ボヴァリー夫人とパン屋の作品情報・感想・評価

ボヴァリー夫人とパン屋2014年製作の映画)

Gemma Bovery

上映日:2015年07月11日

製作国:

上映時間:99分

3.5

あらすじ

パリから故郷、ノルマンディーの美しい村に戻り、父親のパン屋を継いだマルタン。毎日の単調な生活の中で、文学だけが想像の友、とりわけ、ぼろぼろになるまで読みふけっているのは、ここノルマンディーを舞台にしたフロベールの『ボヴァリー夫人』。そんなある日、隣の農場にイギリス人のチャーリーとジェマ・ボヴァリー夫妻が引っ越してくる。マルタンは、自分の作ったパン・ド・カンパーニュを官能的に頬張るジェマに魅了され…

パリから故郷、ノルマンディーの美しい村に戻り、父親のパン屋を継いだマルタン。毎日の単調な生活の中で、文学だけが想像の友、とりわけ、ぼろぼろになるまで読みふけっているのは、ここノルマンディーを舞台にしたフロベールの『ボヴァリー夫人』。そんなある日、隣の農場にイギリス人のチャーリーとジェマ・ボヴァリー夫妻が引っ越してくる。マルタンは、自分の作ったパン・ド・カンパーニュを官能的に頬張るジェマに魅了され、日々、彼女から目が離せない。ところがジェマが年下の男と不倫するのを目撃したマルタンは、このままではジェマが“ボヴァリー夫人と同じ運命を辿るのではないか?”と、頭の中で小説と現実が入り交じった妄想が膨らみ・・・。

「ボヴァリー夫人とパン屋」に投稿された感想・評価

Barolo

Baroloの感想・評価

3.6
フィルマ先輩の、miyuさん、minamimiさんの、ダブルmレディースから、ジェマ・アータートンに恋い焦がれてるなら、これを観るんぢゃよ、たわけ者が!!と折檻されて慌てて観させて頂きました。

主人公のマルタンは元編集者で文学かぶれの変わり者。結局、都会の生活に夢破れて、故郷のノルマンディーに家族と共に戻ってきて、パン屋を営んでいる。フローベールの「ヴォバリー夫人」が愛読書で、愛犬の名前を、フローベールにちなんでギュスと名付けているほど(フロっちの、ファーストネームは、ギュスターブっす)

隣に引っ越してきた夫婦の姓がなんと、ヴォバリー。マルタンは、ヴォバリー夫人(ジェマ・アータートン)に一目惚れてしまう。さてさて、この場違いな恋の行方は???

ジェマ・アータートンは、典型的なイギリス女性の体型で、いわゆるペアシェイプ(洋梨型)。イギリス女性に多いんですが、みなさんちっとも気にすることなく、「安産型なのよー」などと仰ってる。わらすは、体型なんて気にしませーん。アータートンは、凄い美人じゃないけど、不思議な雰囲気のある女性で、わらすはファンでごわす。

残念ながら劇中ではその魅力をあますところなく伝えきれてないようですが、ノルマンディーは風光明媚なところです。一度ドライブしながら回ったことがあって、感慨深いところでしたわん。洒脱な画家、ラウル・デュフィーの故郷、オンフルール、城壁都市サンマロ、奇岩のあるエトルタ。りんごの産地で、発泡酒のシードルに、蒸留酒のカルバドスが有名。年代物のカルバドスは、上物のアルマニャックと互角のおいしさ。カルバドスで洗ったウォッシュチーズ、ポン・レヴェックと合わせると、最高のディジェスティフになります。

これを観て、横溝正史の推理小説の傑作、「獄門島」を思い出してしまったのは、その小説を読んだことのある人ならわかるでしょう。

19世紀当時、「ヴォバリー夫人」は公序良俗を害するとして裁判になるほど物議を醸しました。その裁判中、フローベールは、「私こそがヴォバリー夫人なのだ」と、のたまわったという逸話が有名です。今となっては、大した話ではないんですが、当時としてはそれはもう、モラル的にセンセーショナルだったようですね。昔、一読して、かなり退屈だった覚えが・・・(ファンの方、ごぺんなさい)

ジェマが飼っているワンコのキャリントンが可愛くて、思わず、「ニャーって鳴いてごらん」と声をかけたくなりました。キャリントンって、イギリス人で女流前衛画家のレオノーラ・キャリントンから名付けたのかしらん?ジェマも絵描きだし?メスだし?

フレンチエスプリの効いた作品で、クスクス笑えます。わらすには、チト、パンチ不足だったようで・・・。アータートンの魅力は素晴らしいですが、映画全体としては、コムシ・コムサな感じで御座いました。
あおい

あおいの感想・評価

3.8
ジャケットみて勝手にオドレイ・トトゥだと思ってたら、ふつうに別の人だった
ボヴァリー夫人、鎖骨が綺麗〜〜
いつもお洒落だし、部屋着まで可愛い🍀
お洒落だし不倫、浮気...ってフランス映画感満載。
激しかった笑
パリとか都会じゃなかったけど、流石田舎でもお洒落だった🇫🇷👱🏻‍♀️
ラスト衝撃的だったなぁ
本当のラストは面白かった笑
思ってた感じとは違ったけど、お洒落だし面白いし好きな映画でした。
犬可愛かった
Ki7665

Ki7665の感想・評価

2.7
目力がすごい。視線と間をうまく使って表現している。
パン屋さんは結局監督さんみたいですね。
eedays

eedaysの感想・評価

3.5
言いにくいですが、パン屋さんは、みんなこんなことを考えながら、パンを焼いているんですか? 

このレビューはネタバレを含みます

小説の主人公と同じ苗字だからって、なんでもかんでもなぞらえ過ぎなパン屋さん。最後の方は、なんじゃこりゃ?!って思ったw
そんな死に方、映画っぽくない。3人の男たちに殺されたとも取れるし…。なんであんな死に方にしたのかw
アーティスティックなフランス映画かと思って見たら明後日の方向に行くユーモラスな作品でした(笑)

隣に引っ越してきた英国夫人に対しパン屋のオヤジの妄想が激しく、エスカレートしてストーカーまがいの行動に出てしまう。
若い男との不倫を阻止するのはいいが本来ならアンタには関係ないでしょって感じ(笑)
何よりそのボヴァリー夫人の行く末がブラックユーモアで冗談みたいなオチで笑ってしまった(笑)
しかしどういう視点で見ていいのか分かってなかったからねぇ。

まぁ特には後にも残らないし、何より記憶から速攻で消えそうな作品です。
emi

emiの感想・評価

4.0
ルッキーニ以外にこの役は考えられない!妄想系インテリのコメディを演らせたらこの俳優に敵う人はいないだろう。ラストの妻と息子の会話でさらにニヤリとさせられる。
パンが美味しそうだった
展開もびっくりしたし、ラストもそう持ってく?!みたいになった
ジェマの結末…!
想像してた展開とは違ったけど、いい意味でそっち?!ってなる。

中に出てくるパンがとっても美味しそうで惹かれた。
s

sの感想・評価

4.0
GYAO!【字幕】
・コメディー要素もあるしテンポ良くて面白かった!
・マルタンの目力w近所にあんな爺さんいたら嫌だなw
・ジェマ綺麗でセクシー♡エルヴェもイケメン♡
>|