青春残酷物語の作品情報・感想・評価・動画配信

『青春残酷物語』に投稿された感想・評価

喋り方ゆりやんすぎました。ゆりやんのモノマネの元みたいな喋り方。内容めちゃくちゃ面白かった。なんかすごい今の価値観から考えるととんでもなく時代錯誤なんだけど、それが常識として流れてるんだなってことがすごく伝わってきた。若いパワーが結局はおばさんの金に敗北。悲しいです…
安保反対学生運動や戦後を生きた敗れた大人たちなど現代ではなかなか共感、理解し難い時代背景はあるが、鬱屈し苛立ちやり場のない怒りや焦燥を抱く若者達の破滅へ向かう姿を残酷で美しく映し出している。

大島渚の作品を今まで観たこと無かったが、こんなにハイセンスな映像を撮っているとは思っていなかった。
冒頭の足元に散らばるお札を映したシーンで一気に心を鷲掴みにされた。
ただの

ただのの感想・評価

4.1
60年代の熱気
今も昔も学生がやることは変わらないと思ったけどむさ苦しさや熱量が違った
こんなに当時の価値観を感じられるのすごい

映画が終わって欲しいタイミングで終わってくれなくて終わってほしくないタイミングで終わった
ほんとにもう………
UCOCO

UCOCOの感想・評価

3.8
最初、なんだこの決定的駄作は、、と思って萎えていたのに、どんどん大島渚臭が立ち込めてきて気づけば当たり前に戦後の混乱、学生運動だの自分たちの青春だのってそれらしい用語が乱立していた。

『青春残酷物語』というタイトル、かなり好きだけどラストはいただけない。

勢いつけすぎてどう終わらせればいいか分からなくなった末に頼るところは「死」。そういう映画ってどうなんだろうとたまに思ったりする。
Hipposky

Hipposkyの感想・評価

3.0
237.1931

親世代の敗戦、上の世代の学生運動の敗北、先の見えない時代に生きる若者の刹那を切り取った作品。
印象的なカットや演出は切れ味抜群。
ラストカットは、そうはならんやろ!と突っ込みを入れたくなるが、、
なんかいらいらするぅ〜。

山茶花 → 森川 → 二本柳と引っかけて行くけど、皆オヤジばかりでさすがに峰岸は出てこないね。
星屑

星屑の感想・評価

-
残酷
この構図海辺の彼女たちにも似てる
社会に対しての怒り
全世代への怒りが太陽族を生み出している?
サブカルチャー
原子力

原子力の感想・評価

5.0
あのゴダールに世界初のヌーベルバーグ映画と言わしめた傑作。大島渚は初期から世界制覇の実力ある監督だった。
belair

belairの感想・評価

5.0
こういう映画大好き

表面は美しくみえるけど、中身は泥臭い

林檎のシーンなんてかなりの名シーンじゃない?
どうしようもないやりきれなさに必死に抵抗して、あの時に眠らないことで、2人を繋ぐ細い糸をなんとか保ってた

カットもオシャレだったな〜

学生の時に観なくてよかった笑
>|

あなたにおすすめの記事