パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

こういう映画なので、ちょっと星は付けないでおきます。

こういう実際にあった事件そのままの映画を、どういう気持ちで観たらいいのかと思ってしまう。
それも、ほんの少し前の事件。
あまり、事実とは違う話は入っていないらしいし。
その事件の時の人物は実際にいらっしゃる。
この事件を題材にしてのフィクションなら、もう少し気持ちが違うのだが。
余りにも酷くて、辛い。

犯人逮捕までの緊迫感はすごかった。
多分、ひたすら地道な捜査なんだと思う。事件解決に協力された方は大変な思いをされた事だろう。

被害に遭われた方もテロに屈せず立ち直ってらして素晴らしいし、勇気をもらえる。

何故ドキュメンタリーでなく、このような映画なのか。
多分、より多くの人に観てもらいたいからなんだと思う。

テロは絶対に許されるものではない。
戦争と同じで、二度とあってはならないもの。

最後の結論。
それはもちろんわかっている。
でも、できない、できていない、
だから、
それを何度も叫ばないといけないんだろう、、、
何度も、何度も、、、
より、多くの人に向かって、
実際の映像も交えたドキュメンタリーに近い映画。
非常にリアルな作風なので、普段娯楽アクションばかり見てる人間にはちょっと物足りなかったです…不謹慎。
犯人との銃撃戦は派手で面白かった!……不謹慎!
こんなことがあったなんて。。観ておかなきゃいけない作品だと思う。
ボストンマラソンで起きたテロの実話を基にした話。
あーーー確かこんなことあった!と思いながら見たけどこんな裏話があってこんなにひどい惨劇だったとは。
ピーターバーグ監督ってほんとめちゃくちゃリアルに、痛々しいほどに鮮明に映像化するよね。

国を愛する心、街を愛する心。
「悪魔は愛を奪えない」すごく心に響いて思わず涙。
アメリカってすごいなーと思った
警察や捜査部隊の規模、迅速な対応、市民と共に立ち向かう意思。
とか一人一人の強さで街の強さがわかり、みんなほんとに一人一人かっこいい愛国心を持ってるんだなと感心した。
強く生きる人はかっこいい。
あんな惨劇の被害にあって、足がなくなったりしても、あそこまで強く生きていける強い人々に感動した。
satomi

satomiの感想・評価

4.2
知っておきたい、知っておかなきゃと思うような史実を扱う映画
『スポットライト』的な

ボストンマラソンのテロ、そんなことあったなぁくらいの印象だったけど
遠いところの出来事にしちゃダメなんだよね

フィクションをプラスしてるストーリーだったけど、この事件に携わった、あの場にいた警官の信念の結晶みたいなのが主人公なのかな
しっかりボストンの街の人たちの生活とか生き方を描いてくれててよかった
BOSTON STRONG
SK-1

SK-1の感想・評価

3.2
実話なんだけど、作為はないかと観てしまう、、白人警官が主人公だし。。
Kenji

Kenjiの感想・評価

4.5
だめだ、実話ものに最近弱い。
実際映像を交えての作品だから余計に衝撃が走る…爆発のシーンとかもう見てられないよ。
映画ですらここまで衝撃を受けてるのに当時実際に現場にいた人のことを考えると凄く胸が苦しくなる。

映画としてはサスペンスの分類になるのかな?わかりやすくて見やすかった。
マーク・ウォールバーグが出演している作品はなぜか安心感が得られるのが摩訶不思議!相変わらず演技に魅了されます。

ボストンマラソン事件後の1人の負傷者の生き様を描くジェイク・ギレンホール主演の『ボストンストロング』も合わせて見たい作品だから近いうちにみてみます。
kirito

kiritoの感想・評価

3.5
【義足】

マーク・ウォルバーグの影の薄さは草。
ベーコンとシモンズの方が印象に残るってこれどうなのよ。

2013年のボストンマラソンのテロ。
そういえばそんなのあったな…くらいの認識で観たら結構衝撃だった。

当事者の話を元にボストンマラソン開始前の被害者達の動きが描かれていて、ある意味一部群像劇のようになっている。

自分は片足を失ってあんなに前向きに頑張れるだろうか?
手術前でナーバスなこともあってそればっかり考えてしまった。
だからあの片足を失ったカップルの笑顔と努力はすごいと思った。

死者は警官を含めて4人。
なぜテロが起きてしまうのか。考えるだけで悲しいが、いつかなくなる世の中を信じたい。

ぶっちゃけウォルバーグ主人公って映画じゃなかったな。

※自分の話だが、なによりもこれ手術前に見て失敗した!
普通に痛いし、恐怖心煽られまくりだった😇

2019.3.7 kirito入院中

是非「ボストンストロング」との二本立てで鑑賞していただきたい作品、「パトリオット・デイ」です。

いずれの作品も「ボストンマラソン爆弾テロ事件」が題材になっています。

「パトリオット・デイ」は、加害者獲捕までの経緯と、捜査員を主人公に据えた作品。

「ボストンストロング」は、テロによる爆発で、両足を失った被害者を主人公に、絶望や苦悩からの再起を描いた作品です。

「パトリオット。デイ」ですが、こちらは事実に基づいた、ドキュメンタリー+フィクションで、#マークウォールバーグ 演じる、トミー・サンダース巡査部長は架空の人物です。

テロリスト逮捕までの一連の捜査員の流れを、マークが演じているといった具合です。

ですので、トミー巡査部長には、本来殺人課でありながら、行き過ぎた捜査の懲罰として、限定的に交通警備業務に格下げされている無頼漢という、エンターテイメント要素が盛り込んであります。

例年、「パトリオット・デイ」=「愛国者の日」に開催されている、ボストンマラソン。

健脚自慢の市民ランナーらが、続々とゴールを駆け抜け始めたときに、ゴールゲート付近で二度の爆発。

辺りは騒然とし、人々が半狂乱になる中、何が起こったのか、脳内処理能力が負い付かないといった具合で、呆然となるトミーですが、すぐに無線で指示を出し始めます。

#ケヴィンベーコン 演じる、リチャードFBI特別捜査官が到着し、指揮を執り始めたあたりから、臨場感に溢れる描写で、自分もその場にいるような緊張感を覚えます。

なんというか、ただ「犯人は誰だ?帽子を被ったこいつか?よっしゃ!捕まえろー!」といった、日本の2人組の寸劇のような流れではありません(笑)。

捜査班の、テロと断定していいものかという葛藤や、犯人と思しき顔写真を公開していいものか、苦渋の決断を迫られるといった、リアリティが再現され、時折挿入される実際の事件映像が、リアリズムを一層際立たせます。

事件発生から、102時間で犯人が逮捕されるまでの劇的な展開を、捜査員、被害者、犯人目線や感情も盛り込んで、ドラマティックでスリリング、かつ丁寧に描いてあります。

8歳の子供を含む4人が死亡、184人が負傷し、そのうち少なくとも10名以上が、手足を切断するに至った、テロによる悲劇。

犯人逮捕までは、「マジか」と目を見張り、息を呑むシーンの連続ですが、最終的には泣けます。

「テロには屈しない」と言うメッセージの、「ボストンストロング」という合言葉とともに、町や人の心が再生していく様に感動を抑えきれません。

「何故劇場で観なかったのかな?」と後悔するほどの良作ですので、未見の方には是非オススメしたい作品です。

マーク・ウォルバーグ、イマイチ苦手だったんですけど、ちょっといいじゃんと思えました。
Benjamin

Benjaminの感想・評価

3.9
事件の記録映画

アメリカってすごい。
大規模な捜査本部すごい。
軍の本部みたいにあっという間に出来上がっていくのがすごい。
組織の団結力というか統率力というか実行力というか技術力というか…すごい。(語彙力)

まず、これが実話に基づいた映画なのがすごい。
住宅地で銃撃戦とな…。

日本は本当に平和ぼけしてるなと感じた映画でした。