声をかくす人の作品情報・感想・評価

「声をかくす人」に投稿された感想・評価

kuu

kuuの感想・評価

3.8
『声をかくす人』映倫区分G.
原題The Conspirator.
製作年2011年。上映時間122分。

※齟齬があり再度投稿失礼致します。

リンカーン大統領暗殺の罪に問われ、米国合衆国政府によって処刑された初めての女性メアリー・ラサットの隠された真実をロバート・レッドフォードがメガホンをとった米国産歴史ドラマ。

南北戦争終結直後の1865年、第16代米国合衆国大統領エイブラハム・リンカーンが暗殺された。
犯人グループはすぐに捕えられ、犯人一味にアジトを提供したちゅう理由で、下宿屋を営む南部出身の女性メアリー・サラットも逮捕された。
メアリーの弁護を引き受けることになった北軍の英雄フレデリックは、メアリーがある秘密を守るため自ら犠牲になろうとしているのではないかと考えるが。。。

1865年4月14日にリンカーン大統領が観劇中に暗殺された。
1861年にリンカーンが第16代大統領に就任した直後に勃発した南北戦争が、事実上終結した5日後のことやった。
確かに南部の首都リッチモンドは陥落して、南軍のリー軍司令官は降伏した。
しかし、各地でまだ小競り合いが続いていたし、まだ南部では戦争終わったって云えへんかった。
こないな混乱した時期に国家統合の象徴であるリンカーン大統領を失ったってことは、北軍指導層の危機感を募らせた。
政治的不穏感を一掃するためにも、暗殺に関わった者たち全員を極刑にすべきちゅう声が高まったのは当時なら当然の成り行きかな。
捜査の指揮をとったエドウィン・スタントン陸軍長官(ケビン・クライン)は、戦時ちゅう理由で、一般市民を強引に北部の軍事法廷で裁くことにした。
このために犠牲になったんが、犯人らに宿を提供した下宿屋の女主人メアリー・サラット(ロビン・ライト)やった。
一般市民は軍事以外の罪であれば、通常の法廷で裁かれるべきやったのに。
彼女は米国で初めて死刑になった、実在した女性として知られている。 
翌1866年には最高裁が戦時でも民間人を軍事裁判にかけることを禁じている。
メアリー・サラットは混乱期の政治状況下で犠牲になった悲運の女性として知られている。
この裁判の実相はどうやったのか。
ロバート・レッドフォードはその理不尽な裁判劇を忠実に再現してると無知ながら小生は思います。
今作品は南部と北部を合わせて62万人もの死者を出した南北戦争の悲劇をあぶり出しているって云えるかな。
文字通りの総力戦で、女性も動員されたし、北部からも南部からも何千人ちゅう女性看護師が従軍し、男装の女性兵士も参戦したといわれる。
また、戦争を後方支援しつつ、家庭を守るのが女性の責務と考えられた。
惨い時代です。
メアリーは息子のために沈黙を守ったけど、息子には捨てられる形になった。
処刑後に現れた息子は無罪になった。
フレデリックと会った息子は、フレデリックこそが本当の息子やといい、メアリー がフレデリックに預けたネックレスをフレデリックに渡す。
映画はこのフレデリックに米国の良心を投影しているんじゃないかな。
彼は裁判の後、法曹界を去り、ワシントン・ポスト紙の初代社会部部長になったけど、1878年、40歳前に心臓病で亡くなったそうです。
リンカーン暗殺事件にはさまざまな陰謀説もあるんやけど、監督は史実に残された資料に沿って正確な作品をつくることに集中しているのは作品を通して伝わってくる。
作中の会話の大部分は、裁判の記録から直接セリフにしたそうです。
当時、写真が発明され、記録があったことも幸いしたんやろなぁ。
女性たちが残した日記や手紙も含め、広範囲の膨大なリサーチが行われ、衣装とか家具は、勿論のこと、建物や照明も当時を彷彿とさせてるし、当時のワシントンの街の再現も興味深かった。
レッドフォード監督らしい良心的な映画でした。
M

Mの感想・評価

3.9
理不尽な裁判が見てて辛かった
こんな裁判なんの意味もない
マカヴォイの演技は素晴らしいなほんと
Johnsteed

Johnsteedの感想・評価

4.0
米国で初めて絞首刑になった女性の話です。
リンカーン暗殺事件をベースとした作品で
当時はまだ南北戦争が終わってアメリカが
落ち着かない情勢で世論の為に曲げられた裁判って感じでしたね

弁護士とはこうであるべきだと思わされる作品でした。
久々に裁判ものの映画観ましたが、かなり見応えのある作品でした。

マカヴォイめっちゃ良い俳優じゃんって思わされた作品です。
Kkkkk

Kkkkkの感想・評価

4.0
記録
やっぱりマカヴォイの芝居とても好き。
内容含め観て良かった。

このレビューはネタバレを含みます

・アメリカ初の女性死刑囚となった女性を巡る、正義と悪と信念が入り混じる法廷ドラマ

・国民としての感情よりも、法や弁護士としての信念を貫いた主人公はとても立派だと思う

・理不尽すぎる戦いと結末だが裁判は見ごたえがあり結構面白かった
いち麦

いち麦の感想・評価

3.0
正義と法律を遵守するために信念を貫き通そうとする弁護人をJ.マカヴォイが見事に熱演。一見、過去の歴史の裏物語だが、現代にも通じる固い社会的テーマが見え隠れする。人間の執念の背景にあるものが様々に描かれ興味深かった。
作品性がまさにロバートレッドフォードが好きそうな題材ですね。

作品は実話です。この映画を機にWikipediaですが、この裁判と南北戦争とリンカーン暗殺について勉強しました。

悲惨です。
こりゃ皆やりきれませんわ( ̄▽ ̄;)
世界の中の一人としてこの話は絶対に知っておいた方が良いです。
妖怪

妖怪の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

まかぼい演じるエイキンの役あまりにもかっこよすぎでしょう……弁護人まかぼいも最高すぎる…なんなの……となる作品。
お母様の立場はもちろんだけれどエイキンの立場…いやはや…あまりにもしんどい。
エイキンさんは本当に本当にやれるだけのことをやったんですね…自分の立場がどうなろうと正義と向き合う彼はとってもかっこよかった。彼がワシントン・ポスト紙の初代社会部長に。娘さんのアンナが泣き叫ぶ辺りからホントしんどかった。
 アメリカで初の女性死刑囚の物語。彼女の人生も壮絶だが、彼女の弁護人であるエイキンもまたつらい立場だったなあ。
 深く考えさせられる重厚ドラマ。
eriiko

eriikoの感想・評価

3.8
何が真実かは分からないけれど、もしこの映画の通りだとしたら、取り返しがつかないことが正義の名の下に起こっていたということ。今も世界のどこかでは同じようなことが起こっているだろう。

娘の気持ちを考えるとあまりに辛い。マカヴォイが良かった。

閉館した銀座テアトルシネマで鑑賞。
>|

あなたにおすすめの記事