くちづけの作品情報・感想・評価

くちづけ1957年製作の映画)

製作国:

上映時間:74分

ジャンル:

4.0

「くちづけ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

主人公が普遍的なモテる男という感じがする。意思は強いけど執着しない感じ。母親との関係性もかっこいい。
とにかく爽やかで陽気。野添ひとみが超キュートで目が釘付け。広瀬アリスに似てる。
知佳

知佳の感想・評価

-
前半のデートシーンが最高に爽やか!
川口浩のバイクの後ろ乗りたい〜…
会話と動きのテンポが心地いい。
デビュー作から素晴らしい出来。後年の、若尾文子と組んだ大人のオンナの情念とはまた違う瑞々しい恋愛模様も良い。ところで、増村作品は総じて好きなのだが、鑑賞後にイマイチ内容を思い出せないのは玉に瑕か。逆に言えば、90分以内で気軽に楽しめるのは魅力的。
あ

あの感想・評価

-
おう名作っぽいぞ この小振りで瑞々しくて不純物のない感じ そんで短い いいぞこれ ていうか画面の出来上がり方のレベルがすごい できあがった屋外の画面がさくさく出てくる もったいぶった感じもない 多分この映画での雰囲気が作家性なんかな? あとあとがプロとして色んな仕事してるっぽくてわかんねな これを代表作にあげられるっていうのはやっぱりわかる気がすんな 純度が高い 知らんけど
kokke

kokkeの感想・評価

4.0
とにかくきびきびと動きそれで体を触りまくるけど自然体で全然下心が見えない。とても清々しかった。
愛に飢える男女のオートバイで滑走する姿の嘘のなさに心を打たれる。ラストシーンのくちづけの唐突に訪れる情緒に、わけもなく胸を動かされるが、同じく「接吻」を題に掲げた映画を想起した。
2回目だけどそんなに面白さ分からず。
バイクでトンネル通るところのシーンが気持ち良くて寝ちゃった。
今夜

今夜の感想・評価

2.0
互いの両親の刑務所や病気や離婚といった要素が恋愛物語とあまりうまく絡んでない気がする。最後の「好き」に偽りが見えちゃうのは恋愛映画としてうまくいってないのではないでしょうか。
素晴らしかった。
バイクで江ノ島いって水着でローラースケートして、あざをいっぱいこさえたい。

章子が6月生まれなのが最高。
やっぱり6月生まれが一番いい。


「君が好きだよ、大好きだよ」ってだけ言われたいよー


追記
そして彼氏に電話したらこのありさまだから、、、やっぱりままならないよね。
好きだよと言われたいなんて気持ちで電話したからでしょうか。。
>|