パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

waka

wakaの感想・評価

4.0
【振り返り簡易レビュー】

心地よいスピード感で緊迫した世界観を描ききっていたと思います。本編だけでなく、YouTubeなどで公開されているインタビューなどの制作秘話も興味深かったです。
実話だからしょうがないのか…(-_-;)
中盤~ラストにかけて見事に失速したね~
最大の危機でゎ無いし最大の奇跡ゎ生まれなかった!
そして最後に無能なくせに警視総監、巡査部長、FBI特別捜査官、州知事などなどが偉そうに能書きたらしに来てたから胸糞悪い!
かっこつけて出てくるな!
劇中「これ実話か」と何度もハッとした。たくさんの強い意志が事件を解決する。
まーや

まーやの感想・評価

4.0
事実かどうかはわからないけど「腰の高さにするべきだったな」っていう犯人の言葉にはぞっとした。
断片的に知っていた事実に関してその悲惨さ、残忍さ、当事者の気持ちを含めた詳細を知って何かを感じれる実話ベースの映画の意義は大きい。逆に日々ニュースでみている事実が自分の中でいかに他人事かを思い知った。

現場を誰が仕切るんだっていう警察とFBIの住み分け?が面白かったのとスムージーguyは何者だったんだw
なかお

なかおの感想・評価

3.9
こんなリアリティと緊迫感を映画で表現してるのが素直にすごいと思った。
映画はおもしろかった。
期待通りの感動。


だけど実話だから
アメリカ側から見た感動ストーリーだけじゃない、と思うと複雑。
ピーター・バーグ×マーク・ウォールバーグの前作、『バーニング・オーシャン』に引き続き、事実を基にした映画です。事実を基にした映画は、ドラマ性を持たせれば嘘になるし、ドラマ性が無いと映画として面白くない。前作『バーニング・オーシャン』はドラマ性は無かったが石油プラントの爆発という映画としての絵力があった。今作はドラマ性と絵力の両方を兼ね備えた、明らかに『バーニング・オーシャン』のアップデートとなっている。
ストーリーとしては、事実を多角的に淡々と語っているように思えるが、犯人の犯行動機を意図的に省くことでシンプルで分かりやすいものとなっている(これに関しては犯人の1人が死亡しており、まだ捜査段階の為、あえて触れていないとも考えられる)。
aoi

aoiの感想・評価

3.7
2018年 8本目
当時ニュースで流れた約5分程度の情報と知識しかなかったこの事件。
こんなにも胸が苦しくなる事実があったとは、この映画を観るまでは知る事が無かったと思いました。

もっと世の中を知るべきだと考えさせられた作品です。
ベチィ

ベチィの感想・評価

3.4
ボストンの日常の中にひとつの異変。
兄弟と兄嫁、そしてその子。
ややヒステリックな嫁は子供のことで手一杯。
兄弟は小声で何かを話している。
そして、″彼ら″がこの事件の犯人であることが早々に提示される。


実話ベースの物語で、テーマは「愛」。
テロに抵抗し戦ったのは「隣人愛」であり、「愛国心」であった。

この映画が他のテロ実話映画と違うのは、″テロへの恐怖″よりも、″防げないものにどう対処するか″を問うているところだろう。
ボストン市民の声の代弁、あるは製作者の意図も絡んで、トミーは過去を語りながら同僚に「愛の存在」を語る。


テロリズムと戦う愛の形を″犠牲者の復活″で締める本作は、テロリストへの決意が描かれていた。
言うなれば「テロリストよ、私たちは全力でお前たちを見つけ出し責任を取らせる。そしてお前たちの犠牲になった人々を全力で救助し支援する」というメッセージ。

″防げないことへの絶望″、その先に見えたのは、有事に際する人々の心構えなのかも知れない。


本作では実際の映像を織り込みながら、緊張感を削ぐことなくカウントダウンを刻んでいく。
予告編で爆発のシーンを知っているものの、「いつ来るのか」と身構えながらでも不意を突かれた「静寂の直後」だった。
まるでこちらの呼吸音を感じているかのようなタイミングで起こった爆発は、その後の狼狽するトミーの表情を交えながら一市民、一警察官の目線で積み重なっていく。



如何にもあざとく、ナショナリズム紛いのメッセージに少し感動が冷まされるエンドロールをボーっと眺めながら思う。

「教育は思想の暴走を止められない」

彼らが信じている正義、いや正義ですらない思想は、アメリカンカレッジで学んだものではなく、源流になる環境に依存する。
恐ろしいのは兄嫁は実際はカトリックの家系であり、イスラム教徒の兄に嫁いだことで″鉄の掟″を守り切ること。
個人に「思想」を植え付け、「思考」を奪う。
これが宗教の正体。
自身のアイデンティティの形成において宗教がこれだけ根付くことを日本人は理解できないかもしれない。
だが環境(集団)の中にいて、誰もが信じているものへの″冒涜″は、信心に関わらず嫌悪感を抱く。
その繰り返しが″現代の闘争″の起点だろうか。


正義を問えば、愛は傷つき枯れる。
正義が愛だと言うのなら、愛は愛を傷つけることになる。
では、愛は人を傷つけるためにあるのか?

歪んだ自己愛と愛国心が生んだ憎悪は、結果として″単なる感情の発露″でしかない。
ここにテロリズムの限界がある。
本作はそれを再認識されてくれる良作だった。

ただ、映画終幕後のエンドロールに流れる実際の映像に関してはいただけない。
「映画」から急に「報道」に変わってしまい、鑑賞者から余韻を即座に奪い去る。
あえて登場させないという″こだわり″を見せて欲しかった。
「映画」を「映画」のまま、観終わりたいものだ。
Raul

Raulの感想・評価

3.8
号泣した。。

事件のことはニュースで知っていたけど、こんなことがあったなんて

本人インタビューもメッセージが伝わる