パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

WOWOW 録画鑑賞,
愛の力で闘って悪に勝った、実話。
レッドソックスに上原がいた時で、上原にも息子がいたと思うので考え深いと思う。最後は泣けたぁ。
asuka

asukaの感想・評価

4.3
これ、実話なんすか。マジか…!ってなった。
知らなかったことを知ることができた。
どうしても平和ボケしてるけど、いつ自分の身の周りで起こるかわからないテロ事件。
その犯人を追う姿に臨場感を感じ、手に汗握った。
やんぬ

やんぬの感想・評価

4.0
ボストンマラソンでの爆破事件の部分しか覚えてなかったけど、犯人逮捕に至るまでにこんな逮捕劇があったとは。
まさに事実は小説より奇なり!

音楽のノイズが緊迫感を徐々に生んでくから、結末が分かるにも関わらず胃がキリキリと痛み出す感覚に陥った。
上原がレッドソークスにいた時の事件だから覚えているなー。事故の現場をリアルにすることは事件を繰り返させない、忘れないと言う意味はあるよね。最後の映像は涙がでるね。電話の最後はアイラブユーを言おうってな。
この事件が実際に起こったことが恐ろしかった。
緊迫感で包まれており、見入ってしまった。みんなで協力して乗り越えていく姿に感動した。
とてもせつなくなる映画。自分たちは被害者であるという勘違いをアメリカ市民が持ち続けている限りテロはなくならない。とまどう群れたちは操作され、ひどく偏った自己都合の愛をもって、悪の支持者となる。それを見事に描いたブラックジョークのような作品。この事件の被害者を含め、世界中のアメリカ被害者の方々だけに同情し胸が苦しくなる。
禊

禊の感想・評価

4.5
※出演者びいき+扱ってる内容が好みのため点高め

テロ関係の映画ってどうしても感情移入してしまって客観的な見方ができず点が高くなってしまう傾向がある。(笑)
この作品も例外でなく、テロ発生から犯人逮捕までを被害者、加害者、警察(FBI)のそれぞれの視点から描くことで引き込まれた。
Kirocu

Kirocuの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

実話ベース。映像も話もどこまでが本当かわからないけど、緊迫感のある映画だった。そしてアメリカらしい映画。
一人ひとりのエピソードが簡潔にだけど入っているので、序盤はちょっと長く感じた。
あれだけの人数の中で、犯人の断定があんなに早くできるなんてすごい。
追跡劇としては、犯人がバカすぎてあっけない終わり方だった。ちょっと尻すぼみ。
亡くなった子供の遺体のそばで立っていた警察官の敬礼が一番泣けてきた。
lifeup

lifeupの感想・評価

3.6
ボストンマラソンの爆弾事件が元になっている映画。
これは一昔前なら作られたハリウッド作品として見られてたはずの作品だったであろうに、いまは現実に起こった作品としてみている事に恐怖を感じた。

こういう実際に起こった事件を映画化する事の賛否はあるが、悲しいことに意味を持たせて、何かを学ぶことで前向きに生きていかないといけないと感じる作品でした。
Rintaro

Rintaroの感想・評価

-
あのボストンマラソン襲撃テロの全貌を知ることができた。また、大事なのは、テロが起こった後どうするか?人々は互いに助け合うことの大切さを学ぶことができたと警察官をはじめ事件の当事者たちは語っていた。何も起きてない日本はどうであろうか。この映画は観るべき作品。