もうひとりの息子の作品情報・感想・評価・動画配信

『もうひとりの息子』に投稿された感想・評価

dandadadan

dandadadanの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます


あまりに問題が重すぎる。
この先は結局どうなっていくのか。
YAJ

YAJの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

【IDNENTITY】

 先日読んだ『ガザとは何か』(岡真理著)の巻末参考資料として紹介されていた。少し古い作品で、パレスチナ問題で衝撃を受けた『オマールの壁』(2013)の前年の作品。

 兵役…

>>続きを読む
SANKOU

SANKOUの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

物語はイスラエルの大都会テルアビブに住むフランス系ユダヤ人の家庭で、ある驚愕な事実が発覚することで幕をあける。
ヨセフが18歳になり兵役検査を受けたところ、血液型から彼は父アロン、母オリットの子供で…

>>続きを読む
イスラエル人とパレスチナ人の子ども取り違え話。

今はもうこんな映画は成り立たないのではと思うと悲しい。
とてつもなく根深いところに焦点をあてた作品ではあるが、奥までは踏み込まずに表面的なところで映画が終わったなという感想。
家族の心情、葛藤、距離感はとてもうまく表していると思います。
moka

mokaの感想・評価

-

フランス/ヒューマンドラマ

短い時間ながらも、絶望・葛藤・苦悩がしっかりと描かれている良作。

問題に直面した時の母親の柔軟性、背景や世間体から簡単には受け止められない父親と兄、すぐに手を取り合う…

>>続きを読む

18年前、混乱の中入れ違えられた新生児。
かたやユダヤ教のイスラエル人。かたやアラブ教のパレスチナ人。
高く長く続く壁に隔てられた、対峙する2つの地区で育てられた2人の息子たちアイデンティティを問う…

>>続きを読む
kenken

kenkenの感想・評価

4.0

最初は絶望感。
そこから母が2人、父が2人、、、そして兄妹が増えて私が望んだような終わり方だった☺️

でも、、今のこの地ではこんな映画は作れない、、、
イスラエルとパレスチナ、社会は振り出しに戻っ…

>>続きを読む

「乳児の取り違えが18年後に発覚、二つの家族はどうするのか?」粗すじはとても簡単なのに、この家族の背景は何千ページも要するほど超ややこしい。

なにしろ、イスラエル人とパレスチナ人なのだ。紀元前まで…

>>続きを読む

人類が抱えるとても重い問題を、分かりやすく鮮やかに見せており、

それぞれの受け止め方、見え方、そして難しい説明もなく、時には軽快に家族という最も小さな社会構成から、2つの国を見せてみせる。

素晴…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事