シュガーマン 奇跡に愛された男の作品情報・感想・評価・動画配信

シュガーマン 奇跡に愛された男2012年製作の映画)

Searching for Sugar Man

上映日:2013年03月16日

製作国:

上映時間:85分

3.8

あらすじ

「シュガーマン 奇跡に愛された男」に投稿された感想・評価

モキュメンタリーかと疑いたくなるくらい完璧なドキュメンタリー。シクスト・ロドリゲスの歌が本当に魅力的。
彼がひたすら歩き続ける映像を観ているだけでもなんだか惹かれる。趣深い人。
GreenT

GreenTの感想・評価

5.0
ドキュメンタリーなのにミステリーがあり、「この先どうなるの?!」とハラハラさせられます!

1970年代初頭の南アフリカで、絶大な人気を博したロドリゲスというアーティスト/ミュージシャンがいた。彼のアルバムは通算50万枚も売れ、「一家に一枚」ロドリゲスのアルバムはあったし、どのパーティに行っても、ロドリゲスの曲がかからないことはなかった。

彼の音楽がなぜそんなに南アフリカの若者に刺さったかと言うと、当時の南アは、1950年代から続く人種隔離政策(アパルトヘイト)が頂点に達し、反対運動と政府の弾圧、センサーシップなどで混乱した状態だった。しかもこの政策は世界各国から非難され、オリンピックから除外されるなど、全世界から孤立していた。

こんな時期に青春時代を過ごした若者たちにとても同情するのですが、彼らはロドリゲスの歌詞を聞いて初めて

「あ、政府に怒っていいんだ!現在の状況をただ受け入れなくていいんだ!」と気が付いたんだそうです。

その後、ロドリゲスの影響を受けたバンドがたくさん登場し、若者たちが初めて声を持った瞬間だったそうです。

こういう熱い想いにちょっと涙ぐんでしまいました。本来、若者のカルチャーってのはこうあるべきなのに、現在は本当に「ヤラセ」の消費カルチャーばかり。

しかし、ロドリゲスはアメリカのミュージシャンであること以外、全く情報が入ってこない。情報規制も理由なんだろうが、それでも他の欧米のミュージシャンたちの情報は入ってくる。

ファンたちは、歌詞を分析したり、所属レーベルを追跡したりするのですが、1990年代に入るまで謎のまま。

ロドリゲスを知る人達を追って、カメラは南アのケープタウン、アメリカのデトロイト、LAなどなど、様々なところに行くのですが、映像も素晴らしいんです。私は通常、ドキュメンタリーって退屈しちゃうのですが、このシネマトグラフィーの素晴らしさ、ドキドキさせるミステリー、そして本物のアーティストとはどういうものなのか?というメッセージがあり、泣かされます。

ネタバレはコメント欄で!
atto

attoの感想・評価

3.7
まさかのノンフィクションの名作を発見。
searching for sugarman。
何も期待せずに流しながら見始めたのが最後。
スーパースターがスーパースターである事を知らない事ってあるんだ・・・

後半は"I wander"と歌詞が流れる度に涙してた。

I wander

さぁさまよい歩こう。
アトミ

アトミの感想・評価

4.4
実力、才能、努力だけではうまくいかない。
訳では無い。
それらが無くてもうまくいってる人間がいる。
何かが足りないからでもない。足りなくともうまくいってる人間がいる。

この様な「ボタンの掛け違い」的な事は大なり小なり、人間の数だけあるだろう。

なるようにしかならない。

彼はそこで生きていた。
カッコイイね。
asumi

asumiの感想・評価

3.6
素晴らしいドキュメンタリーを観れて幸せ。題材がよくて人もよくて、曲も良いと言う。緩やかながらも熱いリスペクトが伝わる全体の雰囲気とか含め、とても好きになるよこれは!という映画。
Lynx

Lynxの感想・評価

3.0
映画評論界隈で一時期評判になっていたので観たが、自分はあまり得意ではないジャンルだった
dio

dioの感想・評価

5.0
番外編その26。

凄い男。悟りを開いちゃってる。仙人のよう。
netwalker

netwalkerの感想・評価

5.0
世にも奇妙な現代の実話。
売れたレコードの枚数が6枚。
終わり。のはずが。
なによりも魅力的なのは主人公のキャラクター。
不動で達観した姿勢。
恐ろしくダイナミックな状況になるのに日常生活はそのまま。
Nana

Nanaの感想・評価

4.2
この作品だけで数ある賞を受賞した監督が30代で自殺した事などミステリアスな雰囲気で何度も見てしまう映画

アメリカ本土では全く売れなかったアルバムが海賊版で南アフリカでヒット 南アではストーンズより有名なロドリゲス 南アでは自殺したと噂されていた彼を探すドキュメンタリー

最初は映画館で見てシュガーマンの哀愁ある曲にハマりアルバムを買って再度鑑賞 ドキュメンタリーながらアニメーションを使ったりロドリゲスの登場、ライブシーンの盛り上がりに感動した
そしてテレビでやっていたのを録画してたまに見るんだけど、大観衆を前にしてもデトロイトを歩いてる時も決してブレないロドリゲスの生き方が素敵だと思う 多くを語らないから、それぞれのベクトルでいろいろ考えさせるロドリゲスもこの映画も本当にかっこいい
MTGSZK

MTGSZKの感想・評価

4.2
アメリカでは無名のシンガーが南アフリカではエルビス以上の大スターだったという実話のドキュメンタリー。何よりロドリゲスさんの人間性の素晴らしさが起こした奇跡なんじゃないだろうか、それぐらい人として素晴らしすぎて。
>|

似ている作品