影武者の作品情報・感想・評価 - 12ページ目

影武者1980年製作の映画)

製作国:

上映時間:179分

3.7

「影武者」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

仲代達矢の凄みに射られて、画面の前で固まってしまった。自分ではない誰かの人生を生きながら、周囲の期待に応えて社会の歯車を保つというのがどんな味なのか、それはたっぷり伝わった。でも、そんな人間が、もう一度、自分で自分の道を選ぶまでの心の動きをもう少し見せてほしかった。いろいろ大人の事情もあった映画だったようで、編集のバランスがちょっと気になった。
黒澤映画の全てに共通することだが、役者人の鬼気迫るリアリティーは黒澤映画でも1,2を争うほどだ。
今、仮に影武者をリメイクしてもあの迫力ある合戦などは表現できないだろう。CGで合戦シーンを表現したら逆に安ぽくなるだろう。
仲代達矢の演技も素晴らしかった。
しかし、勝新太郎の武田信玄も見てみたかった。
りょう

りょうの感想・評価

4.7
盗みにより処刑されるところだった罪人の男が偶然にも武田信玄と瓜二つであったことから見出され、信玄亡き後に影武者として働くこととなる。ストーリーは織田、徳川の同盟側と武田側の天下をかけた戦いを軸に、長篠の戦いで武田側が敗れ去るまでをその流れとする。戦国大名として下克上の世を生きることの厳しさや武田信玄のカリスマ性がユーモアを交えてそのまがい物である影武者を描くことによってより強調されて描かれている。毎度のことながらその迫力に圧倒された。CGが発達している現代だがそれでは絶対表現できないリアリティの迫力が黒沢映画にはある。グダグダ書いたが一言で「すげーかっこいいから観てみなよ!」と言って人に勧めたい小細工なしの堂々とした映画だ。
まう

まうの感想・評価

5.0
影武者の夕日をバックにした影絵の様な行軍や陣のはるか遠くに騎馬武者走らせてたりため息でてしまう。エンドロールのコッポラとルーカスが筆文字のカタカナなのがなぜかツボにくる。
のぶ

のぶの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

公開当時、賛否両論でしたね(笑)自分は、この映画高校生になってからビデオで観たのが初めてでした。いや~衝撃を受けましたね。目眩く映像美と戦闘シーン。後期黒澤映画の中でも一番好きです。

風林火山の旗の下整然と行進する武田軍団!!!!凄いです。その武田軍団のカリスマ当主・武田信玄に対する家臣の絶対的信頼感が映画の中からヒシヒシと伝わって来ます。そして、そのカリスマの影武者を演じなければならなくなった男の苦悩と、いじらしいくらいの忠誠心に胸が締め付けられる思いです。
そして、一番の見せ場はやはりラストの長篠の合戦!!!!この戦いで、織田・徳川連合軍は無敵を誇った武田騎馬軍団を最新兵器の火縄銃で撃ち破り、武田家は滅亡の道辿るのですが、その戦いを完全映像化してます。ホントに凄いです。

最初に、乱射される数百の火縄銃を延々と見せて撃たれている武田軍は一切見せない演出!乱射が止んだ後に無数の屍となった武田軍を見せる!!!衝撃的でした。
さまよう武士、もがき苦しむ馬…まさに地獄絵!
その地獄絵にむなしくトランペットの音がかぶる…。胸をえぐるような思いに突き落とされちゃうね。

武田信玄と言う柱を無くした軍団の崩壊…それを賢明に防いだ名も無き男、ただ顔が信玄に似ているからと言うだけで、思わぬ運命の流れに巻き込まれていく…
最後、川の中に沈む風林火山の旗を手を伸ばして掴もうとしながら絶命していく影武者。数奇な男の悲しき物語だった。

とても素晴らしい戦国絵巻!巨匠と言われる監督の素晴らしい仕事を見せてもらいました。
まぁ郎

まぁ郎の感想・評価

3.0
一人二役の仲代達矢の演技力は圧巻の一言。話のクライマックスとなる長篠の戦いのシーンは、大迫力!
ゆう

ゆうの感想・評価

4.2
何を取ってもすごいです。
スケールがただ大きいだけじゃなく細かい心情も本当にうまく表現出来ていると思います。さすが黒澤。あと私には達也も努も同じに見える…。
YokoGoto

YokoGotoの感想・評価

4.5
仲代達矢さんの役作りがすごすぎる。シーンの細部へのこだわりはもちろん、効果音やBGMが少ないかわりに、甲冑がこすれる音やたたみをする音が、臨場感を感じさせる。ストーリーもさることながら、”映画ってこういうことだよね”と知らしめるような作品。
黒澤作品はそこまで沢山見てるわけじゃないけど、これが一番好き。内容ももちろん、迫力と絢爛さが素敵。
MakiKato

MakiKatoの感想・評価

4.7
流石世界が認めた黒澤明!!影武者として仕立てられた浮浪者が、殿様として周囲に扱われていく内に本物の施政者の心を身につけていく姿が、仲代達矢の名演技で戦国時代の悲哀と共に描かれる。日本映画の最高傑作の一つだと思う。ラスト泣かずにはいられない。 人は幸せを知らなければ、不幸を知ることもないのだと思い知らされる。ラストサムライと比べると重厚さの違いがf^_^;)本当の武士の世界ですよ。それにしても驚く程豪華な出演陣!!
|<