パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

見るべき映画
ayumi

ayumiの感想・評価

3.8
衝撃的なニュースだったため、思わず映画も観てしまったけれど
テロに関する実話が映画になることで、更に事件が増えないことを願います。

このレビューはネタバレを含みます

実録にしか出せない異様な雰囲気を体験できる映画だった。
「バーニング・オーシャン」のときもそうだったが、まるで自分がその場にいるような感覚になる。
中国人青年が犯人らに捕まって逃げるまでの展開がとくに緊張した。
いきなり始まる爆発ありの派手な銃撃戦も圧巻。
静かな、それぞれの何気ない生活を描くオープニングらか始まるこの映画。静寂なピアノの旋律がより一層それを際立たせている。また、その様子を限られた時間で丹念に描くことで、それを奪うテロという行為の残虐性をより一層際立たせている。

そんな序盤から始まり、テロが発生するわけだが、その後のFBI、警察の初動は見ててとても素晴らしく呆気にとられるほど。巨災対もビックリだが、巨大な倉庫に現場を再現しようとする辺りはなんともアメリカらしくスケールが大きく、そして雑。

事件解決に向かう過程で、徐々に「人を愛して、信じること」の崇高さみたいなところにテーマが移っていく。科学、技術、知識、をフル動員して犯人に迫ったものの、最後は愛こそが最高の力である。という結末はアメリカらしく、いい。最初っから愛こそ全てという欺瞞から始まらないため、まあそういう視点もあるよね、とすんなり受け入れることができる。

また、加害者側のイスラムの人にも尊い愛の存在があることを描いてたのはいままでの作品と違い一歩踏み込んでいたのではないかという印象がある。

あとは、警察やFBIといった公的権力をちゃんとヒーローとして敬う姿勢もアメリカらしく素晴らしいと思える。右も左も関係なく、しっかりと称賛する文化が成熟している。ファッキンジャップはそういった点が未熟だから所詮何を喚いても幼稚に見えるんだろう。

ラストはエピローグとして実際の被害者達のその後をを紹介して終わる。きれいごと言い過ぎだろ、と思う人もいたが、オープニングのピアノの旋律が再度流れ自然と涙が出る終わり方となっていた。
Bigbelly

Bigbellyの感想・評価

3.8
当時実際に目にしたニュース映像がそのまま使用されているので どこがフィクションでどこが現実かわからず終始緊張感を持って鑑賞できた

フィクションのマーク・ウォールバーグの奥さんと自分の件の場面はいささかtoo muchに感じたが、実際のボストンの人々がテロから立ち直ろうとする姿には感動する
ずん

ずんの感想・評価

4.1
この後何が起こるか知っているうえで観る。最後まで緊張感で体が固まったままだった
爆発まで何組かの人々に焦点が合う
この人達はこの後テロに巻き込まれて何らかの傷を負うのだろうと悟る
事件後のスピーディーな展開には感動した
住宅街での銃撃戦はチビりそうになった
そうそう!JKがっ!JKシモンズが超絶カッコよくて卒倒しそうになった
主人公の犯人確保までの執念凄まじかったです
ただ一番知りたかった犯人の動機が見えてこず残念でしたが
chaaaanpon

chaaaanponの感想・評価

3.8
すっごく、怖かった…

死亡者5名、負傷者300名弱
正直数字を聞くだけでは、ピンとこなかった。
でも、当時の映像や彼らの日常や彼らの視点からの映像を見ることで、彼らには人生があって大事な人がいて…そしてそれは犯人たちにも。
当たり前だけど数字じゃないんだなってわかった。
それがとても怖かった。

ただ、「善と悪」の二構造に話を帰結させてしまったのが気になった。
もちろんテロ行為は絶対的な悪だとは思うけど、いやこのご時世でそんな単純な話にしちゃっていいのか、と若干不満。まあこの映画の主役はボストン市民と警察だから仕方ないのかもしれないけど。
でも犯人たちだってれっきとしたボストン市民だったんでしょ?なんだかなあ

ベーコンがゲイリーオールドマンみたいな貫禄をつけてきたのは、ちょっとおおってなった。笑
これからを生きる人間が見ないといけない映画だと感じた
目を背けたくなる場面もあるが反らしてはならない
最近見た映画で一番泣いた
エンドロール中も涙が止まらなかった
久しぶりに、映画を作って後世に遺してくれた監督への感謝の気持ちを持っている

本当に、最高の映画でした
日常が一瞬で壊れ去ってしまった、目を背けたくなるような惨状。そこから怒涛の展開で犯人を追い詰めていく、手に汗握る緊張感!

この捜査の光景は、極限状態でのプロの活躍を描くことを得意とするピーター・バーグ監督の手腕が光った部分ではないでしょうか。

もちろんこの事件のことは知っていましたが、正直「え、こんなことがあったの!?」と驚く展開の連続です。まあ、さすがにここはフィクションだろうと高を括って後から調べてみると、どれもが史実に忠実であることが分かり、さらに衝撃を受けました。

ラストはややくどい気もしますが、「犠牲者の数だけ人生がある」という忘れがちで当たり前のことを再確認させてくれるのはとても大事なことだと思います。