パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:133分
    監督
    ピーター・バーグ
    脚本
    マット・チャーマン
    エリック・ジョンソン
    ジョッシュ・ゼッツマー
    キャスト
    マーク・ウォールバーグ
    ジョン・グッドマン
    ミシェル・モナハン
    J・K・シモンズ
    ケヴィン・ベーコン
    エリカ・マクダーモット
    ヴィンセント・カラトーラ
    ジェームズ・コルビー
    メリッサ・ブノワ
    あらすじ
    2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

    「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

    テロとの戦いを描いたドキュメント。

    アメリカの底力や価値観って、揺るぎ

    なく、すごいなと感じる。

    平和な世界の尊さを改めて感じる

    作品でした。
    ボストンマラソンでテロがあったことはニュースを見て知っていたけれど、その後犯人をどう捕まえたかは知らなかった。
    住宅地であんな激戦があったなんて…
    犯人を捕まえる為に、商業施設や交通機関をストップさせるとか、日本で出来るんだろうか…

    主役はボストン警察のトミー。
    だけど色々な視点がありテロと戦ったみんなが主人公のように感じた。
    逆に言えば、トミーの主人公感が薄かった。
    トミーは架空の人物なので、もう少し見どころを加えることも出来たのではないかなと思う。

    映像的には、実際の映像を自然に見せていて、これは実際の映像なのか映画として撮った映像なのかわからない部分もあった。

    この映画では泣かないと思っていたけれど、最後の最後の被害者で涙が出てきた。
    子どもが犠牲になるのは本当に悲しい
    ボストンで爆破テロが起こったという知識しか持ち合わせていない私でも衝撃と感動を得られた作品でした。こんなことはもう二度と起こしてはいけない。テロリズムの恐ろしさが痛いほど感じることができました。
    日本というテロの印象が薄い日本だからこそ見てほしい映画だと思います。
    劇中、8歳という若さにして犠牲者となってしまった男の子にはただ涙を流すことしかできませんでした。。
    緊急事態のときに、誰が仕切って誰が何を担当するのかスムーズに決まる。 
    責任感とスピーディさが気持ちいい。
    雰囲気は『クラッシュ』に似てる。
    テロに打ち勝つのは、愛、なのだそうだ。
    愛があれば、テロリストのふるう暴力にも決して屈しない。
    愛によって団結し、わたしたちはテロに立ちむかう。
    そのおぞましさに、寒気をおぼえる。
    では、テロリストたちを暴力へとかきたてるものは、なにか。
    それもまた、愛、なのかもしれないではないか。
    この容疑者たちは、そうではないかもしれない。かれらが崇高な理念を持っているようには、思えない。いや、あえて俗っぽく描いているようにもみえる。悪とはとかく凡庸なものである。
    だが、テロリストたちを束ねる思想の根っこにあるものは、やはり、愛、なのではないか。
    家族への愛、祖国への愛、神への愛。
    アメリカの対テロ戦争を描く映画を観るたびに思う。けっきょくは合わせ鏡ではないのか、と。
    愛は容易に、憎しみへかわる。その憎しみが、ひとを暴力へかりたてる。

    この物語にヒーローは登場しない。
    普通の市民がほんのわずかな勇気をふるい、名もない警官がすこしずつ活躍して、事件を解決へと導く。
    そういう意味では、みながヒーローであると同時に、みながヒーローではない。
    いうなればボストン市民そのものが一個のヒーローである。
    その顔のみえない、ふわふわとした得体の知れなさは、わたしたちがテロ組織に抱く不気味さと、ぴったり重なる。
    テロリストも一般市民のなかに紛れこんでいるために標的がさだまらず、名もなき若者が殉教者となって、破壊へと導く。
    正体不明のテロに立ち向かうには、市民の団結が欠かせない、という考えかたは理解できる。
    だが、その団結を英雄視してはならない。
    安易な美談にしてはならない。
    美談は、危うい。

    ではおまえは、おまえ自身が、あるいはおまえの大切な家族が、テロに襲われてもいいのか、とつめよられたら、わたしは弱々しく、わからない、とこたえるほかない。
    わたし自身がテロの被害にあったとき、わたしはあの夫婦のように、ふたたび力強くは生きられないかもしれない。
    わたしの大切な家族がテロに襲われたとき、わたしはテロリストたちを憎み、かれらの仲間や祖国に暴力をふるうことを、支持するかもしない。
    情けないことに、そのときどう思うかは、ほんとうにわからないのだ。
    わからないから、考えている。
    映画を観たり、本を読んだりして、いざそのときに自分を見失わないように、取り乱さないように、考えて準備をしている。
    考える材料を、わたしは映画に求めている。
    わたしが観たいのは、美談ではないし、ドキュメンタリーでもない。
    わたしが観たいのは、ましてや一方的な価値観を押しつけるプロパガンダではありえない。
    わたしは英雄を求めていない。
    ボストンの英雄は、デイヴィッド・オルティーズだけでいい。
    ピーター・バーグ監督の前作
    バーニングオーシャンを観損ねたので今回の新作パトリオット・デイは観てきました‼︎2013年ボストンマラソンのゴール付近で爆破テロが発生、開始から被害者の人間模様や警察官の関係がサラッとだけど分かりやすく表現されテンポもよかった。
    後実際の映像も流しているからとてもリアルにテロの恐怖が実感できます。
    ラストのテロ被害者達のインタビューにボストンの強さと愛について話す所で号泣
    最高の映画です‼︎
    テロリズムに対する
    アメリカの姿勢を示した
    ある意味プロパガンダであり、
    信念の映画。

    なまっちょろいヒューマニズムなど
    吹き飛ばさんばかり。
    ここまで振り切ってくれると
    かえって清々しく感じてしまう。

    ドキュメンタリータッチの実録映画であり、手に汗握るサスペンススリラーであり、血が沸騰するような西部劇的カタルシスまで味あわせてくれるような多面性が、ひとつの一貫した信条に貫かれている。
    凄い。

    いい悪い別にして、
    アメリカの力強さを
    まざまざと見せつけらる一本。

    本作の動画レビューをアップしました!
    https://youtu.be/UlQX7o7VTbw
    完成度高いし誠実に撮られた良い映画なんだけど、エンディングはちょっと感動の押し付けというか、実話だから文句言えないだろな感じがなんかなぁ‥同じ監督のキングダムのラストのような苦味が欲しかった。

    このレビューはネタバレを含みます


    まだ記憶に新しいボストンマラソンでの爆弾テロ
    ニュースで映像が流れる度に見ていたのに
    いつの間にか過去の出来事として忘れかけていた
    当時の映像が織り込まれリアリティが半端ない
    自分もその場にいるかのような臨場感
    ずっと続く緊迫感で動悸が治まらなかった

    FBIと地元警察の協力
    そして市民の協力も大きな力になり
    事件発生から102時間で犯人逮捕

    事件解決の裏で起きた事も
    この映画を観なければ知らないままだった

    ケヴィン・ベーコンほんと渋かった
    もう少し出番ほしかったなぁ~