クライム・クリスマス 〜ニューヨークの白い粉〜の作品情報・感想・評価

クライム・クリスマス 〜ニューヨークの白い粉〜2001年製作の映画)

'R Xmas

製作国:

上映時間:82分

ジャンル:

3.7

「クライム・クリスマス 〜ニューヨークの白い粉〜」に投稿された感想・評価

地元のビデオワンにあったなぞ映画。
リロブランカトーがブロンクス物語からだいぶおじさんになってた。邦題がダサすぎておもろかった。
osaka

osakaの感想・評価

4.4
最高の映画!アベルフェラーラはどうしようもないやつがどうしようもないやつに説教されるのがほんとお好きね。映画で一番おもろい瞬間かもしれない。

もっと娯楽に徹することができるはずの題材なのだが、そこの線引きをちゃんと持っているフェラーラがとても好きです。これは彼にしか作れない。
E

Eの感想・評価

3.7
何でこんな映画撮ったんだ、、、と思いつつもなぜだか不思議と面白い。何て事ないドミニカ人の売人家族の話なのだが。もうちょっとエンターテインしたらサフディ兄弟作品のようになりそな?ストリートの末端の人々の話ってやはり好き。
ヘロインをガラステーブルの上でカードで混ぜて、1回分の量のためのパラフィン紙の小さな袋に1枚1枚スタンプを押して小さい匙で詰めていく場面が好き。夜のドライブシーン、外灯がフロントガラスに映る素晴らしさと、少しデカすぎるんじゃないか?娘が夢中なパーティドール。なんでこんなしょうもないドミニカン売人のハナシ、なぜか説教してくるアイスT。こういう映画が大好きだしこんな映画をつくるフェラーラを愛している。メリークリスマス。
tristana

tristanaの感想・評価

4.5
クリスマスの説教強盗?なにこの話は?なんなら気持ち悪い教訓話になりそうなところを素知らぬ顔でやり過ごす演出。見ている間ここはアンスティチュだっけ?と錯覚してしまった。結局何を撮ろうとしているのかが曖昧なバスケのシーンが素晴らしくて5回くらい見た。しれっと終わるエンディングもかっこいい。
ホンダ

ホンダの感想・評価

3.0
「ニューヨークの白い粉」って副題いくらなんでもストレート過ぎだろ
コズモ

コズモの感想・評価

3.6
なんちゃない粉もの映画すが、フェラーラの映画はこんなんでも良いな。
アイスTの登場からグッと引き締まる。