ゲルニカの木の作品情報・感想・評価

「ゲルニカの木」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

アラバールのスペイン村の乱

1975年作品、イタリア、フランス作品。
フェルナンドアラバール脚本監督。



欧州のカルトキング、アレハンドロホドルフスキー。彼にインスピレーションを与えたと言われ、そんな監督いるの?と思っていたらなぜか地元中古屋で怪しい数売っていたアラバール。すぐさま全て購入、鑑賞に至る。

特に処女作の「死よ、万歳」はかなり好きな作品になった。息子と母物語に強引な痛み、残酷を入れ込んだ作品で気持の悪い、かつ情感べったりした素晴らしさがあった。(スコア4、5に昇格)

令和3年に入りようやく棚から1枚つかみ気になったアラバール最終作。とある4月のある日見てみた。




んー!最初いいかんじだったんだけど、私の中では、いつ残酷、いつエログロを期待していたが、なんか少なめ。台詞はいつになく硬い。

冒頭綺麗なヒロインがポニーに乗って登場。ジャケット写真のヒロイン、マリアンジェラメラート。

マリアンジェラさんが綺麗。んでやっぱり調べて気になってくる「流されて」サントラが名盤の「流されて」。音楽ピエロピッチオーニ。

共産主義やら、キリスト教やら、共和制やら、うわあ社会派な感じを出してる。

多分スペインの戦争を描いているんだろうなあと。爆発を沢山、戦争っぽく描きはじめてるが、予算が少ないんでまことに半端な感じ。むだに画面に人を左右上下に群れさせてるが、半端感極まる。

Wikipediaみると題名の「ゲルニカの木」は実在するみたい。戦争を越えて倒れない木みたいな存在のようだ。

だけど多分なんかスペインの内戦、かったー、とか本当になんだか伝わらず。エログロもなんかかなりのとってつけた感。

グロ、ミイラ、精子入りワイン、拷問、闘牛的殺人、小さい人、セックスetc

戦争が真面目な感じでボッカンボッカン。死体並べて表現。

見終えるとこれで作品が撮れなくなるなったアラバール。なんかその理由がわかった気がする。



さて
アラバールの戦争
アラバールファンのみどうぞ!

フィルマ版追記
1位「死よ、万歳」
2位「クレージーホース」
、、、
12位「ゲルニカの木」
という感じの順位。ゲルニカの木結構、期待値上がってたんですよ。自分の中で。んで、蓋開けたら、あー、これで映画撮れなくなったのね!ってわかる作品になってましたね。やー残念だなー。

クレージーホースでいいかんじじゃーん!と思ってたんだけど。

ここで戦争、社会派にいきますかー!みたいな感じで知的をまとった感じになって駄目になった感じが濃厚に見ながら感じましたねー。アラバール全部見て、ちょっとすっきりしました。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
「ゲルニカの木」

冒頭、ここはラミロ村。内戦時のスペインはファシスト反乱軍が全土を制覇、旗を持つ少女たちの登場、大空襲、包囲、カーニバル、処刑、徹底抗戦と一人の女。今、自由意志を貫く女の物語が始まる…本作フェルナンド・アラバール監督が1975年にフランスとイタリアで監督した映画で、この度彼の初期作品集3枚組のDVDパッケージを購入して初鑑賞したがどれも凄すぎる。本作に限っては非常にマニアックな映画である。男の〇〇を燃やしたり、グロテスクな描写ありで今ではクレーム満載のタブーな演出ばかりをしている。この監督神への愛情が半端ない。クライマックスの日の丸(夕日)のショットで終わるエンディングロールは余韻が残る。

さて、物語は内戦時のスペイン。ファシスト反乱軍がスペインのほぼ全土を制圧する中、ゲルニカに近いラミロ村もファシスト軍に包囲された。そんなラミロ村に、ゲルニカ大空襲を逃れた1人の女がやってきた。彼女は村人たちを鼓舞し、徹底抗戦を呼びかける。激しい戦闘が続き村人たちも善戦するが、ついに村はファシスト軍の手に落ちる。そして村人たちは、次々に処刑にかけられるのであった…と簡単に説明するとこんな感じで、フランスの伝説的な前衛芸術集団パニック運動創始者の1人にして寺山修司にも影響与えた劇作家として日本でもカルト的な人気を持ち、有名なのだが、今回は映画監督のアレハンドロホドロフスキーの盟友と言うことで知って非常に興味深く感じ手をつけた。そうしたら唯一無二の映像世界を堪能できた。

注意書きには15歳未満の方が、ご鑑賞いただくには一部に不適切な内容が含まれています。また作品の上映上ショッキングな描写が含まれております。15歳以上の方であっても、ご鑑賞はお客様ご自身のご判断でお願いいたしますと言う謳い文句があり、なおさら気になる。トータル上映時間274分の3本が今回垣間見れて非常に良い経験になった。今回は無修正版と言うことでデストリップフィルムから発売されている。またその発売元の名前もものすごいインパクトがある。

冒頭の数名の少女たちが旗を持って画面の方へ向かってくるファースト・ショットから魅力的である。続いてロバに日傘をさして乗っている謎の女性の妖艶な容姿と目力に圧倒されながらも、彼女がこの映画のキーパーソンになることを知る。素っ裸の子供たちが耳のオブジェを担いで荒野を渡るシーンや、小人が女とセックスする場面を映す場面の強力なクロスカットがすごくて、またオペラが流れるのもやみつきになる。少年の声で物語が語られる場面で、空襲を再現するオブジェの下りがあるのだがそこが面白い。他がすべて燃えているのにゲルニカの木だけは無事に残っている(オブジェの)。そこからカーニバルで踊っている女性のスローモーション映像に切り替わる。

中々、風変わりな作品でどう評価していいか少し難しい。ただホドロフスキーが好きな人は見れるんじゃないだろうか。
natsuko

natsukoの感想・評価

3.7
超マニアック作品笑
やっと私がmarkして50人いったっぽい笑
ホドロフスキーとマブダチのフェルナンドアラバール作品。

ファシスト軍に侵略されつつあるラミロ村が舞台。
近くの村ゲルニカでの激戦を逃れた女性バンダールが指揮をとり抵抗するんだけど、、、
もー残忍極まりない。
処刑の仕方が非人道的で。
闘牛に見せかけての小人の処刑は目を背けてしまう。

日本ではあまり知られていないのかもしれないが、派手な戦争映画でスケールも大きい!
主人公の女性バンダールがカッコイイ!
ラストシーン美しい。
キリスト批判なのかわからんがそういうシーンがあったり、ホドロフスキーぽさめちゃくちゃあるんだけど全然こちらのがストーリー追いつけて観やすい。
あとは、ファシズムお勉強しないとな。

DVDを入手しないと試聴困難な作品かと思う、恐らく今後もサブスクには登場しなさそう笑
下っ端

下っ端の感想・評価

3.7
常に心を穏やかに保つと同時に情熱を失ってはいけない
太陽も死も直視することはできない
己を愛することができない者は、隣人も愛せない。
手拍子のずれ(おばちゃん)
mizutama

mizutamaの感想・評価

4.1
三作品の中でこれが一番まともに見れたかな。スペイン内戦でのゲルニカ空爆。
ミク

ミクの感想・評価

5.0
股間に膝蹴りを一撃、血走る目は希望と言う名の怒りを身に纏い、負傷した愛する男を抱え太陽の光に包まれる。荒いけど美しい。スペイン内戦の残虐さを過激に過剰に、そして思わずオーマイガーと言ってしまうぐらいに滑稽に。反ファシズムでありアンチ・キリストで、混乱しましたがAmazonに詳しくレビュー書いてる方がいて納得。名作。
kdrni

kdrniの感想・評価

-
視覚からだけでなく、直接心臓の奥までくるような胸糞オンパレード(特に後半にかけて)だったが最後は少し美しい、といった感じ
D

Dの感想・評価

-
自由意志を貫く映画No.1。
センスフルなスコア、衝撃的なイメージ映像の数々、名言のオンパレード。ホドロフスキーの盟友アラバール監督作。1937年、スペイン内戦時のゲルニカ空爆はピカソの「ゲルニカ」の題材にもなっている無差別殺戮。その空爆の被害を免れた「ゲルニカの木」は反戦と決して屈することのない自由の象徴として描かれる。
希望は永遠に生き続ける。と、スペイン内戦を重厚に描く壮大感に、平然と、蛇と蹴りで、いい所ついてくる作家性が好き。ロバに美女に傘のショットの、不思議な美しさ。
pika

pikaの感想・評価

3.5
ホドロフスキーの盟友アラバールを初鑑賞。
スペイン内戦をテーマにわかりやすいシンプルなストーリーで進みながらエッジの効いたシュールで強烈な映像が非常に個性的。

男女の出会いも絡めたドラマチックな展開が多く、戦争映画でありながらエンタメ要素も強い。
そんな中ファシスト側の父親に反抗する息子がワインに射精して「俺に飲ませたものと同じものを飲んでもらう」と比喩ったり、フェリーニみたいに現実世界で夢を見るというような幻想映像をシュールに表現したり、闘牛に見立てた処刑など、表現が独特で強烈。
生々しい戦場もホドロフスキーと同じく安っぽく偽物丸出しな演出だからこそ魅力になっていて、凄惨な姿で表現するではなく人々の意思や感情で戦争を表現しているところが素晴らしい。
>|