マッチスティック・メンの作品情報・感想・評価

「マッチスティック・メン」に投稿された感想・評価

ざっくり言えば、
顔のない鑑定士の、、〇〇バージョン。

どうせそうだろ、、
いや、違うか??
やっぱりそうですよね。
という騙されパターン。

ということで意外性ナシという、
俺は騙されていないぞ感想文。
Xavier

Xavierの感想・評価

1.1
詐欺師のロイは潔癖症で強迫性障害を患っている。相棒のフランクと共に少額の詐欺を行い日々を送っていた。ある日、薬の切れたロイがかかりつけ医に電話すると潰れて転居先も分からなくなってしまうが新しい精神分析医クレインをフランクに紹介してもらい大事には至らなかった。クレインの診断に依り病気の原因が10数年前に別れた妻にあると言われたロイは電話を掛けようするが、出来ず代わりにクレイン医師に電話を掛けてもらい子供がいることがわかる。クレイン医師に勧められ子供に会うことになったロイの前に14歳となったアンジェラが現れる。最初はぎこちなかった2人だったが、会う内に徐々に親子らしくなっていくが……ザックリ言うとストーリーは、こんな感じ。何を観ようかと考えて、"どんでん返しの作品ベスト40"にあったのがこの作品。監督リドリー・スコット主演ニコラス・ケイジとくれば、自ずと期待して観たのだが、ストーリーが面白くなくテンポも悪い。途中で結果が見えてしまい、最後までみて"ああやっぱりね"ってガッカリ感が半端なかった。個人的には嵌まらず残念。
A

Aの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ニコラス・ケイジ、久しぶり。BSで『コン・エアー』流し見するのを除けば7,8年ぶりか。たまにでいいから新作でこういうのも見せてよ。
ぎこちない父親と溌剌とした娘のやり取りは二人とも超可愛かった。それゆえ最後は娘が生来の詐欺の才能で窮地から救うなんて期待したけど、裏切ってくれなきゃね。結構辛かったけど。でも、ラストはちょっぴり温かだったからよかった。それも刹那的な父娘の関係があったからこそと思えば救われる。
アリソン・ローマン、公開時24歳か。『ビッグ・フィッシュ』と同時期のはずなのに14歳で納得してしまった。女優って凄いな。騙されてた。
pipo

pipoの感想・評価

3.8
どんでん返しってあったから絶対こうなるだろうなって予想できたけど、最後の結末が暖かくてすごい好きだった〜!途中飽きちゃったけど、ニコラスケイジの演技が本当に上手くて流石だなって思った!

このレビューはネタバレを含みます

詐欺師なのに人が良い主人公、見てるうちに大好きになっちゃったので、お金は全部失ったけど人に裏切られても腐らずちゃんとした職に就いてきれいな奥さんと幸せに暮らしててよかった〜〜〜!って思いました ニコラスケイジの演技がとってもよかった
アンジェラかわいい

そこまでスッキリするかって言われたら疑問が残る映画。何も知らない状況で見る方がいい。
ヒューマンドラマとしてみるのかどうみるのかが重要になる。
騙し合いの映画なのだが、すごく感動した。
ニコラス・ケイジでなければらこの感動らなかったと思う!
深夜にみると泣けます
chak

chakの感想・評価

3.0
レオンのようでレオンでない。親子愛に騙されたけど楽しめました
初めて見たこういうラストのサスペンス映画だったので、初見時にこんなに面白いオチは初めてだ!と衝撃を受けました。凄く想い出深い作品です。

久しぶりにもう一度見たのですが、やはり他のこういうラストの作品と比較すると劣る部分はありますが、それでも面白い作品だと思います!

一見すると主人公の罪に対しての報いが大き過ぎる気がしますが、最終的に幸せになっているので好きです。最後のシーンがなければ点数がだいぶ低かったかもしれません
キャッチコピーのせいて最初から結末わかっちゃってたけど楽しめた
>|