NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIEの作品情報・感想・評価

「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」に投稿された感想・評価

いも

いもの感想・評価

2.5
つっこんだら負けだと思うのであえていろいろ突っ込みません
ゴリのケムマキの存在感はよい
AKI

AKIの感想・評価

-
草彅剛さんが甲賀忍者サラリーマン役で出演されていた。
これは『僕と彼女と彼女の生きる道』の小柳徹朗だな~。そういえば、浅野和之さんと東幹久さんと大杉漣さんも出演されていたな~。
《“とある”芸能事務所に思いを寄せて》Vol.17

ニンッ!ニンッ!
『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』。

16年前。当時、結構話題になってた。

結局今回初めて観たけど、近年のアニメの実写化の走りみたいな作品、かな、、、。

原作は藤子不二雄A先生。1964年〜。
つまり、連載から50年の時を経て実写化。
Wikiったら、ハットリくんはA先生の作品の中で1番のお気に入り、らしい。

この作品、当時もいわゆる“コケて”しまった作品。Filmarksの評点も高くない。
なんだけど、観てみたらそんなに言うほど悪くないんじゃないか、な〜。

そもそもこれを実写化すること自体が狂気の沙汰なわけで。それを形にしたわけで。

原作もストーリー性重視というより、ギャグと忍術紹介要素も多々あった、、、気がする。

本作も前半の香取慎吾が「ニンニン!」とか言って、すっとぼけた表情に危うく脱落しかけるけど、元々のアニメの調子を思えば、それもそれ。

そして、後半のケン一氏を守るための“掟破り”。
これがそこそこずしっと来る。それなりに忍びの心得の重みを作ってる、、、すっとぼけた顔で。

そして、何なの、このキャストの濃さ。

香取慎吾、ゴリ、宇梶剛士、東幹久、戸田恵子、浅野和之、伊東四郎、升毅、田中玲奈、乙葉、大杉漣、西村雅彦、ツヨポンもいた、、、『HERO』と同じ監督だから、田中要次、、、も。

そして、なに、このケン一氏、知念くん、なの?え?、、、えー!!

と、ハットリくんのぶっ飛んだ実写化に対応すべく敷いた特殊豪華キャストシフト。

ぶっちゃけそれでも足りてないけど、少しでもハットリくんを「葉を隠すなら森の中」的な、全体的にぶっ飛び偏差値を上げて、少しでも浮かないように頑張ってることが伺える。

親子で一緒に観る、と言う意味でも悪くないんじゃないかな、と。

ハットリくんは伊賀もの。そして、伊賀ものも数が減り、存続の危機。
一方、甲賀ものは、忍びを捨てて、大都会の生活に紛れており、数もいる、と。

そんな、伊賀と甲賀の忍びが拮抗する話とかあったんだな。

どうしたって見た目に持っていかれるけど、110分ぐらいで、忍び同士のいざこざ、謎の殺人事件、ケン一氏の成長、盲目のお姉さんとの出会い、と実は話題がてんこ盛り。

これらをなんやかんやと、おふざけあり、ドラマあり、途中多少のパワープレイあり、ほろっとくる絆あり。

騒がしく、基本は勢いで走る中でもそれなりに中身もあった、という意外性で、案外言うほど悪くないかもしれない。
なみえ

なみえの感想・評価

2.5
小さい頃にお父さんに映画館に連れていかれて実写デビルマンをみて途中で出た後に見ました。そのせいなのか面白く感じました。
EmiDebu

EmiDebuの感想・評価

1.0
[シアターからの移行]

シアターでこの映画の最初のレビューをかけることを誇りに思ったりは特にしないけど、そんなに観てる人少ないかな。
なんか週末の映画の番組でやってて、録画して、観たんだけど、まぁ確かにつまらないし、実写化しようとした意味もよくわからない。
でも一つだけすごく大きな思い出をこの映画は残してくれて、ゴリが仕掛けた落とし穴に香取慎吾が落ちるシーンがあって、その時の香取慎吾の「フォゥッ!!」っていう叫び声に当時ツボって、もう笑い転げたものよ。落ちる時に「フォゥッ!!」ってなんだよ、、、。
それがあまりにもツボって、我が家ではオレオレ詐欺の対策というか本人確認のために合言葉を決めることになってそれがこの「フォゥッ!!」になった。まぁ、結局使うことはなかったけどね。
今でも「フォゥッ!!」のことはよく覚えてる。「フォゥッ!!」のためだけにもう一回悩むほどだ。
SNL

SNLの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

2007年に書いたブログのコピーです。

NIN×NIN 忍者ハットリくん これ映画かよ

オープニングはそこそこかっこいい、、かも。けど、これくらいのかっこよさなら、戦隊ヒーロー物(**レンジャー)も、第一話は力を入れているからこれくらい完成度高いもんだよ。

NIN × NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE プレミアム・エディション NIN × NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE プレミアム・エディション
(2005/02/02)
香取慎吾、田中麗奈 他

商品詳細を見る


ハットリくんが家の中で壁を歩いたりするシーン。これも、ドリフではおなじみだし(ふるい)、まったく新鮮味がない。

何より、子供の使い方や、子供や、ヒロイン(目の見えない役の田中麗奈)の、欠点克服物語的な話の流れがきにくわん。あまりに、単純明快すぎる。

オープニング以外の戦闘シーンが、レベル低!!!

HAPPY COLAはいったいどこいっちゃったんだ!あれだけしつこくやっておいて、まったく話に絡まないとは!!!

これ、1時間で、TVでやってくれればよかったのにねぇ。レンジャーだったら30分でまとめるのに。

非常に、がっかりした映画でした。
ウケ狙いも大概にと言わんばかりのセリフ。ハットリくんの再現度はもう少しあげれたと思う。
小さい頃に観ました。ゴリと香取くんが出ていた事しかあまり覚えていませんが、そこまで悪い作品でもないです。
お母さんと観に行った
わたしの住む地方政令指定都市ではシネコン以外の映画館が無くなって行くのが悲しい。
観た劇場も今ない。
子供の頃に入る映画館ってすごく印象深い建物ですよね。
にんにん
あでぃ

あでぃの感想・評価

2.8
初めて劇場に観にいった映画やとおもう笑
おばあちゃん同伴わず
>|