パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

具視

具視の感想・評価

3.8
レンタルにて。
悲惨で、観た後は悲しくて暫く引きずった。
犯人との戦闘も凄かったし、見つけた時もドキドキした。
じえり

じえりの感想・評価

3.2
テロダメ!絶対ダメ!
なんで罪のない人達を殺すの?
リアリティがすごいので苦しくなる
住宅街での銃撃戦からラストに向かって息がつまる
泣けた
慎太郎

慎太郎の感想・評価

4.1
この事件は知っていたけど、犯人逮捕までに裏でこんなことがあったなんて知りませんでした。。
ボストン全体が一丸となっていてとても感動しました。
tomomo

tomomoの感想・評価

4.0
防犯カメラや写真がリアル感を演出する。緊張感がすごい。
住宅街の銃撃戦とか怖かった。テロって怖い。
実話ものお決まりのラストでもやっぱり泣いちゃう。
BOSTON STRONG!
「ザ・正義」というアメリカの愛国心に満ち溢れた映画を想像していたら意外にもリアリティ重視。感傷は抑えて犯人確保までの緊迫感で魅せる。誤報や見落とし、実際に起こりうる現場の混乱をしっかり描いているところがいい。どんどん濃くなるマーク・ウォルバーグの目の下のクマが事態の深刻さを物語っていた。屈しない心、愛という希望、そのあたりはエンディングで。本編で抑えていた分胸に響く。
ボストンマラソンでの爆弾テロを映像化。いろいろな糸を紡ぐべき脚本にはまだるっこい点多々あるが、事実の重みは強く、それでその欠点は覆ってしまう。一方で監視カメラの充実ぶりが怖かったりと。なかなかブレイクしないメリッサ・ブノワが犯人の妻役で出演。‬事件からあまり時間経過していない中で映像化するアメリカには、いつも驚かされる。
wowowの録画で。臨場感。犯人の動機が、最終的には明確でなく…少し残念。
アキ

アキの感想・評価

4.8
録り溜め映画『パトリオット・デイ』観終わり。

傑作。
言わずもがな実話。
お約束の最後に出てくる実際の当時の映像がたまらない。
なによりも作品にリアリティを生む。

あー、劇場で観たかったよぉ....

この映画は「正義と悪」じゃあない、「愛と悪」の戦いの物語だと。
愛は悪にはけっして屈しないという哲学を学びました。

M・ウォールバーグ演じる主人公の警官は、実際に捜査に関わった数人の警官をまとめた架空の登場人物だそうだが、マッチョさ皆無で「膝が痛いねん」とか、どこか人間臭さが出てて好演だった、と。

そして、キレッキレな我らがK・ベーコンw
警視総監役のJ・グッドマン、実際の映像の警視総監もあまりにもJ・グッドマンで吹いたw

しかし、日本盤のポスターのコピーはホンマにゴミやな。
ホントに「奇跡の〜」とか好きだよなぁ....
アメリカ映画の大好きな愛国映画。途中まで面白かったのだが、最後にウンザリさせられる。
K

Kの感想・評価

3.8
実行犯のとった行動は、どうしたって許せないことではあるのだけど、動機が分からない。

第二の実行犯を産まないためには、許せなくても、どうしてテロを行なってしまったのか、理解する必要があるように思えた。

移民としての疎外感からだったのか、イスラム教徒としてなのか、チェチェン人としてだったのか。

映画として見入ってしまう完成度の高さだったけど、動機が知りたい。