パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価



ボストンでのマラソン大会。

その中での爆発事件。

リアルに見せる技術すげぇな…

ボストンマラソン爆弾テロ事件っていう安直な名前で呼ばれた悲惨な事件をモデルにした映画。
これ2013年に起きた事なのな…

2013!?めちゃくちゃ最近やん!
それを2016年に公開するって 当時中々賛否両論あったらしいですな…


そりゃこんな事件やもんな。多くの人が関わってるし その場にいなかった遺族や 亡くなった人の友達や身近にいた人がどう思うか そりゃ批判は多くなるわな…


その問題を何とか解決して 色々考えながら慎重に作られたという この映画。
何回か実在の話を映画にした映画のレビューを見てくれた あなたなら分かるでしょう 俺の実在の話を映画にした系の嫌い度。でもこれは大丈夫でした。
いやぁ素晴らしい。

リアルで なんというか、その爆発時にいた人の話も入れてきたり、亡くなった人の後の対応など…いやぁ胸がギュッてなるね 辛いっていうか なんていうか


変な言い方になるかもしれないけど 面白い映画です。
色んな視点が描かれてて。

是非観てください。
重めな実際にあったテロ事件が題材だけど立派なアメリカ映画に仕上がってた。
愛してる人に「愛してる」と伝えることがいかに大切なことか
日本語となると何でこうもこっぱずかしいものなのか…
YASSAI

YASSAIの感想・評価

4.2
ラストのボストン市民の愛と勇気に満ちた姿がとても印象的だった。
ピーター・バーグ×マーク・ウォールバーグのタッグは良作ばかり。
2013年のボストンマラソンでの爆弾テロ事件の映画化。
自発的なテロってを防ぐのって不可能でしょって思った。


2017/11/18 Blu-ray
うめ

うめの感想・評価

4.3
緊張感が凄まじい。こんなことが本当に起きてたとは!?知らなかった自分が恥ずかしい。
『テロ許すまじ、アメリカ〜!
一致団結、アメリカ〜!!
アメリカこそ、正義〜!!!』
感の圧がスゴい(´・_・`)
Santa

Santaの感想・評価

4.0
手に汗握る。
突然の暴力。
たくさんの方が被害にあわれているので言ってはならないかもですが、これは胸熱。
人の強さが沢山詰まった一作。

ザ・タウンのジェレミーレナーばりに地元感のあるマークウォールバーグがかっこよかった。
僕も蒲田のために戦うぞ。
実際に起きたテロ事件を題材にしたのでスリリングに話が進んでアクションもあり楽しめた!
ぺ

ぺの感想・評価

4.2
ケヴィンベーコンが出てきた瞬間勝利を確信してガッツポーズしてしまった。