ディア・ハンターの作品情報・感想・評価

「ディア・ハンター」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ああクリストファーウォーケン。

長過ぎる結婚式シーン。

そしていきなり戦地ベトナム。勇敢なデニーロと繊細なウォーケン。

打ちのめされて迎えるラストシーン。それでも人生は続く。
義理bot

義理botの感想・評価

3.7
ごめんなさい、やっぱりこれは酔っぱらいついでに観るもんじゃないわ

つい披露宴のシーンが長すぎて死にかけついでにひっかけたけど後悔

観る前のイメージでは戦闘シーン多数!かと思ったら全然そんなこと無くて、精神的なアフターの部分を強く描いてる部分に意外性とメッセージ性を強く感じた

是非、双方の歴史部分をこれから勉強したいと強く思える作品だった
The.世界史
Red

Redの感想・評価

-
この心のざわつきはなんだろう。
苦しい
kio

kioの感想・評価

3.8
ロシアンルーレットのシーンはかなりキツい。若い頃のメリル・ストリープがとても綺麗。「カヴァティーナ」の哀しさが映画に合っていて名曲。
tyapioka

tyapiokaの感想・評価

3.0
記録整理。
sam

samの感想・評価

4.2
何回も見たが、緊迫感は薄れない。
音楽も良い。デニーロもかっこいい。
セリム

セリムの感想・評価

4.4
名作です。
現在の「大量生産大量消費」の映画界では絶対に産まれない作品。
ジョン・カザールと他の出演者の「心」……。
ビジネスなのは重々承知してるんだけど……映画って、本当はこうあるべきなんだよなぁ〜。。。
これまたえげつない😱😱

何回も観れる映画ちゃうなあ

ブチ抜きブッ壊れ命懸けロシアンルーレット✖️✖️✖️✖️✖️
怖すぎて一部飛ばした✖️✖️✖️
戦争によってみんな狂う

恐ろしい
ペイン

ペインの感想・評価

4.3
“カヴァティーナ”

久々に観返したがやっぱりテーマ曲である“カヴァティーナ”の功績がバカでかい作品だなと改めて感じました。

この曲なしではやはりあの切ないラストもここまでの余韻を残す作品にはならなかったなと。

皆様よく指摘されてるように、冒頭の戦場に赴くまでの結婚パーティーシーンなどが終盤に利いてくるとはいえ流石に長すぎるとか、ロシアンルーレットを戦場でならまだしもそれ以外で強制もされていないのにする理由がわからないとか冷静に考えればたしかに突っ込み所が多い作品ではある。

あと個人的には三時間もあるならもうちょっと強烈な戦闘シーンが観たかったなというワガママな願望はありますが

まぁそれでも否が応にも名曲“カヴァティーナ”の素晴らしさや余韻には大感動させられますし、マイケルチミノ監督による戦争で人が変わっていく様を丁寧に捉えて描いた人物描写の手腕には感服します。

戦争映画というよりは人間ドラマですし、本当に淡々と重く暗い話ではありますが人生で一度は観ておくべき作品だと思います。

クリストファー・ウォーケンの一世一代の名演は必見だし、若い頃のメリルストリープはとびきりキュートで美しいし、デニーロはやっぱりデニーロだな流石って感じでございました。
>|