スパイナル・タップの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

スパイナル・タップ1984年製作の映画)

THIS IS SPINAL TAP

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:82分

ジャンル:

あらすじ

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マ…

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着を決意。映し出されるのは、結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、次々と明かされるファン必見のエピソードの数々。伝説のロック・ドキュメンタリー『スパイナル・タップ』がここに誕生する――!!

「スパイナル・タップ」に投稿された感想・評価

ね

ねの感想・評価

3.7
実は何十年前に上映されたと知らずに鑑賞。バンドのモキュメンタリーという事で面白うだなという事ふらっと観に行った。

いわゆる世界的なヒットを飛ばした今は落ち目のバンドにファンのディレクターが密着するという体なのだが。メンバーの死別やジャケットのパロディや運営に口出すメンバーのガールフレンドや自分も全て分かった訳ではないが、業界にまつわるバタバタがいちいち面白い。

で、映画終わりには伊藤政則さんのトークショーという事で貴重な話がいろいろ聞けた。バンドのギタリストが値札付きのギターを持っているのはメーカーからの提供とか。それを○○○するやつが昔は結構いたとか。誰か来た時一緒に観たい映画というのも納得。

30何年を経ての上映という事。迷ったら観た方がいい映画。
ロックバンドを上手くちゃかしたコメディなのだが、要所要所でリアルな部分があり、ただ皮肉った作品ではないことがわかる。音楽好きなら笑える部分も、音楽をやっている人間は痛いところを突かれたと思うだろう。

音楽ファンのために作られていると思うので、当時の音楽事情を知らないとわからない部分もあるのは、仕方がないと思う。
かつ

かつの感想・評価

3.5
日本でスマッシュヒットは笑う

ここまでやり(ボケ)きったのがすごい、脱力tvとか好きなら楽しいとおもう

帰りにグッズTシャツを買いそうになって思いとどまった…
Chif

Chifの感想・評価

3.0
あのロブライナー監督が描いた、架空のロックバンド「スパイナルタップ」の80年代モキュメンタリーは、おバカ具合が愛らしい音楽映画。
ロックあるあるネタ満載でずっとクスクス。特にインタビューでのメンバー達の絶妙なおバカ具合といったら!ストーンヘンジには笑いが止まらなかった。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.9
東京なのにコーベドーム!超適当!

お下劣な歌詞とか、ステージ奈落で迷子とか、小っさいストーンヘンジとか、もうバカバカしいったらありゃしない。ずーっとゲラゲラ。
分かる人には分かるパロディは分からなくても全然問題なし。

実際に演奏しているだけじゃなく、劇中の楽曲は全てバンド主要メンバー役3人が作ってるというではないの!
BigBottomとかSexFarmとかきっと真剣に考えたに違いない。
くだらないけど心から尊敬する。


この作品で描かれた友情から、2年後にはあの名作「スタンドバイミー」に?
ロブライナー天才!

武蔵野館に飾ってあるアンプ、鑑賞後にもう一度見るべし。
moirai

moiraiの感想・評価

4.0
80年代ロックはリアルタイムじゃないけど十分楽しめた。
それと歌詞はしょーもないけど、ライブはなんかかっこいい。

星占いや人間関係のグダグダは「ベルベットゴールドマイン」など、好きなバンド系映画でもこんなシーンあったなって思い出したり。そっちも半笑いになりそうですが。

パンフは薄いけど、シーンの元ネタなどの解説も入ってます。
神

神の感想・評価

4.0
80年代HR/HMのかっこ悪さが前面に出まくりで愛おしい。ちっさいストーンヘンジも迷いすぎのステージ裏もおかしくて仕方ない。若い頃のロブ・ライナー初めてみた。
素数

素数の感想・評価

3.0
映画館で鑑賞。
80年代に制作された映画ですが、今回が日本の劇場初公開だとか。
とはいえ有名な映画なので見たことなくてもタイトルだけは知ってました。見たいと思ってたので、劇場公開ありがたい!!
「架空のロックバンドのツアードキュメンタリー」という知識だけで見始めたら、シュールでバカバカしい笑いにあふれた映画で終始半笑いで見てました。ロックバンドあるあるみたいなネタ集見てる感じ。
喧嘩別れしたボーカルとギタリストが仲直りしたシーン最高でした。
学生時代にバイトしてたビデオ屋のヘビメタヘアーの先輩にお薦めされたまま見るの忘れてましたが、なんと劇場公開とは驚いた!しかし、しっかり作ってあるよなあ。ちゃんとロックの変遷まで曲にしてあるんだから。ストーンヘンジてイギリスなのに、なんで格好が北欧なのさ
、いう細かいところまであってたのしめました。このあと実際にデビューしてるのもすごいですね。最後の神戸ライブシーンたぶん日本人いませんよね。
上映終了後にスペシャルゲストに伊藤政則氏が登場‼︎ひひひえ〜っ、あの口調変わらずで懐かしや懐かしや‼︎

日曜日に客先対応で仕事のオヤジ。向かう電車の中でフィルマを覗くと、なななんと、あなたがクリップした映画が上映開始と‼︎それも34年の歳月を超えての日本初上映‼︎

これは絶対に行かねばと仕事をサッサとこなし新宿武蔵野館に乗り込みました。

本作84年全米公開なんですが、国内の80年はハードロック、ヘビーメタルの黄金期であり、MTVも手伝い、洋楽の勢いたるや凄い時代で、ノスタルジー満タン状態。

輪をかけて驚くべきは、本作のメガホンがロブライナー監督であること。

そうです。スタンドバイミー、恋人たちの予感、アフューグッドマン、最高の…シリーズ等、名作を手掛けた名監督ですよ。

売れないハードロックバンドの日常やツアーを追う形式のモキュメンタリー。

名監督も若い時代は馬鹿馬鹿しい映画撮ったんですねー。新宿武蔵野館で7月上旬まで上映予定。80年代ロック好きな老若男女は是非劇場へ‼︎

⭐️教訓⭐️ベストヒットUSAとテレビ神奈川のミュージックトマトは、オヤジ世代の大切な宝物。
>|