もののけ姫の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

上映館(376館)

もののけ姫1997年製作の映画)

PRINCESS MONONOKE

上映日:1997年07月12日

製作国:

上映時間:135分

「もののけ姫」に投稿された感想・評価

氷

氷の感想・評価

3.7
理解力乏しいから一回で分かんないから悔しいけど自然の映像美しかった
アシタカが虹郎くんでサンが能年ちゃんって感じだった
ノレイ

ノレイの感想・評価

4.8
しっかり観たのははじめてだったけど、すごい映画だった…面白い
誰もが繋がりの中にあって情や立場の上でそれぞれが動いてるのが良かったな アシタカ強い ヤックルが愛だった
荘厳な音楽で囲まれる感じや無音が映画館でしかできない体験だと感じた 久石譲…
リバイバルジブリ作品が週間映画ランキング1-2フィニッシュを決める日本ってどうなのよ?日本人ジブリ好きすぎだろ。どうなってんだよ。あたおかだな。まぁ映画館で観る『もののけ姫』は普通にめちゃくちゃ良かったですけどね。行っちゃったよね。

祟り神が襲って来てアシタカが弓の張りか反りの調整するシーンでさ、これ別に観てる側は無くても気にならないよね。時間はないけど武器の手入れは怠らない。命に関わる。宮崎駿が武器に対する愛情と拘りが伝わってきて震えたよね。
前よりは理解出来た気がするけどそれにしてもスッキリしない話。まぁあれプロポーズしたんでしょ。んで別居婚提案。たまに会いに行くよ(子作りしに)だと勝手に思ってるんですけどね。違うんですか。知らんけど。

甥っ子達と一緒に行ってきたんだけどアシタカがタタラ場から出ていく際、門を自力で開ける時に「悟空の方が強いかな?」とボソッと聞いてきて、この子は凄くおバカだなと思いましたけど「そらそうやろ。悟空なら指一本やな」と普通に答えた俺もなかなかバカなのかもしれません。
映画館で観ると、音のすごさに気づく。大人になって観ると、また印象がちがう。映画館で観れてよかった。
室園元

室園元の感想・評価

4.4
暫く続いた映画館通いもこれにてお終い。

タタラ場の女たちの美しさよ。

展開を出し惜しみしてはいけないのだな。

トキさん射止めた小六よ。

「生きてりゃなんとかなる!」

好きな所へ行き好きな様に生きな▶︎アシタカの看病ってヤックルお前

アシタカの死を宣告された瞬間の表情

正直自分の手に負えない作品だった。
思考するには経験が足らない。
死ぬまでに定期的に観たい作品だな。
noroyu

noroyuの感想・評価

4.5
劇場でやってるせっかくの機会なので。
小学生のときに観た以来、しかもそのときも最後まで観たかどうか覚えてないくらいだったのもあり。

したら、もうめちゃくちゃ面白いのな。

とにかく脚本の構成が鬼スゴ。
最後の最後まで対立、対立、対立、対立...っていう。まじで、"頭を明け渡す"まで、とにかう誰かと誰かの対立でどの場面も埋められている。だから、130分でも飽きずにずっと観れてしまう。
エンターテイメント脚本の超お手本である。

これを原作から全部考えてるのは、それはもう変態。
亜硝

亜硝の感想・評価

-
劇場でみました。
武器の音が良い。剣を抜く音、矢の刺さる音。
とくに矢の音はすごいです。アニメで矢というとピューーンと飛ぶところの効果音は入っていて、あとはサクっと刺さるだけのことが多いですが、もののけ姫の矢は「ドンッッッ」と力強く突き刺さる。めちゃくちゃ怖いんですよね。しかも矢の動きも早く、いきなり「ドンッッッ」という音と共に目の前の壁に出現してる。これに限らず、人間同士の合戦のシーンはぜんぶすごいです。迫真とはこのことですよ。

個人的に好きなのは冒頭の、何でもない村娘がめちゃくちゃかっこよく剣を抜くシーン。モブがかっこいい作品、好きです。世界の厳しさを物語ってるようで。(あれモブじゃなくてアシタカの妹だったっけな?ちゃんと覚えてない)

一方で動物関連の話はなんかあんまりよく入ってきませんでした。人と自然の共存、みたいなメッセージ性が露骨すぎるのが正直にがてかもしれない。なんかいくらなんでも説教くさいんですよね。もうすこし仄めかす程度が好きかもしんないなぁ。

あと山犬を人間のみんなで持ち上げて助けるシーンがめちゃくちゃ好きです。敵だとされてる相手を助けるのってやっぱりいいですよね。

顔を撃たれて歪むも、そのまま無音でゆっくり歩き続けるシシガミも、神々しくて好きです。でかくなってからはなんかただの怪獣みたいであんまり好きじゃないですね…
Yasu

Yasuの感想・評価

4.5
スクリーンで観れて良かった。
絵と音楽の調和が素晴らしい。

人物を多面的に描いてるところが良いなと思った。悪役的な人はいても、本当に悪い奴はいない。
究極的に言えば、出てくる人物全員が悪い奴かもしれないから。

人は自然の中で生きてるのではなく、生かされてるのだ。
何ごとも、妥協点を見出すのが最善なのかもしれない。

いやぁ、それにしてもサンは美しい。
kutkut

kutkutの感想・評価

4.0
見たのは何回目かわからないけれど、映画館では初めて見ました

内容は言わずもがな

オープニングクレジットのときの、大音量での音楽は圧巻でした…
あと、何気に響いたのは
「生きてりゃなんとかなる」
ジブリの女性はたくましい…
ひ

ひの感想・評価

5.0
大人になって映画館で観て
今までのもののけ姫とは比べものにならないくらい生きるを感じて、米良さんを感じて
すごくすごく感動しました。

今までのもののけ姫とは違います。
絶対絶対映画館で観るべきです。