パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

何があっても
人は強く、その人々が暮らしている街、はもちろん強い。
KoTA

KoTAの感想・評価

4.0
こんなん言うのダメかもしれないけど、凄くいい作品だった。
これがリアルだと思うと本当に怖いし悲しくなってしまうけど、映画を通してこーゆーのがあったんだとしみじみ知らされて泣いた…
あとは個人的にカメラワークが凄く緊張感を出してて見入ってしまいいい感じだなぁって思いました笑
"〜教"の過激派とかじゃなくて
テロリストはテロリスト
殉教者でもないし
教徒でもなんでもない
クズなんだと実感

テロリストにも背景はあるだろうけど。
ていうか、そこを考えるべきなのか
T01

T01の感想・評価

3.3
マークウォルバーグがやっぱ素敵でした!ケヴィンベーコンも好きやから目の保養になりました。
内容的にはもっとグッと来るかなぁーって思ったけど、怖いなーとかの気持ちの方が強かったかな。
同じ人間なのに文化の違いでこーも日頃から愛してるって伝える伝えないって何なんだろう? もう少し大事な人に大事と伝えられるように恥ずかしさを捨てて言えたらなぁと思いました。
見入ってしまった(*´∇`*)

最近観たDVDの中では1番でした。

犯人逮捕までの間に起こった被害者やその関係者の出来事を知ることが出来ます。

最後は実際のインタビューや映像を交えてのエピローグで、涙がとまりません。

これは、観るべき映画だと思います。
青二才

青二才の感想・評価

3.6
ボストンの人々の絆の強さを感じ、感動した。警察機関の迅速な対応と、市民の協力、犯人の愚かさが、事件の解決に繋がったんだろうな
CMA

CMAの感想・評価

4.5
ボストン・マラソンで実際に起きた、爆弾テロの犯人を地元の警察が突き止めて逮捕するまでのお話。
この爆弾テロはテレビでも随分放送されたので、まだ記憶に新しいのですが、かなり衝撃的な映像でした。
全体的には、犯人を捕まえるというよりも、テロの残酷さとテロを恐れず、これに立ち向かうアメリカ人の勇敢さを描いた作品でした。
ryoseisato

ryoseisatoの感想・評価

3.7
テロは複雑だ
それでも愛を持って
いろいろ見直して行きたいと思える映画!
パトリオットは愛国者という意味なんですね。アクション主体と思っていましたが、人を思う気持ち、地域を愛する気持ちが心に響きました。
宗教問題、テロといった今なお続く社会問題をテーマにして、あってはならない災難に立ち向かった勇敢な人々を丁寧に描き上げた作品。

ただ、事件からそれほど経っていないので、被害関係者達がこの作品をどう捉えるのかが気になりました。

あと、子供が被害に遭うのはホントにキツイ。