パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

非常にリアリティがある映像(特に事故現場)で胸にせまる。
後半の犯人を追い詰めていくシーンも非常に面白い。
気になったのが、ケビン・ベーコン演じるFBIと市長の描き方がステレオタイプだと思った。あれだけリアリティを追求してるなら、演劇的な口論のシーンなど不必要だろう。
だも

だもの感想・評価

4.0
事実をもとにした作品はやっぱりすごくグッとくる。

テロがあったことは知っていたが、詳細は全然知らずほぼ無知で鑑賞。
こんな悲惨で重大な出来事が実際に起こっていたなんて、知らなかった自分が恥ずかしくなる。

実際の映像が所々挟まれていて、これは映画だけど実際にあったことなんだと実感させられた。

エンドロールの前に実際のテロの経験者達のインタビューが流れる。それがさらにこの映画を重く、価値あるものにさせていると思う。

その経験者たちと俳優たちが本当に似ていたのには驚いた。笑 ほんとにそっくり!
そこまでしっかり力を入れていて凄いと思った。
keik

keikの感想・評価

5.0
亡くなった子供のそばでずっと見守る警官に泣けた。
リアルにテロを描く映画。
映画としても、ドキュメンタリーとしても見応えあり。
これが本当にあったなんて怖すぎる!
あやの

あやのの感想・評価

3.9
良かった。
ボストンマラソンの事件については、当時ボストンに友人がいたことですごく印象に残っている。マラソン事件の一部始終を描ききっている一方で、主人公はじめ警察官、被害者、犯人などあらゆる人の視点で物語が進んでいき、人間ドラマとしてちゃんと成立していた。
As

Asの感想・評価

3.9
実際の映像も使われており、終始緊迫感があって最後まで引き込まれた

心が痛むシーンもあったが、観て良かった映画。
Snow

Snowの感想・評価

3.9
実話を元に作られていると言うこともあって当時の貴重な映像を少し混ぜて製作されていて緊迫感があって当時のことも知れてとてもいい映画だと思いました。

テロにあった人たちや街がどう向き合って行くかというところも頭に入れながら見ていくとより実感できると思います
ぜひ見てみてください。

舞台のボストンやそこの人たちにも会ってみたいとも思いました^ ^
実際の話をもとに作った映画らしい
なんでこんなことをするんだ
マーク・ウォールバーグ大好きなピーター・バーグ監督。もうマークとじゃないと撮りたくないの。もし、『サウンド・オブ・ミュージック』のリメイクの話とか来たら…。俄然楽しみですね!

先ず市井の人々の生活を丁寧に描いたうえで、彼らが巻き込まれる災いが起こり、紆余曲折あって解決。感傷的に締めくくる。ピーター・バーグお得意の作劇スタイルです。職人芸!揶揄しているように聞こえるかもしれませんが、ホントに上手いのですよね。一見不必要に見える登場人物のバックボーンの描きこみも、あとあと根っこになって物語の太い幹を支えます。今作の場合は、事件発生から収束までの長いドラマを重厚に、飽きさせない構成で(不適切な言い方かもしれませんが→)楽しませます。
実際の事件の顛末をよく知らなかったので、後半のカージャック→銃撃戦の件などはワッショイワッショイ面白く膨らませ過ぎなのでは?なんて思いましたが、ちょっと調べてみると大筋では間違ってないみたいですね。本当に恐ろしい事件なのですが、映画のテイストはどこかスポーティ。もし同じ題材をキャスリン・ビグローが撮っていたら真反対の印象になりそうな気もします。
映画の出来の良さにも関わらず個人的にそこまで高く評価出来ないのは、国威発揚的なノリが不気味に思えてしまったから。犯人を未熟で愚かな人間と描き、事件解決にはまるでスポーツの地元チームの優勝でも祝するように勝鬨をあげるボストンの人々。これじゃあ堂々巡りだわ…。タイトルも、単に事件の日であった祝日の名前を冠した以上の意味を感じてしまいます。
ピーター・バーグ監督にはそろそろ純粋なエンターテイメント作品を撮ってもらいたいです。単純に、技術が勿体ない。マーク・ウォールバーグも、“善良な一市民がヒーローに!”みたいな白々しい役をやってるのは勿体ない。バカっぽい声出しながら大麻をプカプカやっててこそのマーク≒アメリカの大衆だよ!
Makki

Makkiの感想・評価

4.5
ずっとハラハラドキドキしっぱなしでした。

この事件を詳しくは覚えてなかったので、この映画を通して知ることができました。
テロがリアルで臨場感があった。
困惑する中意見や指示を出せる主人公マークや捜査官は本当にカッコ良かった。
勇気や愛の大切さが再認識できる映画。
最後の事件後の実際のマラソン完走シーンは涙が止まらなかった。