エニグマの作品情報・感想・評価

「エニグマ」に投稿された感想・評価

無

無の感想・評価

3.3
第二次世界大戦中のドイツ軍が用いた暗号「エニグマ」を解読するチームに所属する天才数学者ジェリコの恋人だったクレアが失踪した事から彼女の同僚であるへスターと協力し彼女が消えた理由を解き明かそうとする謎解きサスペンス。

ニコライ・コスター=ワルドー祭りも今回はとりあえずラスト!
全半はテンポは悪いしラブストーリーなのかミステリーなんだか判別不能な内容で話に入り込めなかったが後半暗号の解読が進むにつれて緊迫した展開になり段々面白くなるが、鍵になるドイツやソ連で起こった出来事に詳しい人でないとああ、あの事件の事か!とピンとこないと思うのでライトな鑑賞者は話が見えずに置いてけぼりをくらいそうだ。
ヒロインのケイト・ウィンスレットがジャケ写とは違い丸眼鏡に地味な服装でいつまでも冴えないし、戦時中でろくな食糧も無さそうな時代なのにやたらとダイナマイトボディーなのが気になってしょうがない。
昔「タイタニック」を観てディカプリオよりよほど強そうだと感じた時の記憶を思い出す笑
犯人らしき怪しい人物が日本のドラマ並みに大分早い段階からバレバレなのも、もうちょっと工夫してほしかった。
ジェレミー・ノーサムがまるで80年前からタイムスリップしてきたような昔の俳優にしか見えない立ち振る舞いとビジュアルの完璧さは群を抜いてたし、今回も神経質で小心者な小男を演じるトム・ホランダーの演技が光っていて良い!
しるば

しるばの感想・評価

4.1
暗号機を解読してあの子を探すマン。見たかったやつ。今またUボート系の映画を見返したら面白そう。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.6
第二次大戦中の、ドイツ軍の解読不能と言われていた暗号機エニグマの改良版「シャーク」のコードを破った男が、再びコードの鍵を変えられ解読不能に陥ったシャークの解読に取り組みつつ、疾走した恋人の謎をその同僚と追う。

すごく上品な秀作という感じ。ただし劇中の説明をしっかり理解していきながら集中して観てないと、何がどうなってるのか展開が分からなくなったりする。笑 はらはらするエニグマ解読劇とスパイ疑惑・騒動と共に、ジェリコの気持ちの決着もなかなか感じ良い展開で楽しめた。

ダグレイ・スコット、銀幕で観たのMI:2以来だった。相変わらず無表情だし特に好きな俳優でもないが、地味で変人で執念深くて天才肌っぽい主人公の数学者ジェリコ役には大変良く似合ってた(誉めてます、キャスティングを)。女性陣が最高に可愛かった!サフロン・バロウズ、他の映画で観た時は特にピンと来るような魅力ある女性には見えなかったのに、ここでの彼女はもう可愛い可愛い!こりゃジェリコでなくても惹かれる!そして彼女と対照的な、しかし違った魅力を持つケイトも、綺麗・可愛いだけのタイタニックの時と違った素敵な女性を演じてた。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
2014/11/3鑑賞(鑑賞メーターより転載)
ナチスの強力な暗号機「エニグマ」の解読をテーマとしているがそれに伴う戦闘や軍事技術的描写は非常に少なく、主体は主人公の元から突然姿を消した美女クレアが持つ秘密を解き明かすもの。タイトルは暗号機そのものよりも彼女の謎(=enigma)を表しているとも言える。誰が味方かも判らない状況(正直ケイト・ウィンスレットすら怪しいと思ったw)の中でクレアの真の姿が徐々に見えてくる過程が非常にサスペンスフルで、一般的な評価が高くないのが信じ難い。まあ、トム・クランシー的な展開を期待すると肩すかしなのは確かだが...
がい

がいの感想・評価

3.0
今作のニコライさん 髪は短め後ろは刈ってます ハリウッド進出第1作目
暗号解読する仲間の役
出番少ないな〜と肩を落としていると後半その肩は上がります
主役の俳優さんどっかで見たなと思ったら「MI2」の悪役の人。しかも今作役名「トム」なにこのつながり映画
タイタニックローズも飾らない女性を演じていて好印象
しかしやはりニコライさんはやや長めの髪がよく似合う
temmacho

temmachoの感想・評価

3.5
エニグマとは、ナチスドイツが使っていた暗号機。
オークションで手に入れたとかで映画を作っちゃったのが、ローリングストーンズのミックジャガー。
ちゃっかりカメオ出演しております。

カンバーバッチの【イミテーションゲーム】はノンフィクションですが、こちらはそれをモチーフとしたフィクション。
戦争・恋愛・サスペンスと盛りだくさんでした。
sala

salaの感想・評価

4.7
10年以上前にDVDで観たきりだったので、レンタルしようと思ったらいつも行くTSUTAYAは取扱い無し(TT)

舞台は戦時下のイギリスで、"エニグマ"はイギリスの暗号解読機の名前

ダグレイ・スコットがエニグマの暗号解読に関わる繊細な数学者の役を演じていて、とてもよいです

彼の前にふいに現れた魅惑的な女性と、彼女の残した謎を解き明かしていく展開、相棒はケイト・ウィンスレット

結局ケイトと結婚して家庭を持つのだけど、ダグレイが最後に見せるあの表情がまたすばらしい
う

うの感想・評価

-
何年も前にテレビで見ました。もちろん内容を覚えてないので、機会があればもう一度見てみようと思います。
この映画のレビュー書いてる人少なすぎひん?笑
頭脳戦。私は割と好きな話だった。
地味な話だけれど、サスペンスタッチで悪くはない。
ケイト・ウィンスレットに尽きる。
>|