と俊雄の呪いに取り憑かれて、常軌を逸してしまい、呪いに飲み込まれていくというシリーズのパターンを、無理にハリウッド式にせず描いているところが、清水崇監督らしい。
だが、せっかく伽倻子の母の過去に踏み込むなら、伽倻子の呪いの根源も描いて欲しかったのが惜しいところ。
海外にまで広がる伽倻子と俊雄の呪怨の恐ろしさが楽しめるハリウッド版「呪怨」シリーズ第2作。

このレビューはネタバレを含みます

伽倻子、海を越えて世界へはばたくー…
みたいなキャッチコピーついてそうな内容だった。

家が燃えて伽倻子はあの家の呪縛から解き放たれた…ということだよね?
家に入ってもいない人たちまで呪い殺すってどんだけだよ〜ご近所迷惑過ぎる。
リバース牛乳ごくごく女子、地味に一番ヤバめな病み方してて怖かった。

背後から隙間から至るところから伽倻子と敏雄くんが顔覗かせてるの自己主張が強過ぎて怖いんだけど笑ってしまった。
写真現像液から顔半分出してこっち見てるのとフードの奥でパチパチって瞬きしてるのはちょっと可愛くて好きw

伽倻子の幼少期初めて知ったけど、ただの控えめストーカー予備軍だった普通の女性の方が不気味でいいのに!
あと伽倻子母が英語堪能なの違和感しかなかった。
>|