赤い天使の作品情報・感想・評価

「赤い天使」に投稿された感想・評価

げん

げんの感想・評価

-
『縛りあげて自由にしたいの』
と言っていたさくらは、
美徳に飢えていたのか。

最後の緊迫した状況の中での部屋の中は、
幻の如き美しさだった。
戦いを待つ朝までの時間経過と、一夜だけの愉楽とのクロスカッティングは、ただただ結末への道でしかない……。敵は見えないから、自国の兵を見つめ抜いていく。
Ning

Ningの感想・評価

4.0
主人公の名前は西さくらさん。
奇しくも桜の時期に見ることになった。
全てが、全てが生々しい映画。セリフは棒読みなんだけど…生々しいんだよ〜_:(´ཀ`」 ∠):
従軍看護師さくらさんのセリフ「自分が殺した…」
大規模な天災が起きたり、仕事で死に関わった時などに胸に浮かんでくる自責感を思い出した。

戦争と性の映画。
勇ましくて美しいだけの戦争映画なんてまっぴら

「戦場に心はいらない。快楽だけがあればいい」

負傷兵から摘出した弾丸に薬莢ついてるのはあるある

「靴!」
akikoishii

akikoishiiの感想・評価

4.0
全てのスタッフが戦争体験者だからこそ出るリアリティ、従軍慰安婦もどうだったか無言でわかる。体験者だからこそ作れる異常が普通の日常化する異常さ、戦地。
若尾文子さま演じる さくらという名の女性は陸軍病院に配属された従軍看護師。当然そこには毎日のように多くの負傷した兵士が続々と運び込まれてくる。兵士の怪我の手当てというより医師が有無を言わさず彼らの患部の腕や足をスパッと切断するという治療法が殆どだった‥‥。そんな環境に耐えなくてはならないさくら。その軍医の岡部(芦田伸介さま)もまた精神を病みながらの勤務の日々だった。
さらにさくらは入院中の兵士らから乱暴されたり院内のコレラの流行に直面したり負傷した兵士の一人をホテルに連れて行き望みを聞いてあげるはめになる等、精神面も身体もボロボロになりゆく中、同じ現場で働く軍医の岡部に恋心を抱き、それはやがて相思相愛になりお互いが支えとなりながらも過酷な毎日はさらに続いてゆく‥‥。

増村監督の作品とは知らずに大半を観てました。
グロテスクな光景の描写が続くのですがこの作品の場合モノクロであることによってそれらが薄められているように思います。
ただただ若尾文子さまがいつにも増して美しく、戦時下もなんのその しっかりメイクと眩しい白衣でまさに紅一点❗️の若尾さまの過酷な日々の物語なのでした。
buccimane

buccimaneの感想・評価

4.0
開始2分で偽患者に注意するよう言われるのがあっもう地獄なんだねと思うし開始5分で陵辱されるスピード感に呆気にとられる。
しかし3人のパートナーごとにシチュエーションやプレイ内容を変えてみせるの完全にAVの構成だな。反戦AV。
DVDのチャプター分けにもそれっぽいタイトル付けて欲しかった。
しかしだからこそ川津さんとの絡みの時に不自然の胸を隠してみせるのガックリくる。
久しぶりに観ていて気持ち悪くなって映画館から逃げ出したくなった。野戦病院の呻きと肢体切断のグロテスクはそれだけ力がこもっている。汗はたらたらかくし吐き気もしばらく止まらないし、僕の生理的にはとてもキツい映画。前半の残虐さの分だけ後半のエロティシズムが光るのか、上下関係が逆転して上官に「靴!」と命じるラストの軍医コスプレごっこはもちろん至福だったが、それ以上に両手を無くした男とのやりとりが好きでしたね。彼はほんとに幸せに死んだのだと思う。
ヤバい。
運び込まれる患者運び込まれる患者端から切断する軍医。ザクザクザクザク切って、ヤスリでガリガリ。コレラ蔓延、脱水症状、床に伏せって吐き続ける人々。ウオェッ…びしゃびしゃー。それにしても若尾文子、軍服似合うな…。性的不能も治してしまう死の天使若尾。

2018/02/04:新文芸坐
C

Cの感想・評価

4.7
すごい映画だなあ…戦争と生と死と性とラブコメ。
生きていてほしいと思って尽くしても絶望を感じさせてしまう。何が相手の為になるか分からないなら自分がしたいことをした方がいいのかな
>|