マシンガン・プリーチャーの作品情報・感想・評価

「マシンガン・プリーチャー」に投稿された感想・評価

Shurita

Shuritaの感想・評価

4.0
熱い男を見ているうちにこっちまで熱くなってくる。

アメリカ田舎の悪いダメ男がまさかのアフリカで人助け…

正直「マシンガンプリーチャー」というタイトルもなんかB級ぽくてバカにしてました。
まさかまさか実在する人物だとは…笑
本当にマシンガンプリーチャーと呼ばれていて、本人もマシンガンプリーチャーというタトゥーまでいれています笑

笑えるストーリーでは全くないのに何故か笑えて、そして泣ける。
とても不思議な映画です。

突然の改心
ハリケーンから家族を身一つで守る
突然の韻踏みゲーム
子どもを異常に愛する
そして子どもを誤射
とても悲しむ
そして子どもを突き飛ばす
突然の韻踏みゲーム


面白いんですよこの映画!笑
でも観ているうちにどんどん引き込まれていって、不意に泣けるんです。
完璧マシンガンプリーチャーの熱い想いに引き込まれてるんです。

しかもこれが実在する人物だからなお良し。
全てフィクションだったら評価はおとしてました。

私は好きです。
Sng

Sngの感想・評価

3.5
刑務所出の荒くれ者アメリカ人が、牧師となって南スーダンに教会と孤児院を作り子供たちを保護するという実話に基づいたストーリー。現在進行形。正義って何?を考える映画。

エンドロールに流れた本人のコメント「正当化するためにあれこれ弁護しない。でもみんなに聞きたい。子供や兄弟のいる人たち全員に。もし自分の家族が誘拐されたら、もしテロリストが現れて自分の家族をさらっていき、私が連れ戻すと約束したら、方法を問うだろうか。」
Hisashi8

Hisashi8の感想・評価

4.0
実話。題名の通りマシンガンを持った牧師の話。主人公はブタ箱入っていたり、ドラックやっていたりしたが、神の力で公正し、家族を大切にするようになる。教会に行った際にウガンダから来た牧師の話を聞いたのが転機となり、アフリカに飛ぶ。ウガンダ、スーダンの状況を見て、その状況のすごさに徐々に自分を見失っていく。自分が思うにこの人はすごくパワーと愛を持っている人だと思う。自分を見失っても周りに気づかされている。これが実話というのが本当にすごいと思った。
kiko

kikoの感想・評価

3.3
麻薬密売人からマシンガンを持った牧師としてスーダンで今も戦うサム・チルダースの実話を基にした映画。内戦で孤児となった避難民を助ける為、私財を投じて孤児院・教会を建て且つ、スーダンの残虐な組織LRA(神の抵抗軍)とも戦う牧師。崇高な理念と行動力は尊敬に値するが、共感出来ない所もあるなと。20年以上続くスーダンの内戦。組織が細分化し平和には程遠い現状。(今年の2月にオマル・ハッサン大統領が非常事態宣言を出す)と思うが、1人の男が立上った結果、助けられた命もある事実。最後に流れるクリスコーネルのTHEKEEPERが良かった。    
のん

のんの感想・評価

1.5

マカロニウェスタンぽいタイトルというだけで観てしまった。

久々にがっつりキリスト教観点から語られる、「悪から足を洗い善き存在になる私」的な話で、しかも実在の人物(サムチルダーズ)が基となったストーリー。


元麻薬中毒の男が刑務所から出所後、ある悪事を境に改心しクリスチャンに。それから先は信仰に目覚めた彼が内戦のスーダンの地で繰り広げるゴリ押し"善行"の物語。銃好きの元麻薬中毒男が今度は別の刺激に夢中になるといった感じ…。
正義とはなにか?観るべき映画の1つ。ジョージ秋山先生の「青の洞門」を彷彿させる男の本当の人生。悪の心で満たされたら負け、奴らの勝ちという少年の一言は突き刺さる。
スーダン内戦の実話。
ザン

ザンの感想・評価

3.5
話の展開が速い。移動する旅費もバカになんないだろうが、この行動力には感服する。問題が完全に解決されることはないだろうが、事実を正しく認識したい。
Key

Keyの感想・評価

3.7
実話を基にした銃を持つ牧師、というのが気になって観てみることに。
予習をせずに鑑賞したので、
THE正義!みたいな感じかと思っていたら麻薬密売人でド悪な主人公で驚きました。

その後の展開も意外でしたが、
すごくすごく深い映画でした。

自分の家族をも顧みずに、慈善活動なんて…と思いました。
でも、アフリカの内戦はよく耳にすることだけど、それだけの私達と、実際に自分の目で見て経験したサムとでは、同じ考えになれるはずがないと思いました。

こどもたちを救いたい、というただその気持ちが、良い方にも悪い方にも向かわせてしまう、人間らしさも伝わってきたし、
まだ解決していない、今もなお続いているんだよ、というメッセージがこもった映画でした。

サムという人は、
人は変われるし、人のために身を粉にすることができるということを証明している人だなぁと感じました。
>|