ボギー!俺も男だの作品情報・感想・評価・動画配信

「ボギー!俺も男だ」に投稿された感想・評価

冴えない主人公が、離婚をきっかけにハンフリーボガードの真似をして男を磨き、女を口説こうと必死になるコメディ。個人的にウディアレン映画の中ではベスト3に入るかもしれない。『アニーホール』を超える傑作だと思いました。

脚本・主演にウディアレン。お相手はダイアンキートン。初期のウディ映画に常連のダイアンキートンと彼が初めて組んだ作品ですね。

ダイアンキートンはこの頃から演技力が完成されている。。さすがマイケルコルレオーネの伴侶役を務めた名優なだけありますね。(本作は『ゴッドファーザー』前年の映画ですが笑)
なおストーリーは主人公が親友の奥さん(キートン)を寝取って自分のものにするという、非健康的で楽しい話でした。良き。

(本作の)猿のように肉欲を持て余した生粋のダサダサ男も見てて楽しいけど、ウディアレンはやっぱり頭が良くてユーモアがあって、一部の女性からは熱烈にモテる男の役が似合ってる気がする。それがウディ本人を彷彿とさせるからかもしれませんが、なんせインテリ役は無理してる様子が一切ない。自然にインテリを演じられる俳優って貴重だもの。

ウディ映画は色々見てきたけど、やっぱり70年台代の作品が一番好き。画質や音質が悪いと言う人もいるけど、私は好きだなあ。70年代の映画に特有の、カラーに成りたての粗っぽい画質、なんだか実家の台所みたいな安心感があって良い。

「女?そんなもの、バーボンで忘れたさ」
「くだらない”関係”なんて忘れることだな。女は腐るほどいるんだ。お前はただ口笛でも吹いてればいい」
ハンフリーボガード、どうしてこんなカッコいいの笑。

原題の”Play it again, Sam”「もう一度演じてくれよ、サム」はセンスあり過ぎて怖い。不甲斐ない主人公が『カサブランカ』のボガードに「力を貸してくれ!俺のためにもう一度演じてくれ」と願う意味だと思いますが、秀逸過ぎますね。(カサブランカの主人公の名前サムじゃなかった気がしますが、まあそれは気にしないことにしましょう。あと原題がカッコいい分、邦題のダサさが際立っちゃってる気もします。
ラストのウディのキメ顔で不覚にも笑ってしまった。

ー好きなセリフ

Love is such a strange phenomenon, strange and exquisite.「恋は不思議なもの。不思議で素敵」
はい、お待たせ♡
ウディ・アレン脚本・主演作品
「ボギー!俺も男だ」でござる♪

あれ、気付いちゃった??

そう、こないだ見た ボギーさん(ハンフリー・ボガート)主演の名作「カサブランカ」

あれ見た理由が「カサブランカ」のオマージュ作品「ボギー!俺も男だ」を見るためだけだったってことに!!笑笑


モテないキモ男ウディ・アレンさんが映画館で見た「カサブランカ」に触発されてボギーさんばりにハードボイルドでモテモテのイケメン野郎になろうと頑張っちゃう話♡

初期ウディ作品おなじみのチリチリ頭(トニー・ロバーツ)も登場。もちろんアレンの親友役♪
(てか この人親友役以外やったことないんちゃうか?笑笑)

そしてチリチリの嫁さん役がダイアン・キートンね。この共演をきっかけにウディ・アレンと付き合うようになったかどうかは知らんけど、この作品以降 ウディ作品でヒロイン役として起用され続けたのは誰もが知る事実!!
(いや、知らん人の方が多いやろ笑)


で、このチリチリ&嫁が女の子を何人か紹介するんだけど、そこに妄想ボギーさんが実態化して現れてイケメンな仕草やらセリフやらを指南するんよ。
実行しようとするんだけど、まぁあの顔では何をしたところでコントにしか見えないよね~。
もうね、めっちゃ笑えるから!!

あ、でも今作は前作「バナナ」みたいなハチャメチャでカオスな展開は期待しないでね。締めるとこはちゃんと締めてるから。

まだまだ荒削りではあるけど、最近のウディ作品と同じ路線。がっつりコメディと思いきやほっこりもさせてくれるよん♡

タイトル(原題)が またいいでしょ。
「カサブランカ」見たことある人ならニヤって出来ると思うけど、これボギーさんのお店にいるジャズピアニストのサムに とある曲をリクエストする時にイングリッド・バーグマンが言ったセリフね。

これ普通に名曲だし(*´ω`*)
https://youtu.be/d22CiKMPpaY

あかんこのままだと永遠にレビュー書き続けそうだから無理矢理打ち切るわ。

この原題のタイトルも相当意味深だから気にして見ちゃってね♪
あと「カサブランカ」見てからの方が100倍楽しめるからね!!
今すぐ見て!!!
T

Tの感想・評価

-
焦って部屋散らかしたりディックに真面目な話されたときもオルゴール落としちゃってそのあと音止まらなくなったり好きな映画のセリフ丸覚えしてたりマジでナードの真骨頂ムービー
めっちゃ笑った
もち

もちの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに観たんだけどボギー役の俳優さんが絶妙に似てなくてずっとニヤニヤしてしまう。
ウディのアドリブにみんなが笑いを堪えるところとかほんと好き。
あと、ベッドでのウィリー・メイズのくだりめっちゃ笑った。
mopps

moppsの感想・評価

4.6
20年位前にCSでたまたま観賞。 監督作品ではないけどウディアレンを知ることになった作品。


『カサブランカ』を観た流れで鑑賞。
久しぶりにウディ・アレン作品を観ましたがやっぱり好きです。(監督はウディ・アレンじゃないですが)

かなり初期の作品ですが、主人公の独白形式だったりいきなり妄想コントが始まったり様々なパロディが入っていたりと、後の作品の基盤になるような要素が沢山ありました。

当たり前ですがウディ・アレンもダイアン・キートンも若い!やっぱりこの2人のコンビが好きです。

『カサブランカ』の主演ハンフリー・ボガードの霊(?)が付きまとって恋愛指南をしてくる設定。最近だと『ジョジョラビット』もこんな設定でしたね。
ボキーにクサい台詞を言わされながらダイアン・キートンを口説くシーンが特に好きでした笑
セックス依存症の女にフラれるところもいいです笑

ラストシーンはちょっとグッときました。
記録。
「カサブランカ」観たの10年以上前なんであんまり覚えてないんだけど、ウディが好きなんで充分楽しめた。
ダイアン・キートンへのキスの仕方がキモくて笑うw
明日「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」観に行くんで超楽しみ。
QOne

QOneの感想・評価

4.1
バナナに負けじと面白い🤣

こっちの方が好きかも

ウディ・アレンが脚本を書いて

監督は人に任せて主演しているという、変化球な作品だけど

ウディ・アレン印満開のかなり笑えるコメディだと思う。

なんせ主役のウディ・アレンは「カサブランカ」のハンフリー・ボガードにあまりに心酔していて

「カサブランカ」の台詞を暗唱できるほどのめり込んでる!

もうこのキャラ設定だけで笑えるのだけど


まあ、ボガードを真似すれば真似するほど、全くもって似ておらず笑

中身・立ち振る舞い全てにおいて正反対の彼の奮闘ぶりをひたすら眺める。

「カサブランカ」の有名なラストとあの台詞に至るまで

しっかりオマージュしてるっていうかパロってます 笑

その内、心のハンフリー・ボガードが(もちろん別俳優)現れて

いろいろアドバイスするというくだらなさ。

ヒロインのダイアン・キートンも可愛らしいし

ウディと息ピッタリだし

ウディ・アレンの俳優としての面白さを堪能するにはお薦めな作品だと思う。
記録(ウッディ・アレンの自虐ネタ映画♪ ダイアン・キートンともう共演しているなぁo(^o^)o♪)
opi

opiの感想・評価

3.2
今ダイアンキートン縛りで観るやつを始めて三作目に選んだのがこれなんだけど、レビューをざっと眺めた感じ元ネタのカサブランカと主演のウディアレンの作品を何本か観てからの方が楽しめたぽくてちょっと後悔してる(ちなみにファーストワイフクラブ→最高の人生のつくり方→これ)

というのも後半は入り込めたけど前半が何見せられてんだって感じがあったので、、


インテリアがめちゃめちゃ良くてそこにかなり惹かれました わたしだったらグループデートで初対面の相手のインテリアがあれだったらかなりテンションあがるなぁw
>|