ボヴァリー夫人とパン屋の作品情報・感想・評価

ボヴァリー夫人とパン屋2014年製作の映画)

Gemma Bovery

上映日:2015年07月11日

製作国:

上映時間:99分

3.5

あらすじ

パリから故郷、ノルマンディーの美しい村に戻り、父親のパン屋を継いだマルタン。毎日の単調な生活の中で、文学だけが想像の友、とりわけ、ぼろぼろになるまで読みふけっているのは、ここノルマンディーを舞台にしたフロベールの『ボヴァリー夫人』。そんなある日、隣の農場にイギリス人のチャーリーとジェマ・ボヴァリー夫妻が引っ越してくる。マルタンは、自分の作ったパン・ド・カンパーニュを官能的に頬張るジェマに魅了され…

パリから故郷、ノルマンディーの美しい村に戻り、父親のパン屋を継いだマルタン。毎日の単調な生活の中で、文学だけが想像の友、とりわけ、ぼろぼろになるまで読みふけっているのは、ここノルマンディーを舞台にしたフロベールの『ボヴァリー夫人』。そんなある日、隣の農場にイギリス人のチャーリーとジェマ・ボヴァリー夫妻が引っ越してくる。マルタンは、自分の作ったパン・ド・カンパーニュを官能的に頬張るジェマに魅了され、日々、彼女から目が離せない。ところがジェマが年下の男と不倫するのを目撃したマルタンは、このままではジェマが“ボヴァリー夫人と同じ運命を辿るのではないか?”と、頭の中で小説と現実が入り交じった妄想が膨らみ・・・。

「ボヴァリー夫人とパン屋」に投稿された感想・評価

いわた

いわたの感想・評価

2.8
映像は綺麗だったけど脚本に面白みが無い。近所に越してきた‘ボヴァリー夫人’が偶然にも「ボヴァリー夫人」と同じ末路を辿っていくという話。パン屋はその本の愛読家で、小説のボヴァリー夫人と重ねながら彼女の行く末を観察する。ややコミカルなラストが少し残念。
Niles Schneiderが出てたのは私にとって嬉しいサプライズだった。
Ryo

Ryoの感想・評価

3.0
まさかのラストに、それは……ありなのか?と思ったけど、なかなか面白かった。
モアイ

モアイの感想・評価

3.8
思っていた以上にコミカルで、ラストのオチも好きです😄
主人公と同じ名前の主演女優さんにメロメロになりました☆
MegmiTanak

MegmiTanakの感想・評価

2.7
コートを脱げばランジェリー・・・女性の方が「不倫を愉しみ」始めたとき、二人の関係に暗い影を落とす。本気になったらゲームは終わり。。

イケメンNiels Schneider。彼は『胸騒ぎの恋人』の彼だったのか。『最強のふたり』のオマール・シーに会ったら確実に"モップ頭"って言われるね
途中まで良かったのに、空中分解すごかった笑
たろう

たろうの感想・評価

3.7
171108
ボヴァリーって語感がいいね
M

Mの感想・評価

3.0
ノルマンディーの田舎の風景とてもよかった、主人公の目を通して追っていくストーリーの流れ方すごい良い。
なつ

なつの感想・評価

2.5
ボヴァリー夫人ともアンナ・カレーニナとも何の関係もなかった。
パン生地に髪の毛が入らないかとヒヤヒヤした。あんな親父の作るパンは食べたくないわ...。
結局のところ、オープニングの発酵したパン生地がぽわっと出てくる場面だけが素晴らしかったという印象。コメディというよりホラー。

明日『夜明けの祈り』を観に行こうかと思って、監督の作風を知りたいと思い観ましたが、想像の上を行くがっかりだったので『夜明けの...』はソフト化されてからにしよう。
こむぎ

こむぎの感想・評価

3.3
うーん、思っていたのとは違ったけれどボヴァリー夫人の作品をもっと観たくなった。
フランス映画だなあと感じる一本。
パンを作るシーンはとっても美味しそうだし街並みも綺麗!ちょっとコメディも入ってて、ゆったり観るにはいい映画だった。

あと、音楽が好みだった。
イシ

イシの感想・評価

-
狂ったようにいろんな人と付き合ってしまうファムファタールボヴァリー夫人に見向きもせんと狂ったようにパン作りを愛してしまったパン職人のおじちゃんの話
……だったら、あのパンの美味しそうな描写がフランス映画のエスプリをきかせている女性監督の撮る映画としてのショットをカット割りがシークエンスとして演出する至上のキャメラが最高すぎてメルヴィル・ブルーすら思わせた上にフレンチノワールサスペンスの50年代のインスピレーションがまさに意味不明で

いえーい

『夜明けの祈り』がちゃんと見れたのはなんでだったんだろうなあ。。。
>|