狂った果実の作品情報・感想・評価

「狂った果実」に投稿された感想・評価

実際の裕次郎と慎太郎兄弟の関係を反転させたような映画で、それを思うととてつもなく切ない映画に見えてくる。
裕次郎のようになれない慎太郎は、小説にそのフラストレーションを爆発させた。
慎太郎の裕次郎に対する眼差しは、この映画の弟の兄に対する眼差しとオーバーラップする。
Wu

Wuの感想・評価

3.5
太陽族というのに、それほどの憧れをもたなかったし、そこまでカッコイイとも思えなかった。最後は思い切ったぞ。
食パン

食パンの感想・評価

3.5
モノクロ日本映画でこんな普通に面白いものがあったなんて!普通に、と言ったら語弊があるか…古い映画は見慣れないせいか技巧的な面白さばかり意識してしまって物語を楽しめない場合が多かったが、上手い具合に乗せられて、つい気持ち良く観てしまった。女好きの兄貴、ウブな弟、逗子で出会った女の子、後に三角関係…この構図は『いとこ同志』で観た。ウブな男の好きな人を遊んでるお前が取るんじゃねえ、そうだおれにも覚えがある、あの時の憎しみは酷いもんなあ。そういや主演男優二人とも亡くなっているのか。本当に大昔の映画になっちゃってるけど、現代でも全然ありそうな話で、これが普通に面白いのよ。
KazuPSG

KazuPSGの感想・評価

5.0
ひたすらイケてる映画でした! ラストシーンの終わり方もオリジナルで面白い。裕次郎がやはりカッコイイ。裕次郎は渋いのも良いけど、ワイルド系の方が好きかなー。

クラブで男5人が同時に「どうも」と言って、座り。同時にタバコを加えるシーンは最高にオシャレでした。
津川雅彦としてのデビュー作。
石原裕次郎に命名されて津川雅彦となった作品。
石原裕次郎に劣らない格好良さを持った俳優だと思った。
ご冥福をお祈りいたします。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.8
いやぁ全員の若々しい感がすごいな!若いから出せる危うさがよく出てるし、それにしてもオシャレ。オシャレな素材だけで出来てるわけでもないのに全体を通してオシャレなのが不思議。監督のセンスなんだろうな。それにしても岡田眞澄がなんとまあ洗練されていること!津川雅彦のラストにかけての表情も素晴らしい。なんでこの作品においてスターにのし上がったのが石原裕次郎なのか全く理解できないほど悠次郎に魅力を感じなかった。
Takumi

Takumiの感想・評価

5.0
新人スタッフ、俳優達がたった1ヶ月で仕上げた作品がヌーベルヴァーグに多大な影響を与えていたという事実。ラストのサプライズも当時としてはかなりの衝撃だったのでは。
Yui

Yuiの感想・評価

3.0
この時代を知らないからピンとこないが
結末と、津川雅彦さんのイケメンっぷりにはびっくりした。
ご冥福をお祈り申し上げます。
SIZU

SIZUの感想・評価

3.4
むかしのスタァさんは、みんなとてつもない美男美女だったんね。あの太陽族というスタイルに当時の若者が憧れたのもわかります。
陰影のある映像も音楽もかっこいい。ただ、俳優さんたちがみんな早口で聞き取りっらかった。
Iri17

Iri17の感想・評価

3.7
ヌーヴェルヴァーグに強い影響を与えた作品。確かにトリュフォーの『突然炎のごとく』に似た話。原作は東京都知事として悪政を行った石原慎太郎。

端的に言うと童貞を怒らせると恐いぞ!っていう話なのだが、嫉妬を煽り、弟の狂気を開花させてしまった石原裕次郎と狂気に犯されてしまった津川雅彦が示すのは人間の業の深さ、欲深さだろう。

皆さんもチェリーをおちょくって狂わせてはいけません。
>|