アンナ・カレーニナの作品情報・感想・評価

「アンナ・カレーニナ」に投稿された感想・評価

●'98 7/?〜 名画座上映
(初公開: '98 4/11〜)
配給: ギャガ=ヒューマックス
ワイド(PANAVISION/シネスコ) DOLBY
国内: DOLBY SR
7/16 14:45→14:25〜 下高井戸シネマにて観賞
フィルム上映 ドルビーA映写
パンフ購入

同時上映:
「十二夜」
※mixiから転載

ネチッネチのギトッギト。昼メロなみ。
美しさはたまに罪ねぇ。いやぁ罪だ。
オープンすぎる不倫関係にちょっと尊敬。笑
愛を貫き通せるって素晴らしい。
けど美しい物ほど長くは続かないってか。
ハッピーエンドな映画が好きだけど
これはこれで納得のいく作品でした。

2007年05月02日 16:04
これ観てチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲好きになってくれたらいいんだよ
さき

さきの感想・評価

3.0
トルストイ原作の物語。非常に美しく描かれている。キラー・ナイトレイ版よりもこっちがお気に入り。
なんといってもソフィー・マルソーが美しすぎる。
Machy

Machyの感想・評価

3.2
色んな女優さんがアンナ・カレーニナを演じていますが、私は大好きなソフィー・マルソーのを観ました。有名な話なので観ることをオススメしますし、どれを観るかは女優さんで選ぶのもいいと思います。
2013.3.18
ソフィー・マルソー様が美しい。ただそれだけ。
名作を映画化して成功した例はあまりないのではないか。

この作品も決して悪くないのだが、、、
のん

のんの感想・評価

3.0

なんと言ってもソフィ・マルソー。
美しいなぁ~(*´∀`)
saki

sakiの感想・評価

3.0
トルストイ原作の物語。非常に美しく描かれてる。キラー・ナイトレイ版の方よりもこっちがお気に入り。
なんといってもソフィー・マルソーが美しすぎる。

このレビューはネタバレを含みます

ソフィー・マルソーがキレイだったなあ。ただ、内容としては何度も映画や舞台になっているのだからとても感慨深い内容なのかと思いきや、不倫の末にヤク中で嫉妬深い気の狂った女の話ってだけで全然面白くなかったな。だいたい2組の夫婦が描かれているが関係ありそうで全然別の軸で話が進んでいるのでうっとおしいし。アンナ自殺後の十数分で音楽も含めてステキな映画に仕上げたって感じ…

2013/10/18 録画
>|