南極日誌の作品情報・感想・評価・動画配信

「南極日誌」に投稿された感想・評価

てぃだ

てぃだの感想・評価

2.5
ソン・ガンホ
カンヌ男優賞おめでとう記念

というつもりで見たんだが
つ、つまらなかった😅

しかもこれ脚本がポン・ジュノって
マジか。余計に凹む

マッツが南極で
たった一人で生き残ろうとする
映画を見たすぐ後だからなのか


いや多分あんまり関係なくて
心理サスペンス的なものに
しようとしたら
ホラーも何でも入れすぎて
精神世界みたいなものに
傾倒しすぎたせいだと思う

ユ・ジテと
カン・へジョンの
「オールドボーイ」コンビ?がいたので
ついついチェ・ミンシクを
探してしまった←バカ
ei

eiの感想・評価

3.0
南極到達不能点を目指す南極探査隊。ある時80年前に遭難した英探査隊の日誌を見つける。その日から不思議な現象が起き始め、犠牲者が…探査メインがと思いきやオカルトホラー、サスペンス要素もあるが全体的にはぼやっとした映画。嫌いではない。
記録

実験的韓流映画?
感じ方は人それぞれ

自分は中々面白いと感じた
placebo

placeboの感想・評価

2.5
ホラーのような何とも不気味な感じ…想像していたのとちょっと違った😅
極限状態が続くと人間は狂気に支配されてしまう恐ろしさみたいなのを感じました😨
自然はもちろん怖いけど、結局の所人間が1番怖いのかもね😱
aka黄屑

aka黄屑の感想・評価

2.0
『南極日誌』(05年)観了。ポン・ジュノが脚本(1/3)担当してるから観たんだけどコレゎ残念。超常モノと匂わせ"一番怖いのは人間"な心理スリラー。115分なのに長い長い…
主演ソン・ガンホの演技だけは流石で顔も(改造前の)当時の方がイイ…
副隊長パク・ヒスンは今でも『The Witch/魔女』など活躍中で未観課題作で再会予定。
音楽は本作で数少ないイイ仕事で担当したのは日本の川井憲次♪
監督のイム・ピルソンは『愛のタリオ』(14年)が現状最新長編。ネトフリの豪華アンソロジー『ペルソナ -仮面の下の素顔-』(19年)で一話監督してるけど世評今イチ。『グエムル~』には出演したらすい。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

2.5
〖サスペンス:韓国映画〗
南極到達不能点を目指す韓国の探検隊が、不可解な恐怖に襲われるサスペンスらしい⁉️
普通に探検は大変だ‼️って方が面白かったような気がする…
サスペンスぽくなったせいで、ようわからん作品でした😱💧

2022年336本目
29080328

29080328の感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトルとソンガンホで騙されました。
南極頑張って行った話かと思ったのに。

最後まで、で、なんなん?と思ってしまい、観続けるのが苦痛でした🙄

最初の目ん玉のシーンで、ん?この気味悪い感じ、なんか既視感、、、って思ったら。
私の苦手な人類滅亡計画書の1,3話を担当したイムピルソン監督、、、、、、
この作品で、この監督苦手かも、、っていうのが分かってきました。
ペルソナにも携わってたらしい。どれ担当してたのか分からないけど、あの作品も個人的に微妙だったし。。。
グエムル観てないで言うのもあれなんですが、ちょっと苦手な監督さんかもです。

この作品も全体を通して、なんか気持ち悪い。
たぶんソンガンホが息子を亡くした反動であんななってるんだろうけど。でも気持ち悪い。
だって目ん玉的なの?食べ物にさりげなく入れたもんね?
もうあの時点であーーー人類滅亡計画書のノリ〜〜〜って思いました。本当無理。

俳優さんは有名どころ使ってたし良かったと思うけど、まずストーリーが全然意味不明だったので何も得られずこの評価です。
事前知識なくてこんな失敗したの初めてかもってぐらい残念でした😔
theocats

theocatsの感想・評価

1.4
うーm・・・・別にオカルトを絡めずに、文字通り極限の南極探検行だけでも十分すぎるホラーとなったであろうに。
間延び冗長が過ぎて、こちらが〝昏倒死”しかかるところでしたわい・・・

極北探検経験者であれば実際面に対して突っ込みもできるのかもしれないが、素人目線では精神面はいざ知らず、安全面や肉体面の過酷さもそれほど強くは伝わってこなかったかな。

と不満がちにはなってしまったけれど、オカルトまじりにしないと南極探検は映画素材として難しいということなのだろう。
2022.0203
監督イム.ピルソン
出演ソン.ガンホ
  ユ.ジテ
  カン.へジョン
  パク.ヒスン
  キム.ギョンイク
南極到達不能点とは、
海抜3700m 氷の厚さ3000m
海岸線から最も遠い地点の事である。

南極到達不能点を 目指して6人の 韓国🇰🇷探検隊員が 歩みを進めている‼️
そこは、最低気温マイナス80度を 記録しブリザードが 吹き荒れる地球上で 最も過酷な 自然条件を持つ南極でも 足を踏み入れる事が 最も困難な 場所である😱
ある日、彼らは1922年、80年前に 遭難したイギリス🇬🇧探検隊の日誌を 発見するがやがて 日誌に導かれる様に 不思議な出来事が 起こり始めて 遂に 犠牲者が出てしまうが.....

①チェ.ドヒョン隊長
 10歳の息子が自殺し妻とも離婚している
②イ.ヨンミン副隊長
③キム.ソンフン救助隊員
④ソ.ジェギョン電子装備担当
⑤ヤン.グンチャン食事担当
⑥キム.ミンジェ(若い新人)


"南極に棲む 得体の知れない者"の様な映像、イギリス🇬🇧探検隊の日誌も 何かの意味や これから起こる 予言でも無く 思わせぶりで しかない⁉️⁉️
ドヒョン隊長の 異様な雰囲気も 息子の自殺が 原因のトラウマと 南極の極限状態で幻覚や 仲間を見捨てて 何が何でも 南極到達不能点に向かおうとする😱

ラストも ドヒョン隊長の狂気行動で 身を滅ぼしていく😭

つまらない作品‼️

DVD📀
おひさ

おひさの感想・評価

2.8
2022/02/03
GYAO


結構 知ってる顔の人 いたよー♪
17年前の作品か。

この寒い季節に 見るんじゃなかった😮‍💨
寒いわ🥶

私的に出演者が知ったお顔だったから このスコア
映画の中身は よくわからない。
撮影は大変だっただろうな ってことで。
>|

あなたにおすすめの記事