SPINNING KITE スピニング カイトの作品情報・感想・評価

『SPINNING KITE スピニング カイト』に投稿された感想・評価

中村倫也さんが若い‼️バンドものは何かしらダメ人間に描かれたりするけど、様々な事情があってバンドを辞めなければいけなかったりその後色々ありながらも懸命に生きてる姿を描いてるのがいい‼️
おじさんが作りたい青春ものって感じ

中村倫也が若いけど演技はこの頃からあんまり変わってない。

共感できるシーンが一個もなかったしよくあるストーリーだけどなんとなく観れた、、、なんでだろ??
つよ

つよの感想・評価

2.0
バンドをやる若者たち。
それぞれプライベートでも色々あり。
B級感。中村倫也が若い。
ライブの事を「発表会」というおばちゃん笑った。
もち

もちの感想・評価

3.3
こういう等身大な感じの映画は、なんか匂いを感じるというか、良いよね。
私に映画評みたいなことは出来ないけど、カメラの手ブレ感とか、モノラル感とか好き。そして総じて倫也くん可愛い。

その昔、映画にそこまで詳しくもないのに、友達とBOX東中野とかまで、単館上映の映画とか観に行っちゃってた頃の、なんていうかくすぐったさみたいなの、思い出した。
なんも無いけど、なんかしたい、みたいな、若さ。懐かしいね。

こういうの観ると、映画撮りたい、とか、映像の仕事したい、とか、なんか、思わされるよね。そういう、普通に大きな映画館とかで大々的に上映される映画にはない、親近感、みたいな。

あの頃、もっとたくさん映画を観ていたかったなぁ……みたいな。

友達に会いたくなった。笑
kassy

kassyの感想・評価

3.0
アクアラインができる前の1996年の木更津を舞台に、未来を掴もうともがく若者たちを描く青春ドラマ。若く未熟な若者でも、色々な事がおこり前に進まなければならない。その葛藤が伝わってきます。
703

703の感想・評価

2.5
TVKでやってた。

ありがちな青春バンドムービー。
ジャンルがパンクなのはいいね(笑)←好きなの


自分はあーいう「バンドやろうぜ」世代ど真ん中の人なので普通にあった光景。いつまでも大人にならずに好きな事やってられりゃそりゃ楽しいかもだけどいつかは現実を見なきゃならないっていうね。

っていうか、カバーするのラフィンなのか(笑)

新宿東口のあのゲリラライブ、今考えるとすげーなー。見てないけど!


そんな事を思い出させるお話でした。
michi

michiの感想・評価

2.0
金髪の中村倫也はかっこよかったので、ファンの人は見たほうがいい。けど、それ以外にはあんまり特筆すべきものはなかったかな…。
特に全体的にカメラ回しがわざとらしくて見てて辛かった。詳しくないのであんまり偉そうなこと言えないけど、なんかわざとらしいというか、なんとなくさむかった。
久々に木更津キャッツアイ見ようかな。
nisui

nisuiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

海ほたる開通に向けた工事が進む1996年の木更津で現状にあえぐバンドマンたちの話。映像はVシネクオリティ。
マジレンジャーの蒔人兄ちゃんの中の人目当てで。なかなかシブいバンドマンっぷりでした。クレジットにベースだけコーチ入ってなくてさすが。
1996年の時点では「今どきパンクバンドなんて流行らないしバンドもどんどん減っている」と描かれていたけれど、1997年にハイスタが大ブレイクしてメロコアブームが巻き起こり後の青春パンクブームにも繋がるし、更にその数年後には木更津出身を標榜する氣志團が全国区となるんだから事実は小説より奇なり。
自分の意志だけじゃどうにもならないことで変わらざるをえない仲間たちに比べると家庭不和はあれど予備校に通わせてもらえてる主人公の境遇なんて全然マシじゃん?
10年後の再結成にキドがちゃんといたのがよかった。ラフィンの曲なら間違いないけどオリジナル曲があると明言してるのに披露されなかったのが残念。
あきら

あきらの感想・評価

5.0
カイト→凧
スピニングカイト→回転する凧と言う意味

中村倫也さん繋がりの関係で視聴。
僕らの青春はまるで凧のようだっていうのをやりたいんだという気持ちは分かるが木更津をテーマに青春っていうと、氣志團であったり木更津キャッツアイであったりするので、それとは全く別の感じ、もしくはリスペクトの意味も込めてオマージュとかがふんだんに散りばめていただきたかった。超個人的な意見です。
Yuka

Yukaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

あれ?!キド生きてたの?????!

それ以外はすごく素敵だったなあ
最初10分くらいは、B級映画だ、見るのやめよって思ったのに気づいたら最後まで見てたし、すごいよかった(笑)
タコと人生重ね合わせてるのも、一人一人抱えてることがあったのも、必死で生きてるんだなって思った

その中で立ち止まってしまう、自分だけ置いていかれてしまう、でも痛いほどわかった、、、

青春だよな、いっぱい悩んで躓いて、大人になっていくんだ

そう、そして木更津ってなんでこんな青春感じるんだろう笑笑
>|

あなたにおすすめの記事