ロング・エンゲージメントの作品情報・感想・評価・動画配信

「ロング・エンゲージメント」に投稿された感想・評価

ni

niの感想・評価

3.4
登場シーンは少ないけど、ジョディフォスターとマリオンコティヤールの存在感が大きかった

こういう話好きなんだけど、これはあまりハマらなかったかな…
とても好きな感じだった
インテリアが可愛い
伯父さん夫婦も好き

誰が誰かわからぬまま物語が終わるのは戦争映画あるあるだと思ってる
いまだ愛すべき『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ×オドレイ・トトゥによる『戦場のアメリ』とでも言いたくなる作品。オドレイが戦場に行くわけじゃないけどそんな感じ。オドレイはじめアメリ組の個性的俳優陣+マリオン・コティアールにジョディ・フォスターという豪華キャスト。情報量の多いパズルみたいなストーリー+覚えにくいフランス名で3回目なのにちょっと混乱。けどアメリ同様ユーモラスで情報量の多い独特の語り口はやっぱり唯一無比。戦場に行くのは男達。残された強い女達は強い愛の受け皿男達の不在に苦しむ。そんな女達の悲しみをえぐったジュネ版戦争映画。大傑作『この世界の片隅に』がよぎったりもする女達の哀しみと微笑み。哀しみのどん底でなんと微笑むオドレイ。にまた泣く。深く物静かな愛情を滲み出させる女優さん俺的No. 1。
ある

あるの感想・評価

4.0
ジャンピエールジュネ監督が戦争を背景に描く愛の物語!監督好きなのにずっと観てなかった💦

第一次大戦に出征した婚約者マネクの帰りを待つ主人公マチルドのもとに、彼の戦死の知らせが届く。が、マチルドはどうしても彼が死んだとは思えず、情報を集めながら探しまくるうちに、マネクが歩んだ壮絶な足跡に辿り着く...みたいなお話😌

マチルド役はアメリで有名なオドレイトトゥ。婚約者が生きてることを信じて、決して諦めない姿がすごく良かったです!他の面々も魅力的でした。ジュネ監督作品でお馴染み、クシャおじさんみたいな顔したドミニクピノン😂や、マリオンコティヤールなど。ジョディフォスターが出てきたときは、ぶったまげました😱ほんとビックリした!

そしてジュネ監督と言えば、幻想的な映像ですが、今作も素晴らしかったです。色彩も美しく、どのシーンも絵画のようでした✨それに対して、戦争シーンのドス黒いこと。わざと対照的に撮ったんだろうなぁ。戦争マジであかん。No War😣

ストーリーも謎解きのようでワクワクしたし、調和の取れた、とても良い作品でした👏
とにかくひたすらに話が分かりづらい

たぶんもっとうまく編集すれば全然わかりやすく作れるはずなのに、時代やシーンがあっちに行ったりこっちに行ったり

馴染みのない名前も多く出て来て、キャラも混同しやすい

よっぽど難解な話かと思ったけど、最後まで見たらなんだそんなオチかよ、なのになぜこんなにわかりにくく作るんだと

ジャン・ピエール・ジュネはアメリが好きだったけど、それ以外は今までみたものに当たりがない
スニフ

スニフの感想・評価

3.4
オドレイ扮するマチルダが戦死したかもしれない行方不明になった婚約者を探す旅に出る
過酷な戦時の中、切られた糸は再び結ばれる

ギャスパー・ウリエル、オドレイはもちろんマリオン・コティヤールが美しく印象深かった
ギャスパーの繊細な笑顔に涙が出てくる
鉋削り→ハンマー→ノコギリ→セックス
この流れで笑ってしまった
先生に紙芝居を読んでもらってる幼稚園生みたいに観ました。夢中です。あまりないことです。満足しました。
【再鑑賞】【あらすぢ】第一次世界大戦に出征した恋人マリク👱🏻‍♂️の訃報を信じられないマチルダ(足が不自由👱🏻‍♀️は戦地で何が起きたのか調べ始める…📽✨🏆受賞歴のわりに不遇な本作(ノ∀`)ww。🎬ジャン=ピエール・ジュネ監督らしい🌈ファンタジックな映像美と、臨場感溢れる戦場のシーンが🪖交錯する🔀クセの強い作風(R15+)

【🇫🇷セザール賞(助演女優賞・新人男優賞・脚本賞・プロダクションデザイン賞・衣装デザイン賞)、リュミエール賞(監督賞)など各賞17部門受賞🏆✨アカデミー賞(脚本賞・アートディレクション賞)、ゴールデングローブ賞(作品賞)、英国アカデミー賞(作品賞)、セザール賞(作品賞・女優賞・監督賞・楽曲賞・編集賞・音響賞など)各賞35部門ノミネート】

🎞予告編には日本語字幕もないのですが雰囲気は伝わるかと思いま✋🏻✨パケ写だけ見るとロマンチックな印象ですが、構成も複雑だしやや長尺だしで一筋縄ではイカない作品。前回観たときは謎解きが理解出来なかったんですよネ💦。市原悦子主演の名作ドラマ『📺岸壁の母(1977)』を思い出しますた

オリジナルのビジュアルはコチラ👇🏻
https://m.imdb.com/title/tt0344510/mediaviewer/rm2147360512/?ref_=tt_ov_i
れい

れいの感想・評価

-
長い婚約、というタイトルが付けられています。戦争で行方不明になった恋人を探してまわる一途な女性を、オドレイ・トトゥさんが演じています。戦場の常識、気をつけなければならないルールが再現されていてリアルです。ソフトな方なのでしょうが、最後の食事を心づくしで用意する先輩兵士、調達の天才と描かれていましたが、ある話しなのでしょうか。悲しみをコミカルに描いて、謎解きの要素もあります。暖かな物語、終映感いいので、おすすめです。よろしくお願いします。^_^🙇‍♀️
>|

あなたにおすすめの記事