影武者の作品情報・感想・評価 - 12ページ目

影武者1980年製作の映画)

製作国:

上映時間:179分

3.7

「影武者」に投稿された感想・評価

あ、おもしろい。あ、でもちょい長っ。

戦国モノはそこまで観ませんが、武田信玄フィーチャーしてるのがもうおもしろい。

信玄の影武者の話。
影に影はできない。影ができるのは実体があるものだけ。
影は一人歩きしない、意志を持ち一人歩きすればそれは影ではない。

そして最後立ち向かうのは影のみ…


父と子の関係や、人の見る眼を切なく皮肉ったりユーモアある表現も楽しめました。

話の展開としてはなんか読めるので少し物足りなさは否めません。

しかし、武田信玄の騎馬隊さながら、馬といえば黒澤明!と言ってもいいくらいやっぱり馬や戦場の描写はすごかったです。
個人的には陽に照らされる兵士たちの画づくりが好きでした。
私事ながら自分が土煙が好きなことを知らせれました(笑)


父が黒澤明のDVDを友人からもらったらしく、しばらくは少し黒澤明多めの鑑賞生活になりそうです。
rico

ricoの感想・評価

3.8
メイクが、、、とか、特殊効果が、、、とか、血の色が、、、、とか気になる所は多々あれど、いかんせん話が面白いし、動のシーンはさすがだし、思っていた以上にこのショーケンは素晴らしい。
黒澤の持つ絵のイメージは素晴らしいな。
地平線の虹とか、影武者のみる悪夢とか、頭の中にあった映像が違和感なく再現できたら、、、と悔やまれる。

にしてもほんとある時期までのショーケンはハマったらとってもいい演技するにゃー
長回しFIXの1カット目が、この映画を支えるあらゆる役目を担う土台となっている。「影」がテーマのこの作品は、色んな意味の「カゲ」を使った演出が盛り込まれていて味わい深い。1カット目のどこか異様な光は、信玄がその場を去っていく時にその意味に気づく。信玄の後ろの壁に写る身体より大きな影が、信玄の背に宿る巨大な力を表している。それに圧倒された影武者が、少し向き合って言葉を交わしただけで心から平伏してしまう。ここに凄まじい演出力が込められた事で、後は全てのシナリオが勝手に情感を持つ。信玄以外の武将には、対比的に陰影を付けていない。実体を失った影は影と言えるのか。似すぎた影法師が信玄の影をどんどん宿し、周りに影響を与えていく様を見ると、もはやそれは実体と同じなのではないかと考えさせられる。そして、仲代演じる影法師のチャーミングさがとても際立っている。こんなにゴツいのに可愛いおじさんは他にいない。影の存在でありながら竹丸に本当の祖父のような愛着を抱き、戦で倒れていく兵士達を本気で可哀想に思う彼が追い出される様は、非常に悲しさを帯びている。ラストに至ってはメイクでも表現されているが、もはや信玄の死体が蘇って武田家の最後を見届けているように思える。一生どう頑張っても今後作れないような規模の演出は勿論だが、まず人間独りの気持ちをストーリーの中に貫いている超大作。
Catvery

Catveryの感想・評価

2.5
黒澤明 DVDコレクション No.15
pamphlet:A4 used
KSK

KSKの感想・評価

4.0
冒頭の長回し痺れる
中央に居座る信玄の影と、
右隅には後々影になる盗人

仲代達矢一人二役の演出と演技

笑いもあり、壮大さもある
ただちょっと長い
A472

A472の感想・評価

3.8
武田信玄死後の影武者を描いた戦国時代劇映画

黒澤明監督作品
製作費捻出の一部をフランシス・フォード・コッポラとジョージ・ルーカスが援助

黒澤監督と主演・勝新太郎が衝突、主役が降板するトラブル発生
何かと話題の多い映画であった
もし、勝新太郎が監督と衝突しながら撮ってたら、どんな映画になっていたか?
想像するだけで楽しい、勝新太郎主演版が観たかった
USK

USKの感想・評価

4.6
武田信玄とその影武者の物語なのですが想像以上に壮大な物語でした。そして景観も素晴らしい。

似たような風貌の三人の男の会話劇から物語は始まり、既にこのシーンで傑作確定の匂い!
武田信玄や徳川家康等、黒澤明の映画で実在の人物が出てくるのは珍しい。

本作は三船敏郎も志村喬も出ませんが、黒澤明の映画の中で最も面白いと言っても過言ではないレベルです。恐ろしいのは「乱」の撮影準備、いわゆるリハーサルとやらで本作を作ったという点です(笑)。三船敏郎は出ませんが柳葉敏郎がエキストラとして出てるらしいです。

エンドロールのプロデューサーの欄に、フランシスコッポラとジョージルーカスの名前があったのは驚きました!
なこ

なこの感想・評価

3.8
この監督はなんて戦いの場面を撮るのが上手いんだろう!
七人の侍の時も感じたが画面の切り取りかたといい、カメラの位置といい本当に格好いい!!

最初はちょっと眠い…とか思ってたけど途中の戦場からは目が覚めました笑
負けるとわかっていても戦いに行くという感覚は日本人らしい。
仲代達矢の演技も凄かったけど、勝新太郎の影武者も見たかった。

当然、CG のない時代だからセットは全部作ったのかー。
もし、彼が今生きていたらどんな作品を創ったんだろう。
タイトル、そのままの内容。当時、「情報」がどれだけ、貴重なものだったのか、感じることができる。メッセージ感やストーリー性よりも、シーンの美しさを楽しむ、写真集のような作品の印象。役者の立ち振る舞いが凛としていて、当時のことなど知る由もないのに、リアルに感じるのが不思議。室内での主人公とその取り巻きの場面が多く、ミドルレンジのショットが多めになるものの、一旦屋外にでれば、広角のスケール感あるシーンは、この作品でも健在。霧と背景の照明の使い方が見事で、幻想的な世界の描写が印象的。
Denkishino

Denkishinoの感想・評価

3.8
黒澤監督の騎馬武者を使ったシーン、馬を使ったシーンは、世界に誇れるダイナミックさと、映画!という大きさを感じます。

ただ、悪夢のシーンは、黒澤監督のまさに表現したいことの集約で、観ているこちらがなんと苦しいことかと感じる前に疲れてしまいます。
それほどエネルギッシュといえばそうですが、少し押し付けがましく感じてしまいました。
仲代達矢の演技も悲壮すぎて、それに拍車をかけているのかも。

欲を言えば、勝新の影武者が観たかった…。
もし、もしそうであったなら、これは七人の侍にならぶ、大名作になったのではと想像してしまいます。