ALWAYS 三丁目の夕日’64の作品情報・感想・評価・動画配信

ALWAYS 三丁目の夕日’642012年製作の映画)

上映日:2012年01月21日

製作国:

上映時間:144分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」に投稿された感想・評価

CarlosBean

CarlosBeanの感想・評価

3.8
茶川さんやばいなあ笑面白かったけど

エンディング
グッドラック最高‼︎ライブで聴ききたいいい!!
MasatoSato

MasatoSatoの感想・評価

4.1
堤真一の殺すぞがすごい好き。殺すの言葉でこんなに愛情を感じるのはすごいと思った。一平君のお父さんマンガはもっとおっとりしてるのにね笑
サングラスをかけた森山未來さんが手塚治虫作品の登場人物っぽくて良い
m

mの感想・評価

4.0
2020年東京オリンピックやるはずだった年に1964年東京オリンピックが舞台の映画見てるのエモエモ
coco

cocoの感想・評価

3.0
懐かしい。
昔はよく金曜ロードショーでやってた気がする。
最近やらないよね
ちょっとコテコテなところがあり
出来上がり過ぎてたというか
まとめてきたなって感じがありつつも
役者さんがみんな上手で背景も出来上がってるので満足いく良作。
六ちゃんが本当に可愛い
masato

masatoの感想・評価

4.0
シリーズ第3弾
今回は東京オリンピックの頃の昭和の日本が舞台。
六ちゃんが遂に結婚へ。そして茶川さん家には待望の赤ちゃんが。
締めくくりにふさわしい古き良き昭和の時代のヒューマンドラマに仕上がりおります。
abcman

abcmanの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

本当に好き!最高!

茶川さんのお父さんが実は小説買ってたところ
万年筆届けに行くところ

が個人的に大好き

血縁とか超えた親子愛に感動
表には見えない親子愛に感動
FILM

FILMの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

幸せとはなんだろう。

心の幸せ
人への奉仕が心の幸せに繋がる。

「一緒に居たい人がいる」
って幸せなことだなあ。

誰かを思ってそうするっていうシーンが多くて、 人を想って行動するのって素敵だな、温かいなと思った。
茶川さんのお父さんの所は特に感動した。

ALWAYS 3丁目の夕日シリーズ、三作品全て観て、家族っていいな、人と人が関わり合って何かが生まれる。家族と居たくなる。この作品は登場人物一人一人が温かくてほっこりして心が洗われる。素晴らしい作品を見ることができたって思う。

便利なものや便利な社会、
便利さは想像力を奪うこともある。
ということを茶川さんから学んだ。

最後の結婚式お米を投げるみんながかわいかった。

この作品の毎回流れる音楽がすごく好き。
胸がいっぱいになる。

三部作で今作が一番好きかな。
やはり前作から間を空けず立て続けに観てしまった。
今作は茶川家、鈴木家のエピソードが一区切りという感じ。
要所要所にオリンピック等のその当時流行したものが散りばめられていたが、少し無理矢理感があった気がする。

昔自分が父親にされたのと同じように茶川は淳之介を冷たく突き放したが、違いはその胸の内を理解している淳之介と理解していなかった茶川。
血は繋がってなくとも心は解り合えるという事でしょうか。

今作もやはり音楽の効果的な流し方が素晴らしい。映像と音楽のリンクはやはり重要ですね。

3部作通して、ピエール瀧が氷を売ってる1部からアイスクリームを売る続編。そして最終作では自動販売機の管理と時代の流れを象徴するのに一役買っていた。地味だけど。
>|