パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:133分
    監督
    ピーター・バーグ
    脚本
    マット・チャーマン
    エリック・ジョンソン
    ジョッシュ・ゼッツマー
    キャスト
    マーク・ウォールバーグ
    ジョン・グッドマン
    ミシェル・モナハン
    J・K・シモンズ
    ケヴィン・ベーコン
    エリカ・マクダーモット
    ヴィンセント・カラトーラ
    ジェームズ・コルビー
    メリッサ・ブノワ
    あらすじ
    2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

    「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

    実力派俳優を集めて繰り広げる愛の物語。
    ボストンの住民が一つになって正義を勝ち取った実話。
    もの凄く胸に突き刺さる。
    ドキュメンタリータッチでもの凄くテロ事件の緊迫感が伝わった。
    一人一人の登場人物に焦点を当てて、事件に関わる瞬間までがきれいにつながる。
    偶然、事件に巻き込まれる恐ろしさに鳥肌がたつ。

    ケヴィン・ベーコンやJK・シモンズといった実力派を脇につけているため、相当面白い作品だった。

    ストーリー、脚本、演技どれもよかったけど、一番気に食わなかったのが脚色。
    ピーター・バーグは元々はアクション映画監督だから登場人物が英雄に見えてしまうところが好きじゃない。
    みんなかっこよすぎて、リアルに描くのではなく、より映画的に描かれていて正直好きじゃない。
    これこそイーストウッドが監督したら面白い作品になったんじゃないかな?
    パトリオット・デイ
    ボストンマラソン爆弾テロ事件の
    犯人逮捕までを描いたもの。

    ちょうど、マラソンに力入れ出した頃
    だから、そのニュースに衝撃を受けたのを
    覚えている。
    だけど、犯人がどんな人だったのか、
    裏側で、どんな捜査がされていたのかは
    知らなかった。

    もちろんだけど、どんな人にもかけがえのない
    人生がある。亡くなった人、その家族、
    負傷した人、足の切断を余儀なくされた人、
    この事件のために人生が変わった人たち。
    なかでも、印象的だったのが、足の切断を
    避けられなかった夫婦がいて、この事件を
    当然恨んでいるだろうが、それよりも、真っ先に駆けつけて手当してくれた人、手術した人
    などの愛に感謝し、2年後には、義足で
    ボストンマラソン完走した。これも
    悪になんか負けないことを身をもって示すと
    いう本当の信念なのかなと思った。

    それにしても、アメリカ人がみなそうなのか
    分からないけど、どんな年代の人も家族と
    連絡とって、最後には' I love you'って
    さらりと言うのよね。
    日本語なら「気をつけて」みたいな感じ
    なのかな(^∇^)

    このレビューはネタバレを含みます

    実話でシリアスなのはアルゴ以来。あちらは死者が出てないけど今回は死者が出てるし自分もニュースでリアルタイムで観た最近の出来事だけに非常にハラハラしたしとても悲しかった。
    序盤、爆発までの関係者が
    実際に起きたボストンマラソン途中での爆破テロ!
    実際の映像を織り混ぜながらということもあり、迫力も半端なくその場にいるような臨場感すら感じたし、犯人を暴いていく様も見応えがあった。

    しかし、何よりもラストのユニフォームや被害者たちのその後を目の当たりにし、その力強さに心が震えた!
    実際に起こった事件の映画は沢山あるけれど、これは結構衝撃的だった。

    事件はなんとなーく知っている程度で見たけど、こんなにも、社会に影響を与えてたった2人の犯人が、何万人って人の恐怖を生むんだなっていうのが、今更ながら驚いたし、心底テロは怖いんだなって感じた。

    日本もオリンピックとかあるし、十分に対策しなくてはね
    ボストンマラソン爆弾テロ、なんとなく知ってる気でいたけど、何も知らなかった
    どんな人が犠牲になって、どんな人が事件解決のために動いてたか、リアルだった
    事件現場そのものは本当に目を背けたくなるし、住宅地で銃撃戦とか、2人を捕まえるためにボストン広域で外出禁止令が出されたり、本当に映画の中の世界みたいだけど、これが現場なんてね

    とか何とか言ってても結局はケヴィンベーコンが渋くてカッコよくて、私はそれだけで満足
    要するにケヴィンベーコンだいすき
    バトルシップとは別ベクトルの力作!
    「悪に勝つのは愛」