パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

26

26の感想・評価

3.0
良い映画だった。ただ個人的に実話はちょっと苦手。
記録
出来事のなかに実際に自分が居て、現場で起こったことを体感してるような…視覚的にも感情的にも、そういうリアルさがあった
正直、突然起こる悲劇って怖い…
ニュースで知るような情報の奥には、こんな現実があるのかって、感じた
yeal

yealの感想・評価

4.0
所轄頑張れ!

ハリウッド映画とかだと、万歳FBIとか地元警察の星が大活躍って映画が多いけれど事実に基づいてることもあり、所轄は所轄でした。
日本の小説やドラマに多い展開?

皆知っている事件だからこそ、多くの人に観てもらいたい映画。
住宅街での銃撃戦のお粗末さはリアリティーあって良かった。(全く良くない)
ボストンマラソンで起こったテロ事件。その直前、市民が送る日常の描写が細かくてリアル。
全体を通して本物の映像が多く織り込まれることで緊張感が増す構成になっている。
ボストンは1度訪れたことがあってあの平和の象徴である街が脅かされたことは本当に残念。
下手にUSA万歳USA万歳せずに身近な人の愛をテーマにしたとこが良かった。涙なしには観れない映画だった。
DEPOLABO

DEPOLABOの感想・評価

5.0
・片足を失ったカップルがもう一度挑んだマラソンのゴールで抱き合う映像にすべてが詰まってる。泣きました。
・カメラの台数がすごい
・市街戦の肉薄感がすごい
・キャストの似具合がすごい
・実際の人たちのキャラクターやバックグラウンドへの寄り添い方が温かい
merry

merryの感想・評価

5.0
この様な作風の映画は初めて観た。
主人公は実体験を複数合わせて出来ているが、これがフィクションでは無いと思うと恐ろしく感じた。
ans

ansの感想・評価

3.9
2013年ボストンマラソン爆弾テロ事件の事件発生からわずか102時間で犯人逮捕に至った裏側を描く

公開すぐ鑑賞したのにmarkするの忘れてました💦

マーク・ウォールバーグ初め、ケヴィン・ベーコン、J・K・シモンズ、ジョン・グッドマンと好きな俳優陣の共演となれば見るしかない!って感じでしたがもっとガッツリ共演が見たかったのは否めず…

実話ベースの物語 結末も分かっていたが臨場感にひたれ 短時間で犯人逮捕に至るプロセスも素晴らしい 言うて事件に関わったひとりひとりがなすべきことを果たしてていいね。
エンドロール付近で実際の映像や写真・インタビューが流れてる社会派実録ドラマあるあるw
緊張感がすごく伝わってきました。

J・Kシモンズかっこよかった。笑
 マーク・ウォールバーグ主演実録モノ。バーニングオーシャンに続き今作も良かった。被害者たちの被害状況、特に心身の損傷はガッツリ描けていた。事件が起こるまでの描写がいかにも過ぎてちょっと演出臭さを感じてしまったけど事件以後そんなものは吹っ飛んでしまった。