ALWAYS 三丁目の夕日’64の作品情報・感想・評価・動画配信

ALWAYS 三丁目の夕日’642012年製作の映画)

上映日:2012年01月21日

製作国:

上映時間:144分

ジャンル:

3.7

あらすじ

『ALWAYS 三丁目の夕日’64』に投稿された感想・評価

前二作品の集大成。
東京オリンピック開催の年の話。
今までの作品を観ているから、
さらに本作は泣けます!

もっと観たい!

このレビューはネタバレを含みます

時が経ち子供は成長する。
そして大人もまた成長する。
互いが関わり合って経験する事で
人は成長を続けて
いつかはそれぞれの形の
幸せを掴むんだろうなぁと
感じた。

オリンピックの時にブルーインパルスが
上空を飛行しているのを見て、
戦争が終わり東京が復興し
栄えていくのを実感するシーンが
今自分達が生きている日常に至るまで
歴史は忘れてはいけないと
改めて感じることが出来た。
5年経って、大人はあまり変わらないが、少年2人は成長した。

いろいろエピソードはあったが、メインは疑惑の医師と淳之介の決意。

文学が淳之介を冷たく突き放すところは、自分と父親のことを重ね合わせているのだろうが、言葉で気持ちを確認し合って、表面上は追い出した形にしているところは違うのだよと言いたいのだろうが、なんか素直じゃないね。
Tetsuya

Tetsuyaの感想・評価

4.2
山崎貴監督って、ユーザー目線がよくわかってる人だなとつくづく思う。
三作通して見直して改めてそう感じました。
一作目は日本アカデミー賞13部門中12部門とった作品。
リドリー・スコット監督が、自分が成功した要因は広告業界にいたせいか、ユーザー目線を意識して作品を作ったからだっていうコメントを思い出しました。

通して観たらこの3作目が1番好きかもです。

話は逸れるが山崎貴監督「ハケンアニメ!」観て号泣だったらしい。
なんとなくわかる気がする。
ソラ

ソラの感想・評価

5.0
「幸せってなんなんでしょうなぁ」

時代を超えても、どれだけ便利になろうと
人生の命題は変わらない。

かわいがり、甘やかす事だけが愛ではない。

相手の本当の意味での幸せを考え
時には厳しく当たらないといけない
それが愛。

手放したくないかわいい子供
それでもその子の幸せを考えて手放す事
それも愛。

自分の寂しさを埋めるよりも他人を優先する事
それが愛。

「殺すぞ」
「捕まってもかまいやしない」
「こいつを幸せにしなかったら殺すぞ」

鈴木オートが本気で言ってる感じカッコ良過ぎたな。

真っ直ぐ過ぎる人達から
真っ直ぐ過ぎる生き方を教わりました。
シリーズ3作目。
昭和39年、高度経済成長と東京オリンピック開催に沸く東京下町の話。

昭和39年、西暦1964年前後のいざなぎ景気の頃の日本。
東京オリンピック開催に東海道新幹線の開業、三種の神器と呼ばれるカラーテレビなど当時の空気感をそのままに味わえました。
皆がテレビに集まって、日の丸片手にオリンピックに盛り上がって、この頃の日本はとても希望に満ちていてそれだけで胸が熱くなります。
淳之介や一平もすっかり大きくなって、ムッちゃんの巣立ちエピソードも感動しました。

茶川が父親そっくりなところも良かった。
今は円安とか値上げとかいろいろあるけど、この頃の日本に負けないような人情と希望溢れる日本がまた見れるようにサラリーマン頑張る👨‍💼
Ingrid

Ingridの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

この時はまだ堀北真希ちゃん出てたんだよねぇ。3では1のときの田舎ぽさがなくなってだいぶ大人になって結婚でそれもまたなんか寂しかった、、この作品は原作は詳しくはないんだけど、吉岡秀隆と堤真一の関係がいいよね。吉岡秀隆は相変わらずいつも同じ演技なんだけどw このころからブルーインパルスってあったんだってびっくりした!
シリーズの中で1番好き
この時代に生まれてた人には刺さりそう
正行

正行の感想・評価

3.5
密かに人気作家になった淳之介と六ちゃんの結婚のお話。
アカデミー賞を総ナメにした(小雪さんだけ残念)一作目ほどの感動は無く。
成笑

成笑の感想・評価

2.5
今作も親と子の葛藤や応援を描いていていた。
私は同じ経験をしたわけじゃないのに、共感点がいたる所に散りばめられていて、苦しくも嬉しい記憶が蘇ってきた。

2022/10/11
>|

あなたにおすすめの記事