パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

テロとはどんなものなのか、息を飲むシーンの連続。観て損はなし。
Kino

Kinoの感想・評価

3.0
2013年ボストンマラソン爆破テロ事件を扱った『パトリオット・デイ』素直に良かった。犯人の言葉にもある通り、僕らはテレビでの事件しか知らず真相なんて知らない訳で。今年は『バーニング・オーシャン』に続きピーター・バーグ×マーク・ウォルバーグ骨太2作を劇場で観れる熱い年。
ボストンマラソン大会のテロ事件
実話を再現映画。
事件ニュースを知った時よりも再現映画が想像以上でした。事件に巻き込まれた人々の傷み、辛さ、悲しみ、怒り、恐怖など、伝わってきて学ぶところも感情的でした。
Kadobon

Kadobonの感想・評価

4.2
アメリカの持っている強さや前向きさといった良い部分がしみじみとストレートに伝わってくる。
銃撃戦のシーンはリアルに迫力あり。
湯の華

湯の華の感想・評価

3.5
犯人の奥さんのセリフが、同じ女として切なすぎて胸に刺さった。
宗教とテロ、難しい題材だと思う。
『ローン・サバイバー』『バーニング・オーシャン』に続くピーター・バーグ×マーク・ウォルバーグのコンビによる実話3部作(?)最終章。前2作が素晴らしい作品だったので予備知識を入れずに鑑賞。これが予想通り素晴らしい作品で、個人的には3作の中で1番面白かったです。地元を愛する現場主義の熱い警官であるマーク・ウォルバーグと冷静なエリート捜査官であるケヴィン・ベーコンの2人を中心に、犯人を含む事件関係者の群像劇をリアリティ溢れる演出とドキュメンタリーを思わせるカメラワークで克明に描く。爆発に巻き込まれた被害者を丁寧に描写することで、このテロが如何に残酷で、利己的で、何の意味も持たない事であることが伝わる。命は助かったが足を切断することになったカップル、搬送された病院が違く離れ離れになってしまった父子、そして8歳の男児を含む3人の死者。事件現場を確保するために、その死体を数時間動かせず、足元で横たわる遺体を、ただ見守ることしか出来ない警官。これほどまでに痛ましくシーンがあるだろうか。警官たちの憤りと怒りが伝わる、胸が張り裂けるシーンに涙が止まらなかった。そして主人公含む地元警官とFBI捜査官によるスペシャルチームが捜査するのだが、誰一人として無能な人はおらず、まさに「一丸」となって憎きテロリスト逮捕へ向けて猛進する。この小気味良いほどの捜査シーンから中盤の銃撃シーンまではエンターテイメント性重視の演出が続くが、驚くべきことにほとんどが実話らしい。特に市街地での『ヒート』を思わせるような緊迫感溢れる銃撃戦は「さすがハリウッド!」と思える派手さがあるが、現実も200~300発の銃弾が使用され、複数の〝粗雑な手榴弾〟が使用されたらしい。おそらく住民がトンカチを渡して来たのも実話なのだろう。まさにボストン市民と警官達が一丸となってテロリストに立ち向かったということが伝わる熱い映画。愛国心(パトリオット)というよりは郷土愛の方が強い作品である。傑作。
taku

takuの感想・評価

4.6
実話の映画としては深い敬意が込められて素晴らしかったし、サスペンスアクション映画としても面白かったです。

記憶に新しいボストンマラソンの爆破テロ事件を題材に、犯人が捕まるまでの顛末を描いた実話。

誰もが爆破テロが起きるとは思い知らずにマラソンを楽しみ喜ぶ市民たちの姿、そして実際の映像も交えた悲惨なテロ現場の描写に何度も涙を流し、自分の知らなかったテロ事件の裏側を目の当たりにしてかなりの衝撃的でした。

監視カメラの最新技術を駆使した捜査方法が映画みたいに凄まじく、犯人特定までには人種問題などの様々な困難があった事に驚かされます。犯人を捕まえるまでの緊迫した追走劇。爆破、銃撃戦がリアルでその場にいるかのような臨場感で本当に怖かったです。

そして、悲劇を乗り越えて愛するボストンの為に警察や市民たちが力を合わせて犯人逮捕に立ち向かう展開は凄く熱くなりました。特に中国人青年の所はハラハラドキドキさせられた・・・・

本人たちによるメッセージもあり、悲劇を伝えるだけじゃない、テロに屈せずに前向きに強く生きていく姿を見せてくれて感動的でした。これは多くの人が観るべき、そう思わせる素晴らしい映画です。
sk2

sk2の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

序盤から登場人物が多くフラグたちまくり。
犯人たちのお手製爆弾の殺傷能力の高さにびっくり。
後半の住宅街での銃撃戦が秀逸
玉露

玉露の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

登場人物たちの前フリが効いている。

あと現場を再現するシーンみたいな、ああいうの好きです。

実際に被害に遭った方達を写して
これからも街をあげて、みんなで守っていく、という姿勢は大変素晴らしいのです。

そこで、かなり難しいことはわかりつつも
欲を言えば、どうしてこういう事件が起きはじめたのか、そういうところまで迫れたら良かったのになあ、と思いました。
2013年4月15日、ボストン。殺人課の刑事トミーは容疑者の過剰取締の疑いで、本来の業務外であるボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史が古いとされている伝統的なイベントは、アメリカの「愛国者の日(パトリオット・デイ)」の祝日に開催されており、このときもランナーも含め、50万人の観衆で賑わっていた。そのゴール付近で大会開催中を狙い、実行された爆弾テロ。次々にゴールをしていく市民ランナーとそれを迎える観衆を狙い、多くの死傷者を出す大惨事となる。事件直前から、犯人逮捕までの緊迫の102時間を映し出す。「ローン・サバイバー」、「バーニング・オーシャン」でタッグを組んだマーク・ウォールバーグ&ピーター・バーグ監督による、2013年に起きたボストンマラソン大会テロ事件をベースにした実録ドラマ。

マーク・ウォルバーグ主演ということと、事件があった一日(正確には102時間ですけど、、)を描いていくということから近作である「バーニング・オーシャン」を思い出してしまいますが、何と主演・監督とも同じメンバーでの作品でした(笑)。それでも「バーニング〜」は人災による海洋事故なのに対し、こちらはテロ事件という内容に違いがあります。好き嫌いは別れるかもしれませんが、僕は迫力の割に、事故シーンが一瞬で過ぎていく「バーニング〜」と違って、序盤早々にテロ事件が発生し、緊迫感の中、犯人を徐々に追い詰めていく本作のほうが力感あふれる描写に映りました。アメリカで起こったテロ事件だけあって、やはり事件そのものは知っていても、詳細は知らなかった日本人にとって、当時のあの現場では何があって、事件の背後にはないがあって、犯人はどういう風に追い詰められていったのかというのが、劇映画というフィルターは通しながらもリアルに伝わってきます。特に、一瞬の爆破事故の記憶から防犯カメラの映像から、犯人の痕跡を辿っていくシーンは秀逸。リアリティあるドラマ演出も光ると思います。

こうした捜査過程もそうですが、僕が特に驚いたのは映画終盤の銃撃シーン。犯人確保が意外とスッキリすると思いきや、アクション映画ビックリの銃撃が行われていた(まぁ、映画的な演出もあるのかもしれないですが)というのが少々驚きでした。ここは「バーニング〜」でも火災アクションを魅せたピータ・バーグの腕が光るところだったと思います。「バーニング〜」で期待するほどの力強さを感じられなかった僕みたいな人には、オススメな肉厚作品です。