パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

miholy

miholyの感想・評価

2.9
現実の映像をおりまぜつつの、全編実話だそうである。
淡々とした群像劇から一転、実際にあの事件現場に居合わせたようなリアルな臨場感。この後ぐっと感情移入度が上がる感じ。
ラストは実在人物の証言が続きボストン強くあれ!で終わる。とにかく真面目な印象の映画。

この監督の前作「バーニングオーシャン」も同様の手法だが、この「パトリオット・デイ」の方がずっと良い。多分、架空の警官を登場させる事で、より「事件を解決させたいという熱意」というテーマがクローズアップされたからだと思う。

ただ正直見て面白いという映画ではない…。同じ監督でやはり実話ベースの「ローン・サバイバー」は大変面白かったのだが。
ノブ

ノブの感想・評価

4.2
臨場感あふれる演出で
何とも言えず胸が詰まる。

何の情報もないまま観て
最初主人公が多すぎて混乱したけど
実話なんだね
えみこ

えみこの感想・評価

3.8
エンターテインメントの役割は夢を与えることだけではなく、事実を無くしてしまわない事だとわかる映画だった

実際の映像も挟まれていて最後の犠牲になった方々や、巻き込まれてしまった人々の記録が残されている
人間の力とか強さとか
言葉にすると軽くなってしまうのだけど、1人でも多くの方に幸せになってほしい
そう強く思う映画だ
まっさ

まっさの感想・評価

4.0
なかなか感想にするのは難しいが、悲しみ・無力感・怒りが伝わってくる映画でした。
winos

winosの感想・評価

3.8
実際の映像を織り込んだ演出は、一緒に捜査に加わっているような緊迫感。
短期間で犯人を特定し追い込んだ課程はとてもスリリングだった。

マーク・ウォールバーグにあんまり華がないのもリアリティ倍増ですな。
ドラマ部分をきっちり丁寧に描いていたのも良かった。

で、実話ベースと解っていながら「ケビン・ベーコンが急にご乱心で捜査撹乱したらどうしよう・・」とか思ってしまったよ。

しかし、いかにもアメリカ的なエンディングだったなー。
2013年のボストンマラソンでのテロは当時報道も少なく、多くの犠牲者を出してしまったテロ事件くらいしか私は理解しておりませんでした。
この映画を鑑賞して驚いたのは、様々な機関の協力体制により、僅か約100時間で解決できたことです。

マーク・ウォールバーグが主演でケビン・ベーコン、J・K・シモンズなどが脇を固めていますが、実話のためほとんど目立ちません。

心に残ったシーンは、テロで亡くなった9歳の少年の死体を救急車が来るまでじっと警備し、待っていた警察官の存在です。
彼は有名な俳優でもなく映画内で役名もない方ですが、この映画では彼に焦点を当てていたように感じられました。
この警察官のようにボストンマラソン・テロ事件では、多くの名も無き英雄の存在があったからこそ、迅速な犯人逮捕に繋がったのだと思います。

主役はボストン市民なのでしょう。
mayo

mayoの感想・評価

4.0
ボストンよ、強くあれ!
この爆破テロはニュースで知っていたけど、犯人逮捕までにこんな壮絶な闘いがあっただなんて知らなかった。。
市民の安全のために命をはって、犯人逮捕に奔走する警官魂、執念がすごい。
そして、最後に流れる被害者の前向きな言葉や、義足でマラソンを完走する姿には涙がとまらなかった。
こんなこと、二度と起こらないでほしいと願うばかりだ。

被害者の視点からのジェイク・ギレンホール主演のボストンストロングも合わせて見たい。
19731110

19731110の感想・評価

3.9
久々の映画観賞…前から観たかった作品。

テロが起こった後の出来事を知らなかった…アメリカの強さを知る事ができた。
だいき

だいきの感想・評価

3.8
この映画を見るまでボストンテロがあったことをキレイさっぱり忘れていた自分が怖い。。
るき

るきの感想・評価

5.0
ニュース知ってたから
余計にリアルに映画として見て
こうゆう状況やったんかって
感じれた。
酷すぎる
映画としてすごく良かった