パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Joker

Jokerの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2013年4月15日。毎年4月の第3月曜日「パトリオット・デイ」(愛国者の日)に開催されるボストンマラソンの最中に、爆弾テロ事件が発生する。会場の警備にあたっていたボストン市警察殺人課刑事のトミー・サンダースは、爆発の直後から必死に警察無線で状況を報告しながら、仲間と共に救護活動を行う。
やがて、FBIの指揮で捜査が始まり、FBI特別捜査官のリック・デローリエは事件をテロと断定。ボストン警察との合同捜査の末、監視カメラに映っていた「黒い帽子」と「白い帽子」の2人の男が容疑者として浮かび上がる。犯人に対し激しい怒りを抱えるトミーは、すぐに2人の顔写真を公表すべきと主張するが、決定的な証拠を得られないことからリックは公表を許可せず、市民からの情報を募る。
ところが、民間の調査機関や報道機関などが全くの別人を犯人とした情報を流し始め、混乱が拡大したことから、リックは「黒い帽子」と「白い帽子」ことタメルラン・ツァルナエフとジョハル・ツァルナエフの顔写真を公開する。テレビで自分たちの情報が報道されていると知ったタメルランは、ジョハルを連れて自宅を去り、さらなるテロを行うためニューヨークへ向かおうとする。
タメルランは「自分も銃が欲しい」とぼやくジョハルに「自分で奪え」と命じ、マサチューセッツ工科大学の警備に当たっていた警察官ショーン・コリアー巡査を射殺するが、ホルスターから拳銃を抜けず手惑っているところで通行人に見つかったため逃走。さらに、足がつかないよう車を交換することを考えたツァルナエフ兄弟は、路上駐車していたメルセデス・ベンツのSUVに目をつけ、所有者の中国人ダン・マンを脅して車を乗っ取り、彼を人質にする。途中、ATMでダンの口座から現金を下ろし、ガソリンスタンドに立ち寄るも、その際ダンは勇気を振り絞り、一瞬の隙を突いて脱出する。ガソリンスタンドの店内へ駆け込んだダンは、店員に事情を話し警察へ通報する。
ダンからの通報を得た警察は、盗まれた車の捜索を開始する。ウォータータウンにて、停車中の不審なSUVを見つけた1台のパトカーが確認のため近づくと、拳銃を手に車外へ出てきたタメルランがいきなり発砲。続々と応援のパトカーが駆け付け、住宅街で銃撃戦が始まる。警官達は拳銃やアサルトライフル等を使い応戦するものの、ジョハルも兄に続き手作りの手榴弾を投げて抵抗、多くの警察官が負傷する。ベテラン警官のジェフによる咄嗟の機転で足を撃たれたタメルランは、警官たちとの取っ組み合いの末、近隣住民から提供された斧で殴られ捕獲される。だが、兄からニューヨークへ向かうよう指示を受けたジョハルは、盗んだSUVに乗り警官隊の弾幕を突っ切って逃走する。トミーら警官隊が追いついた時には、既にSUVは乗り捨てられており、ジョハルは徒歩で逃げ果せた後だった。
翌日、ボストン広域に戒厳令に近い外出禁止令が出され、周辺地域の警察・FBI・SWATなどが出動し、各家庭を1軒ずつ虱潰しに捜索するローラー作戦を展開。すると、ある家の主人がシートで覆った庭のボートの異変に気付き、「容疑者が隠れているかもしれない」と警察へ通報。すぐに大勢の武装した警察官が駆け付け、ボートは包囲される。スタングレネードを用いて威嚇を行い投降を促すと、ボートの中からジョハルが現れた。容疑者逮捕のニュースが流れると、大勢の市民が街道へ繰り出し、警察車両の列を称え歓喜する。
事件後、ボストン市民とアメリカ国民は「ボストン・ストロング(Boston Strong)」を合言葉に団結し、テロに屈しない姿勢を表明。エンドロールの前には、事件当時の負傷者や警察ら関係者のインタビューが、事件に関する実際の写真や映像を交えつつ流れる。その中には、2016年に開催された第120回ボストンマラソンで、3年前の事件で失った左脚に義足を装着して参加したパトリック・ダウネスがゴールする実際の映像もあった。同じく両足に義足を装着して待っていた妻ジェシカ・ケンスキーの元に辿り着き、熱い抱擁を交わすシーンはテレビ中継され、会場では大きな拍手と歓声が起こる。
一連の事件における被害者側の死亡者4名への追悼文が表示され、エンドロール。
みか

みかの感想・評価

-
BOSTON STRONG.

警官にフォーカスを当てつつも
被害にあった夫婦、親子らの関係性にまで視点を掘り下げることで事件を乗り越えた人々の愛を垣間見れた。

特に若い夫婦の片脚ずつ失ったカップルが印象的で忘れられない。
もう一度ボストン通りでマラソンを走るというエピソードも胸を強く打たれた。
これはマジ面白い。
冗談や遊び感覚で人殺す学生みたいな犯人許せねーしちゃんと根絶やしにして絶望味合わせたのは最高。
yaaa

yaaaの感想・評価

4.0
予選で肩を慣らして、決勝戦でストレートの剛速球投げ込んで圧勝したみたいな作品の印象。

予選とはバーニング・オーシャン。普通の人々の日常があって事件に巻き込まれると前作の一緒の構成。
今回はテーマが明確で街全体でテロに立ち向かうというストレートなものなので分わかりやすくて強い。しかし、そんなこと大声で叫んだら馬鹿だと思われるところを「愛」によってテロリズムに打ち勝つという着地点にするところが政治的にもうまい。
要所要所に顔みただけで役柄わかるキャスティング。
ケヴィン・ベーコンやジョン・グッドマンの安定感。
主役は複数の実在する人物から創り出した「事実を元にした」の都合良さで物語を引っ張る。けれど、終始ひざが痛いという小芝居がリアリティを醸し出す。なんらかの意味があるとは思うのだが。
がっちりすべてがハマって揺ぎ無い。
けど、なぜに監督がピーター・バーグ?

その解答のような終盤のシーンに歓喜する。
それでこそピーター・バーグ!
このシーンの為だけにこの作品を作ったやろ!と邪推したくなる。
爆弾犯を追いかけるボストンの警察。
昔、玄関開けたら2分でご飯というCMがあったが今回は
玄関開けたら2メートル先で銃撃戦。突如起こるそれはシュールさも漂わす。ここがハイライトです!みたいな気合の入りよう。いや、もっとノリノリで楽しんで撮ったに違いない銃撃シーン。
前半意味不明のJ・K・シモンズがバチーンとはまる気持ち良さ。

実話シリーズの有終の美を飾る。
次はいよいよ趣味趣好のマイル 22ですね!
ニャー

ニャーの感想・評価

3.8
実際に起こった大事件を元に作られた作品。
人々の強さとテロの恐怖を思い知らされる内容でした😯

2013年4月15日。
"パトリオット・デイ(愛国者の日)"に毎年おこなわれるボストンマラソンの最中に爆弾テロが発生し、多くの犠牲者がでて大パニックと化す。
会場の警備にあたっていたボストン市警の刑事"トミー"は混乱する場内で無線を使い連携しながら対処にあたっていた。
事件後、駆けつけたFBIと協力し街に詳しく記憶力のあるトミーの力を借り犯人を特定する。
これは、特定した犯人を捕らえるするまでの102時間に渡る壮絶な逮捕劇...。

皆が集まって舞い上がってるトコにテロリストは目をつけるから、東京オリンピックも気が気じゃない( ;-`д´-)
アメリカならでわと言うか、全体でのチームプレーが凄い!
引くぐらい街を愛している人達が多いからこんなにも早く取っ捕まえる事ができたんだろね~
ボストン市民は強いな。いつも日本と比較してしまうが、絶対にこうは上手くいかんな😒
日本はレインボーブリッジすら封鎖できんかったのに、ボストンは街そのものを封鎖してのけた!勢いあってカッコいいわ~✨
良い処だけ寄せ集めて作っただけで、もしかしたら表に出てないヤバい話しもあるかもだけど、人々の強さを知る作品だった(*´ω`)
犯人の弟役の人、本物に似すぎでしょw
"キャサリン"の娘ちゃんが可愛いコト(*´艸`)💕
将来が不安になるわな…。
エンディングのインタビューが何か生々しかった。

この事件の犠牲となり亡くなられた方々にご冥福を御祈り致します✝️🙏✝️
ゆっこ

ゆっこの感想・評価

4.0
すごい。
出て来る全ての人に、人間の底力の強さを感じる。被害者の皆さまの冥福を祈ると同時に、関わった全ての方への敬意を感じる作品だった。
加害者側も描かれているんだけど、特に奥さん、生まれながらの思想や環境から生まれるこのような人たちを、どうしたらいいのだろう。説得に応じない加害者の妻から感じる深すぎる闇。憎らしいけれど、考えてしまう。
だからこそ、「負けない」事、「立ち上がる」事、屈しない姿を見せる事が何よりも必要で、それらを見せつけるに十分な映画だったと思う。

映画の作りとしては、音楽がとにかく良かった。事件が起きるまでの日常とともに流れる音楽のよさ、これで皆一気に引き込まれて共感の渦が生まれたと思う。
過剰ではないのにあんなに心に染みる、人に寄り添うような優しい音楽。素敵だった。
犠牲になった少年の傍に立ち続けなくてはいけない警察官の目が印象的でした。
いぶき

いぶきの感想・評価

3.9
5回借りて4回観ずに返してたんだけどようやく観ました
1回目でちゃんと観ておくべきだった…
美談が苦手なので実話ベースの話ってどうしても斜に構えてしまうけどこの映画はそんな暇も与えないくらい引き込まれた
感想をどう表現しても陳腐になりそう
iuu7

iuu7の感想・評価

4.0
実話ベースやからこその緊迫感。
マークはほんまに細かいところまで気を使って演技してる。ギンギンに伝わる。

自然にそれをしてるから凄みがある。
こんな事が現実で起こってしまってる世の中の事考えさせられる映画でした

しっかり理解していくと重みが伝わります
AsamiSato

AsamiSatoの感想・評価

3.7
とてもよかった。
みんなが知っておくべき。
見ておくべき映画。
トモ

トモの感想・評価

4.2
面白かったけど、実際にあったことで、ニュースで流れていた画面の向こう側を感じた。
画面の向こう側、他人事となっている自分が恥ずかしくもあり、過去のリアルとして苦しくもあった。
それでも苦境の中の人間模様は素敵だった。