パトリオット・デイの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.8

あらすじ

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

ぶく

ぶくの感想・評価

3.4
テロは本当許せない。
9歳の男の子含め亡くなった人達の写真が最後流れた時は涙が出てしまった。

映画自体は色んな要素を含んでいて、最後はアメリカ、ボストン万歳祭典の様でちょっとひく。
それに、冒頭から爆弾テロまではずっと負傷者フラッグの紹介で、いかに素晴らしい愛とユーモアに溢れた日常だったのかを演出し過ぎていて、愛してるのオンパレードでこっちが小っ恥ずかしい気持ちになった…
アメリカ人はあんなに老若男女愛してるだらけの日常なのか?
でも、テロが起こってからはFB Iとボストン警察との怒りの逮捕劇までは面白かった。解決後は今度はドキュメンタリー、愛はテロには負けないみたいな作りになっていきました。
事件はひとつでも、いろいろな事が起きているのだ、ということをみせてくれる。
緊張感がずっとあり、そのうえで被害にあった方々の姿を見て、そして自分で実際に当時のニュースや現在と犯人の様子を調べたことで、一層このテロは許し難いものだと感じた。
強い意志を表示するためと言っても、その手段を間違えればその考えは悪と定義される。
あおき

あおきの感想・評価

5.0
なんか、めちゃくちゃくらった

めちゃくちゃ泣いた

映画館で見たけどもっかい見た
警察ってかっこいい
申し訳ないけど、ワクワクした。次は何が起こるのかって。面白すぎ。いい映画すぎ。
爆発が起こってもパニックにならずに救助活動をした人がたくさんいた、
これがこの町の善だと思う。
絶対日本も義務教育で止血方等を学ばせるべき。
人が目の前で轢かれてもその場を去ってしまうのは方法がわからないからだよ。

主人公がずっと足引きずってるの真剣に面白いんだけど。
ボストンマラソンの爆破テロ事件の話
終始緊迫感がすごい
実話だと思うと怖いなぁ
シロ

シロの感想・評価

2.6
ニュースじゃ他人事に聞こえるけど、映画となって当事者の気持ちになったら怖くて泣いちゃった…。8歳の子の遺体が置き去りにされたのが1番辛かった。テロがあったのは知っていたが、その後に警官を射殺したり車を盗んだり(中国人男性が助かって良かった)、町中の銃撃戦、ボストンに戒厳令のようなものが出たのは知らなかった。すごい緊迫感だった。犯人の妻への尋問が印象的で、宗教のあり方が少し解った気がする。警官が主体でドキュメンタリーを見てるようだった。最後の本人映像がまた泣かせる。「悪魔に勝つのは愛だけだ。」
凡人

凡人の感想・評価

3.5
真剣に観てなくて、途中途中流れる映像に違和感ありましたが、実際の映像だったのですね。
実話だとは知らずに視聴していました。
マラソン大会のシーンはどこかで見たかもと思ったので、当時放送していたニュースを見たはず。
マラソン大会、銃撃戦のシーンがリアルで衝撃。
ベテラン警察官さん無事で良かった。
地味にヒヤヒヤしました。

現場の写真等がネット上に大量にありますが、被害者の方々を思うと、気の毒で仕方ありません。
記憶に残る作品になりました。
刺身

刺身の感想・評価

3.4
これが実話だとは思えないぐらいの惨劇であり、どれだけ酷い事件だったのかがよく分かる

爆発によって引きちぎられた誰かの足だけの描写がそのことを1番物語っていたように思える

そして、子供の遺体をずっとひとりの警官が見守り続けていたところにもぐっとくるものがあった
実際の画もちょいちょい入れられて、来るものがある 最後までちゃんと見れた

ジハードって最悪だよなと思える映画