ボヴァリー夫人とパン屋の作品情報・感想・評価

ボヴァリー夫人とパン屋2014年製作の映画)

Gemma Bovery

上映日:2015年07月11日

製作国:

上映時間:99分

3.4

あらすじ

パリから故郷、ノルマンディーの美しい村に戻り、父親のパン屋を継いだマルタン。毎日の単調な生活の中で、文学だけが想像の友、とりわけ、ぼろぼろになるまで読みふけっているのは、ここノルマンディーを舞台にしたフロベールの『ボヴァリー夫人』。そんなある日、隣の農場にイギリス人のチャーリーとジェマ・ボヴァリー夫妻が引っ越してくる。マルタンは、自分の作ったパン・ド・カンパーニュを官能的に頬張るジェマに魅了され…

パリから故郷、ノルマンディーの美しい村に戻り、父親のパン屋を継いだマルタン。毎日の単調な生活の中で、文学だけが想像の友、とりわけ、ぼろぼろになるまで読みふけっているのは、ここノルマンディーを舞台にしたフロベールの『ボヴァリー夫人』。そんなある日、隣の農場にイギリス人のチャーリーとジェマ・ボヴァリー夫妻が引っ越してくる。マルタンは、自分の作ったパン・ド・カンパーニュを官能的に頬張るジェマに魅了され、日々、彼女から目が離せない。ところがジェマが年下の男と不倫するのを目撃したマルタンは、このままではジェマが“ボヴァリー夫人と同じ運命を辿るのではないか?”と、頭の中で小説と現実が入り交じった妄想が膨らみ・・・。

「ボヴァリー夫人とパン屋」に投稿された感想・評価

フランス映画祭で見逃したやつ、やっと観れた

ボヴァリー夫人を知ってれば、なんとなく展開は予想つく

パン屋のおやじさんが結構好き笑
ほとんど開店休業状態のパン屋のおっちゃん。もっと官能的に夫人もパンもコネコネしてくれるもんと思ってただけに残念。最後の息子の冷や水浴びせっぷりには感心したが。
ゆり

ゆりの感想・評価

3.9
フランス映画のわりには好きだった
ラストがふわっと終わらないからかな
全体的におしゃれっぽいし
marieru

marieruの感想・評価

3.5
官能的でなかなかかわいい作品。
ジェマはかわいいのはもちろん、出てくるメンズ達が愛おしいかわいさ。

フランス映画は必ず眠くなるので途中ウトウトしちゃったけど、エンディングまで好きだ。
seira

seiraの感想・評価

3.3
淡々と物語が進んでいくのに、引き込まれるところがフランス作品らしい。
好みは分かれる作品だけど、私は好きかな。
文学的で官能的で少しお茶目で、最後は色々と裏切られる(笑)
サントラが素敵だと思った。
ジャンルが恋愛映画になってたけど、これは恋愛映画と言っていいのかな。。。
ですがまあ普通の恋愛映画よりは楽しめました。
フランスのノルマンディーの景色もよかったです。それから個人的にフランス語は流れるような話し方なので聴いていて気持ちがいいですね。
フランスのパンはどれも美味しそうです。お腹がすいてきました。
Tikiboko

Tikibokoの感想・評価

3.5
最後のオチが予想外だったけど、後味はそこまで悪くはないと思った。パン屋の視点から見たジェマが艶かしくて美しい。
サントラが気になる。
macco

maccoの感想・評価

-
マルタン気持ち悪くて嫌い
けど
マルタンの息子はラストいい事をする
kurara

kuraraの感想・評価

3.0
好きだなぁこれ。
ブラックコメディ満載で。ラスト15分のシュールさ。
KR

KRの感想・評価

2.0
ノルマンディーの田舎でパン屋を営む熟年夫婦。イギリスからボヴァリー夫婦が越してくる。『ボヴァリー夫人』が大好きな主人公はそれに運命めいたものを感じ、若い夫人の虜になってしまう。

『ボヴァリー夫人』は設定の元にこそなっているが、それが好きな人が観るべきとも思わない。知らない人が観て支障ない。

冒頭、このストーリーがどういう結末を迎えるかが示される。何やら悲劇的な結末らしい。
しかしストーリーは度々恋愛マンガのようなハプニングが起きて興覚めし、なかなか感情移入できない。ワンピースのなかに蜂が入ってきて脱がせなくてはならないとか、彼女の胸元にくぎ付けになってしまうとか。

マルタンと恋愛関係になるのかと思いきやそうではなく、観察に徹し、彼女を『ボヴァリー夫人』のような悲劇に合わせたくないという思いで、夫人とそれにいい寄る男たちとの関係を思い通りにコントロールしようとするように。

ヒ素はダメだ、死を招く、と何度も繰り返される。それが伏線かのように見えるが、そうはならない。が、それが何だと言うのだろうか。死因が違おうと別に物語を劇的にするわけでも面白くするわけでもない。

ラストに息子がつく嘘はちょっと面白い。村に雪が降り積もり、コメディチックなエンディング。

イギリスから来たセレブ夫人は、一見良さそうな人に見えたが、玄関をイタリア式と日本式のミックスにしたいという注文がいかにもだと思った。ただのご近所さんに、ぜい肉がついてるわよとは余計なお世話過ぎる。田舎の密な人間関係は面倒そうだ。「田舎暮らしは快適だと思われるがめげない精神力が必要だ」という台詞が印象的。

ヒロインの人格の掘り下げが少ないと感じていたが、そういう死因なら確かに掘り下げはあまり必要ない。三人の男が大きく関わってはいるが、単にアクシデントでしかない。

食品を取り扱う環境のラフさには驚き。美味しそうではある。クロワッサンは時間が経ってもカリカリ。

自然の美しさと音楽は良かった。
>|