悪太郎伝 悪い星の下でもの作品情報・感想・評価

悪太郎伝 悪い星の下でも1965年製作の映画)

製作国:

上映時間:98分

3.9

「悪太郎伝 悪い星の下でも」に投稿された感想・評価

出会って4秒で混浴に誘う野川由美子が素晴らしい。ごめん、4秒はちょっと盛った。
清順作の中でも正統な青春映画。放蕩親父と真面目息子の関係、乙女と悪女に揺れる恋、純情と狡猾の対決と、ドラマティックな対立が重なった脚本。それを軍鶏とケンカのモンタージュや森の中で傘が揺れるシーンで端正に映像化していく。暗い画面もどこか叙情的。前作『悪太郎』も観たかったなぁ。
ほし

ほしの感想・評価

3.5
親子版『悪太郎』か。これもいいが前の方が好き。
軍鶏とケンカのモンタージュが素晴らしくエイゼンシュテイン。
miai

miaiの感想・評価

3.0
野川由美子がなんかエロい…顎の肉が微妙にたれているところとか、丸みを帯びた鼻のかたちとか、前歯が少し汚れているように見えるところとか…男を誘惑し、噴水から温泉へと連れ込むところから明らかにこの映画が面白くなったような気がしたけど、気のせいなのか…?

ヤクザがやってくると聞きつけて、慌てふためく父母が家から逃げ出すところもよかったなあ、父が鶏を、母が樽のようなものを持ち出すのだけれど、その鶏がばたばたとはしゃぐので、最後のほうはそれが紙をぐちゃっと丸めたようにしかみえない…
野川由美子の温泉シーンが眼福すぎて昇天。

その前後の噴水といい、和泉雅子より野川絡みの場面の方が良い。