パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

初めて映画見て泣きそうになった。

実話であり、実際の映像と画像を使ってよりリアリティを感じさせる映画だった。
犠牲者がたくさん出たものの、その後市民が「Boston strong 」というスローガンを掲げて立ち直ろうとした姿に感激した。

人質になりながらも逃げて犯人の情報を警察に提供したアジア人。高齢ながらも拳銃を持って戦い犯人確保に努めたおじいちゃん。そのほか警察等全てがヒーローだと思った。

↑途中で「絶対この人キーマンやん」ってのは分かりやすかった笑
2013年のボストンマラソンの爆弾テロル事件の映像は鮮明に覚えておりますが、犯人逮捕に至るまでにこんな事があったのかと初めて知って驚きました。

テレビで顔が晒されて追い詰められた二人の犯人が逃走するために警官を襲い、住宅地で警官隊に向かって手製爆弾も投げまくる派手な銃撃戦を繰り広げる様はまるでリアル・グランドセフトオートの様相だ。

生き残りの犯人逮捕で事件が解決した後に流されるインタビューでは足を失う事になった実際の人々の姿や、現場で尽力した警官たちの姿にかなりぐっときましたね…(マーク・ウォールバーグ演ずるピーターは警察の象徴として描かれたフィクションキャラクターとのこと)。
ヒデ

ヒデの感想・評価

3.9
2013年にボストンで起きた実在のテロ事件をもとにした映画。犯人究明に動く警察官たちのいわば職業モノだが、それぞれ矜持があってアツい。「悪魔に立ち向かうのは愛しかないんだ」というどストレートなセリフに痺れた。シンプルな設定を色んな視点から描くことで、観る人を飽きさせないようにしてしるところも素晴らしい。
光徳

光徳の感想・評価

3.8

実話。
少ない情報から、地元を知り尽くした市警と連邦捜査局がテロリストを追い詰める。

脚色はあるだろうが、当時の報道では全く想像できなかった逮捕劇があったのを知れる。
後輩より借りたDVDにて観賞。
愛国者の日であり、アメリカ最古のマラソンが開催された日に起こったテロ事件を元にした映画。20年前に1度訪れて何と穏やかな待ちであろうと思ったボストンでの事件。当時かなり衝撃的であり、素早く解決した事が思い出されます。物語としてたった二人のテロリストに街中が引っ掻き回されたという印象がありますが、今迄の「強いアメリカ」というのを違った切り口で表現しているところが印象的でした。悪には愛は奪えない…、悪くはない表現であります。サポート役のジョン・グッドマンやケビン・ベーコンの存在も味があって良かった。
Eilleen

Eilleenの感想・評価

3.8
こういう話好きです

やっぱりひとつのテロ 事件にしても
多様な人の協力があって解決するわけで
誰かの少しの手がかりが解決に導くんだなぁと思います
ボストンマラソンの爆破テロ事件のノンフィクション映画!
実話という事で興味深く鑑賞!
たまたまそこに居た為に犠牲になってしまった方に、お悔やみ申し上げます!
minizakura

minizakuraの感想・評価

5.0
映画が面白かったよりは
リスペクトを込めて5

容疑者側からも
被害者側からも

良し悪しの意味で
人間ってすごいと思う
(宗教も)

テロやら戦争やら
果たしてなくなることは
あるのだろうか
人間の欲はどこまで続くのか



2019-29
ゆうた

ゆうたの感想・評価

4.0

観終わってすぐ
この映画を観てよかったと思った。

観てる途中にこれが実話だとわかった。

なんか、感想書きづらい。
どう表現したらいいかわからない。

けど確かなことはある。

僕はこの映画を観て多くのことを学んだということだ。
長かった けど完璧だった

不妊がわかった妻と帰ってきて、家の前の子供たちを見つめたとき
妻が出したのは泣き声ではなく もっと深いものだった
瞳の中で善と悪が揺れ動くのを見た