パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

緊迫感もありそのなかにじーんとくる人間模様が丁寧に描かれていた
年間目標100本の100本目に観た作品。

2013年。ボストンマラソンにおいてその悲劇、テロは起こる。たった2人の青年によって。

映画の始まりは様々な人の日常。恋人と1日の終わりに話をしたり、仕事の事で同僚と笑い合ったり、何気ない幸せを感じさせるエピソード。

そしてテロが起きる。
実際の映像を所々で使っているのに、そこから役者の演技に移っても全く違和感を感じさせない。臨場感が半端ではなく、ふと気付くと息を止めている自分がいる。

警察、FBI、被害者、テロリスト。一点からではなく様々な人の視点で作られているのにまとまりがあり、偏りがない。飽きさせない。

素晴らしいものを見させられたなと感嘆。

この映画の凄いなと思ったところは、テロリストの青年2人とそのうちの首謀者の妻との関係にも愛を描き出しているところ。

傷ついても、立ち直れないと思っても、人は、愛を糧にして前に進む。強い。


テロの爆発で足を失った夫婦が、リハビリの末にボストンマラソンを走り切るという実際の映像で涙が堪えきれなかった。
widderchan

widderchanの感想・評価

4.0
ボストンマラソン
ニュースでは見たけど。
詳しくは知らない。
爆発により
二人の女性
一人の子どもが亡くなり
脚を失った人たち。
そして警察官やFBIが懸命に犯人を探していく姿。
ボストン市民達の結束力が描かれていた。


子どもの近くにずっといて
やっと救急車が来て警察官が敬礼したシーン切ない。

最後の夫婦がマラソン後に抱き合うシーンもまたいい。

『防げたと思うか』という質問に対して
答えたセリフかっこいい。
ino0jp

ino0jpの感想・評価

4.0
観ないかなぁと思ってたけど、評価が高かったので鑑賞。
なぜなのかな、テロって
深く考えさせられた、、、
そうしないと声は届かないのかな。ん⁇届いてませんけど。
日本でテロが起きたとしても、助け合い精神で乗り越えれるのでやるだけ無駄‼️
あかね

あかねの感想・評価

3.6
4年前のボストンマラソンでの爆破テロ事件が題材になってるのか…
この映画は事件の全貌を淡々と語る「テロ」の映画ではなく、「愛」をテーマにした映画だった。人は傷つけられても奪われても、立ち上がり跳ね返す事ができる。

複数の登場人物が、絡み取られるようにどんどんテロに巻き込まれていく様子は、見てるこっちも緊張感があった。
爆発のシーンは、当時の記録映像と再現を絶妙な編集でつないでるからリアルで生々しかった。住宅での撃ち合いのシーンなんかはずっとハラハラした…爆弾の威力よ…

あ、ちなみにレッドソックスではなくてレッドソークスらしいですよ。

ドキュメンタリー/愛
kotetu1126

kotetu1126の感想・評価

3.3
これが、リアルなフィクション映画の難しさ。

現実に起こるとかなりショッキングな内容なのだが娯楽の映画となるとちょっと薄味に感じてしまう。ただ、犯人逮捕のなんじゃそれとゆう肩透かしなオチや黒幕も出てこないシンプルさがよりリアリティを感じさせてくれる。

脚本的には、『愛』の大切さを強調させる構成にしたので骨組みはしっかりしてる。

ウォルバーグの膝のくだりは、意味が最後まで不明で回収もなく個人的にはそれが引っかかって目が離せない要因になったので上手い設定だなとゆう解釈
もちろん事件のことは知っていたけれどBOSTON STRONGを掲げたレッドソックスが優勝したこともかなり鮮明に覚えている。
最後のオルティーズのスピーチも懐かしいですね
『This is our fuckin city』かな
負傷者・死者が出ている出来事なのでこんな言い方はまちがっているかもしれないけれど、アメリカが一つになって悪に立ち向かう姿勢はほんとうに素晴らしいと思う。愛国心 自衛の意識がほんとうに高い。

『街が犯人を見つけてくれる』すごい言葉だと思う。地元警察が協力を惜しまない姿勢も素晴らしい。
BUSSAN

BUSSANの感想・評価

3.4
テロリストに立ち向かった人々、惜しくも亡くなった人々、決して忘れてはならない事実。それはわかるんやけども映画としてええかと聞かれたら、まぁぼちぼちです。記録映画ですな。
ayanon7

ayanon7の感想・評価

3.9
亡くなった8歳の子の側をずっと離れなかった警官の最後の敬礼は込み上げてくるものがあった。ラストの実際の映像や写真は涙が止まらない。
ミヤビ

ミヤビの感想・評価

4.2
もっと重く苦しい作品だと思ってて、劇場で観ないでしまったことを後悔しました(._.)


中国人の青年が人質となってからは、逃げ出すのか⁈ 殺られるのか⁈ とか...

犯人が捕まるまで緊張感半端なかった〜!(・_・;


マーク・ウォルバーグ扮する刑事トミーの言葉「反撃する武器は1つしかない『愛です』」て、素晴らしくない⁈


片足づつなくした夫婦の明るく強い姿勢が素晴らしかった(*_*)
ドラマだからじゃなくて、最後にモデルとなったカップルが出てくるのだもの!…>_<…


緊張して疲れたけど、観ごたえありました。