パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

miho

mihoの感想・評価

3.8
ボストンマラソンにおいて起きたテロ事件を映画化した作品。

報道で既知の情報があっても、引き込まれる。
それは、登場人物の人間味を感じられるから。

犯人を特定し、犯人捜索の流れは緊張感があります。

ボストン市民の愛国心がパワーとなり、ラストのシーンは泣けますね。

最後の実在する被害者の方のインタビュー映像は、この2時間強観てきた映像が実話だったことを痛感させられて、脚を失っても前向きに生きていく強さを感じました。

実話の映画化作品好きな方は是非。
せーな

せーなの感想・評価

3.9
スポットをあてられる数名の
事件前の生活も見れるから
感情移入しやすい。

実際の映像も交え、
だからこそ俳優も本人と近しい体格で
見せ方が上手い!

とても2時間越えの作品とは思えぬほど
飽きることなく観れる
白畑伸

白畑伸の感想・評価

5.0
いろんな側面から沢山の感情や考えが
呼び起こされてきて、なんとも
うまくまとめられない状態です。
とりあえず観てよかった、
でも映画館で観るべきだったな。

前作「バーニング・オーシャン」も
そうなんだけど、事件が起きる前の日常も
一人一人ちゃんと映してくれるのが
流れも踏めてよかった。
だからこそ先に起こる事柄に
よりハラハラさせられた。
今思えば冒頭のドア蹴破りシーンとか
事件前と後で結構毛色の違う映画になってるなぁと。

作品通してドキュメンタリータッチ?な
描き方が臨場感が増してすごくいい。
観てるこっち側も登場人物たちと
並走できるというか。

終盤の銃撃戦はなかなかの勢いでびびった。
マジで戦争映画観てる気分だ。
あの野郎なんであんなに爆弾投げんのうまいんだよ。
そんな中、ノーガード戦法で
犯人に向かっていくJ・K・シモンズが
気になって仕方なかった。笑

あのクソ無能取調官はなんなんだ。笑
嫌がらせして帰っただけじゃねぇか。

ラストらへんのトミーのあの話で
中盤の帰ってきたトミーと妻の会話が
フラッシュバックしてうるうる来てもうた。
犯人見つけた時の眼圧も凄まじい。

ラストの本人たちのインタビューがまた
「この映画面白かったな〜」で終わらせない
これが本当にあった出来事だと再確認させられる。

名画座かどっかでやってくねぇかな〜…
candy

candyの感想・評価

4.1
面白い映画だったけど本当に起こったことだと思うと怖すぎる。
その時に起こった人、一人一人に対しての描写があって…可哀想だけど今を生きようとしていてカッコよかった。
しあん

しあんの感想・評価

4.5
これが現実でおこったのかと思うとゾッとする。
リアルタイムでニュースを見ていた為怖いと数倍思った。
本当の映像を所々に挟んでいく感じは斬新だし、よりリアルに感じ取れたと思います。
面白いというのは不謹慎かもしれないけど、すごく良かったです
nao42

nao42の感想・評価

4.2

2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の事件発生からわずか102時間で犯人逮捕に至った顛末を描く作品です。

いや〜凄かったです🤭
住宅地であんな激しい銃撃戦があったとは…衝撃的です。
ボストンマラソンのテロは、ニュースで見た位しか知らなくて、大勢の警察官の献身的な捜査活動と市民の多大なる協力があったなんて不覚にも知りませんでした😓

あんなにも大規模なテロが、あったにもかかわらず、以前より強くなったというボストン市民。そこには多くの市民の様々な愛と絆があり、その市民の地元愛があったからこそボストンは息を吹き返していた。

犯人をつかまえても被害者の傷が癒えるわけではないその傷を本当に癒すのは、愛と優しさなのかもしれないですね^_^

2018年5月にもジェイク・ギレンホール主演の「ボストン・ストロング」というボストンのテロを題材とした映画が公開されます。パトリオットデイの警察視点とは違い市民視点で、構成されているので早く見てみたいです😆
golgoman

golgomanの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

あ、マーク・ウォールバーグだ。観よ。
くらいで鑑賞。

実話でしたねこれ。
2013年に起こったボストンマラソンのテロのお話。

日本でこの事件が報道された時って、その後どうなったかまで報道されてなかった気がするけど(自分がニュースをちゃんと観てなかっただけかも)、
この映画では、どれだけの被害があったか、どれだけの人が関わったか、また犯人逮捕に至るまでが描かれてました。

「こういう事件がありました。○○人の人が亡くなりました。」
という表面上の乾いた情報だけじゃなく、
不運にもそこに居合わせてしまった人達の、それぞれの人生などもストーリーの展開に合わせて描写されているので、
より重く、深く、内容が突き刺さってきました。
被害者が仮に一人だったとしても、その一人に関わる色んな人がいて、
またその人達にもそれぞれの人生があって、
たったひとつの事で、それらが大きく変わってしまうという、そんな事に気付かされました。
関わった全ての人が被害者なんだなと。もちろん犯人は除いて。
逆にこういう情報がないと、そこまで想像できない自分の想像力の乏しさに気づいたりもしました。

ラストのシーン。
ボストンの人たちの「ボストンよ強くあれ」、
感動しました。

この監督さん、「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」でもマーク・ウォールバーグと組んでるんだね。
冒頭で色んな職業や年齢の男女の日常が流れて、この人達が事件後に、どんな運命に見舞われてしまうのかハラハラしながら鑑賞。
被害者が大半で胸が苦しくなった。
いつ、自分の身に起こってもおかしくない出来事。
実話。
2013年のボストンマラソン中のテロ。

テロが起きた時の緊張感、その後の絶望感がすごかった。

足を失った多くの人々、亡くなった8歳の子ども。

犯人が武器を手に入れるためだけに襲われた警官。

マラソンを楽しんでたり、デートを楽しみにしてたり、誰もここで足を失ったり、死んだりするとは思ってなかっただろうな。

人間、いつ何があるか分からない。

犯人は、馬鹿な弟を利用して何でも押し付けるクズな兄とクズな兄の言いなりな馬鹿な弟。

逃げた人の勇気が凄い。
あの人が逃げなかったら、もっと悲惨なことになっていたかも。

テロは恐ろしい。
なくならないのかな。
SHABANI

SHABANIの感想・評価

3.8
テロの実話への興味とマーク・ウォールバーグ見たさに鑑賞。

改めて理不尽極まりないテロへの怒りや悲しさを思い知らされた。
『ボストンよ強くあれ』に感動。