AVP2 エイリアンズVS. プレデターの作品情報・感想・評価

AVP2 エイリアンズVS. プレデター2007年製作の映画)

ALIENS VS. PREDATOR: REQUIEM

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

2.8

「AVP2 エイリアンズVS. プレデター」に投稿された感想・評価

Seiji

Seijiの感想・評価

3.2
エイリアンとプレデターとのコラボ第2作ですが、両シリーズ中で一番出来が悪く感じました。全体的にダークなので映像がわかりにくいのが残念でした。
tkoshimizu

tkoshimizuの感想・評価

2.0
シチュエーションもイマイチだったし、何よりプレデターのかっこよさが出ていなかった。
11eleven

11elevenの感想・評価

1.6
想像以上につまらない映画でした

人間のキャラクターも普通すぎて、面白くないし、プレデターの闘いもだんだん既視感ありすぎて、盛り上がらない

何よりもアクションシーンが全編暗すぎて、何が起こっているのかも分からないし、カメラワークがブレブレすぎて、多少酔うし、やはり何が起こっているのか分からない

プレデリアンも自分の中ではもうどうでも良くなってしまいました

地球の日常ありふれた街の夜が舞台で、なんとか街を脱出しないといけないという面白い題材なのに、色々と問題点があって、面白くなかったです

個人的にはハリウッド映画なの?と思ってしまうほどの微妙な作品でした
nami

namiの感想・評価

1.5
暗すぎる。
何が起こってるか殆どわからない。

エイリアン・プレデターのブランドがなければ絶対に見ない。

内容もB級並。

久々にこんなつまらない作品を見た気がする。
南極での死闘を終え帰路につくプレデターの宇宙船。しかし、そこでプレデターに寄生していたエイリアンの‘‘プレデリアン’’が誕生する。プレデリアンは宇宙船内にいたプレデターを次々と惨殺。コントロール不能となった宇宙船は、アメリカのコロラド州の森に墜落する…


「ザ・プレデター」に向けて復習⑤

AVPシリーズの2作目。
「エイリアン」シリーズも「プレデター」シリーズも大好きな自分は、どちらのシリーズ作品も前作の「エイリアンvsプレデター」も何度も観ていますが、今作に限っては10年ぶりぐらいに2度目の鑑賞でした。

10年前に観た時の印象は‘‘つまらない’’、‘‘暗い’’と絶望的なものだったので、今回はかな〜りハードルを低くして見たら、‘‘絶望的につまらない訳ではないかな。まぁ、面白いとは言えないが…’’って感じでした(笑)


前作同様、人間は脇役にすぎません。
前作以上にキャラが薄い。なのに、人間ドラマを入れてくるのが…。しかも、人間ドラマの回収はかなーり雑です…。
だから、入れなきゃいいのに…と思っちゃいました。

エイリアンに関しても脇役になっちゃたなぁ…という印象でした。
まぁ、今作はプレデリアンもいるし、プレデターもエイリアン駆除専門のプレデターであるため仕方がない。

今作のプレデターはエイリアン駆除を専門とする‘‘ザ・クリーナー’’
このプレデターもファンからしたら賛否両論あるとは思うのですが、個人的には好きです!
プロフェッショナル、仕事人って感じが良いですね。
エイリアン用の地雷や鞭のようなスラッシャー・ウィップなどの新武器も良かったですが、ダブル・ショルダー・プラズマキャノンがカッコいい!
1つでも高威力のプラズマキャノンが両肩に付いてるんです。しかも、手に持って使うハンドキャノンにもなるし。
レイザーディスクを二刀流で使うシーンもカッコ良かったです。
あと、治療シーンも入れてくれたのも良かった。

そして、プレデリアン!
エイリアンとプレデター、両方のDNAを持つ最強の生命体。
今作の1番の目玉のはずが、前半は出番が少ない…。久しぶりに出てくるたびに、そういえばいたなって思っちゃいましたよ(笑)
プレデリアンの繁殖方法は普通のエイリアンよりもエグいです…。


前作はアクション要素が強くて好きだったのですが、今作はホラー要素が強くなった分アクション要素が少ない。
なので、エイリアンとプレデターの対決シーンもさほど多くない…。

予算が減ったのか、作品の雰囲気も前作よりもチープな感じです。
でも、100分以下だったのは良かった。これ以上長かったらキツかったかも…

終盤、病院内での展開はまずまず良かったかな。
プレデターのハンドキャノンを手に入れた主人公の活躍、プレデターとプレデリアンの一騎打ちは楽しめました。
ただ、決着がな…。でも、そうなりますよね。


ラストシーンは続編を意識してたのかな。
まぁ続編は無いですが…。

仮に続編が数十年ぶりに作られたら、観ますけどね(笑)
エイリアンとプレデターの混ぜ物が爆誕!仲間葬いか後始末のためか強そうなプレデターが結果人を救う…ちょいおいたしちゃうけどそれもご愛嬌★
暗がりでの戦闘シーンは少し見づらい!結構呆気なくスッと終わりを迎えて次に続く的な感じ。
人間とプレデターの共同戦があった前作のが面白かったかな〜
gorgo21

gorgo21の感想・評価

2.0
暗い。とにかく暗い。カーテン締め切って部屋暗くして見ても何が起こってるのか把握しきれないくらい暗い。
chako

chakoの感想・評価

2.5
小説版を最初に読み、プレデター・ザ・クリーナーの強さ、手練れ感、とプレデリアンの脅威を存分に味わい期待して鑑賞した結果、第一声が「暗すぎて訳わからん」だった。
クリーナーは今まで出てきたプレデター種とは一線を画す戦闘力を持っていて装備も特有のものばかりで素晴らしく、それに対するプレデリアンの強さは凄まじい好敵手なのにも関わらず暗い。見えない。
クリーチャーはそのままで作り直してくれ
暗い見ずらい登場人物多すぎて誰だかわからんうちに死んでく
ブレデリアンは強かったがよく見えなかった
暗い人間死にまくりパーリナイト
色々と?が飛び交う謎映画。1番の謎はこの映画のジャンルか?

前作のラストシーンから始まり、いきなり宇宙船の中での大バトル。成人(?)の儀式用にエイリアンを繁殖させてるのかもしれないけど、あんなにあっさり大暴れされて、更には地球に墜落。宇宙船からエイリアンが逃げ出して街は大パニック。

前作でも思いましたが、やっぱりはた迷惑な儀式だよなー。今回は不測の事態の不時着でしたが、それにしても宇宙最凶の獲物を繁殖させてる割にはセキュリティが弱すぎ((((;゜Д゜)))
前作の冷凍保存で決まった時期に狩猟解禁な設定が速攻否定気味なのもB級あるある。

墜落した飛行船から逃げ出したエイリアン、獲物は当然街の人々。これまでのエリア限定捕獲数量制限無しなので、素晴らしいぐらいのハイペースで殺しまくります。
ハイペース過ぎて、この映画がSFなのかホラーなのかスプラッターなのか悩みます。

ただ、残念ながらその圧巻の殺戮シーンはほぼほぼ分かりません。
なぜなら、異様に画面が暗い!!どれほど暗いって、場面によっては登場人物の誰が殺されたのか分からなかったり、あるいは殺してるのがエイリアンかプレデターなのか一瞬分からないくらいです。

特に今作で登場するプレデリアン。プレデターに寄生したエイリアンなので、暗闇アップのショットだと本当に分かりません。暗闇の恐怖を描きたかったのかもしれませんが、観客に見えなかったら元も子もないですな( ̄▽ ̄;)

とにかくエイリアンが強すぎて、過去のエイリアンシリーズで生き残った人達は神としか言いようが無いです。

エイリアンVSその他状態、軍隊ですら瞬殺状態。いったいどうやって決着つけるかと思ったら、衝撃の展開がラストに待ち受けます。そうか、この手段があったか!!

色々と弾けててB級として嫌いじゃないけど、とにかくもっと明るかったら、もっと楽しめたのになぁ、、、。
>|