パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

tkg

tkgの感想・評価

3.7
ボストンマラソン爆弾テロ事件について何も知らなかったな。

映画としても面白かったし、終始目が離せなかった。


この映画を観た後、無性に大事な人を大切にしようと思った。

今できることを。
rongdawu

rongdawuの感想・評価

4.2
ボストンマラソンテロ捜査の舞台裏を追う。命を奪われた人は勿論、車を奪われ人質にされた人、脚が飛ばされてしまった人、警備中に銃を奪われ殺された警官。現実というにはあまりに特殊な出来事なのか。
本当に犯人が2人であれば、“計画的なテロ”の脅威の大きさに震撼する。同時に情報社会の恐ろしさ、一歩間違えたら危うい組織内での”事なかれ“は逃れられない事実として刻まなければならないとも思う。
それにしても協力者や黒幕なくしてそんなに逃げられるものなのかしら。

テロ犯人の役柄を演じた俳優に乾杯。
レッドソークスのユニフォームが粋であった。
鶴次郎

鶴次郎の感想・評価

2.5
実録3部作では最低
実話だから仕方ないけど犯人捜索がメインなのでハラハラ感は少なめ
2013年に起こったボストンマラソンテロ事件の真相に迫った警官やFBIの姿を捉えたドキュメンタリータッチの作品です。
丁寧な聞き込み調査や
防犯カメラの解析など
臨場感が溢れていました。


捕まった犯人は劇中では語られてませんでしたがチェチェン人の青年2人。
爆弾の作り方などアルカイダがイスラム教徒にテロに勧誘する動画から学んだようです。
劇中でも動画を見ているシーンがありました。
そして、9.11はアメリカの自作テロと信じていました。
そんな陰謀論、バカバカしいけど確かに聞いた事あります。

アメリカが他国に攻撃をしているからという短絡的な理由で
テロを起こすのは勝手すぎる理由ではあるものの
見方を変えると同じような辛い思いをしている一般人がいる事は事実。


ボストンマラソンテロの被害にあった人々も映し出され、
離れ離れになった親子が再会したり、
脚を切断する事になってしまった夫婦が
数年後のボストンマラソンに参加する姿があったり、
不幸があっても這い上がる姿が描かれて
感動的ではあるものの
未だに続く紛争地域の人や
ロヒンギャ族のジェノサイドがある事も
忘れてはいけないなと思うのです。
添島

添島の感想・評価

4.1
主人公はマークウォルバーグだけど、出てくるみんなに物語があって、その真摯な作り方が最後にきれいにまとめられていてよかった。個人的には特にあの若い夫婦のつよさが胸を打った。一丸となるっていうのはこういうこと。でも、その矛先にいた彼らには、なにも許されないんだなぁ。娘ちゃん、どうなっていくんだろう。どうなるんだろう。

弟の友人たちの無責任さが、正直この事件ろくに知らなかったわたしには、ささった。
希望は爆弾より強し!

2013年4月パトリオット・デイ(愛国者の日)。世界中が注目するアメリカボストンマラソンのゴール地点で起きたテロ事件。
憎むべき犯人を追跡するボストン警察、FBI...そして市民たち。犯人逮捕までの緊迫の102時間を描いた真実の物語。

主演マーク・ウォールバーグ×監督ピーター・バーグ
『ローン・サバイバー』で味をしめ『バーニング・オーシャン』そして本作...実際の事件を映画化させたら、今や このコンビの右に出る者なし!と言っても過言ではないダブルバーグ第3弾。

もう、4年も前なのか・・・
まだ記憶に新しく何が起きるか分かっている事件なのに、先の展開が気になって目が離せない...一気に観れる133分!

爆発が起きるや否や、いち早く現場に駆けつけ適格に指示を出す、地元警官トミー(マーク・ウォールバーグ)
撃ち合いで いぶし銀の働きを見せる「ファッキンテンポ」の年配警官(J.K.シモンズ)
現場の状況を見て、即座にテロと判断。容疑者の段階で写真を一般公開の支持を出すFBI捜査官リック(ケビン・ベーコン)

テロリストに人権はない!
アメリカのテロに対するスタンスを目の当たりにしながら まるで その場にいるような臨場感。
スピード解決の裏に隠されていた非情なまでの姿勢。

「遺体も手掛かりだから動かすな!」
FBIの無慈悲な指示に事件解決と家族の気持ちの狭間で困惑。子供の死体に敬礼しながら見守るしかない警官。

10年後...この映画のことは、すっかり忘れているだろう。
でも、死して尚テロと戦い続ける幼き骸に敬礼している警官の姿だけは忘れたくない。

語り継ぐべきは〈悲劇〉ではなく〈団結〉そして〈希望〉
toshi

toshiの感想・評価

4.0
1人でBD鑑賞。

ボストンマラソンの爆破事件を描いた作品。
ニュースで見ただけでしたが、こんな事件だとは
知りませんでした。

普通にサスペンス的に見れてよかったです。

関わる人たちの冒頭の紹介的な流れが良い。○
マークやケビンの演技が素晴らしい。○
最後の最後のシーンは本当にウルッときます。
このための映画だとも言えます。○
kiko

kikoの感想・評価

4.0
良かった。実話がツライ。
最近の映画のテロ関連はほぼイスラム教
が犯人だな。誤った宗教の捉え方は本当に何も生み出さず悲劇のみ。

このレビューはネタバレを含みます

防犯カメラとかって結構重要なんだな~
見張られてる感じがして嫌だとか言う人もいるかもしれないけど、犯罪の予防にも役立ってるしもっと多く設置しても全然いいな。
しかし防犯カメラも役立ってるけど主人公の記憶に頼り解決した部分もあるので、機械と人間どちらかに偏らず両方の協力が重要だなって感じた。

このテロ事件の事は、この作品を観て少し思い出したけど、この映画を観ないと分からないような事が一杯あって、実際に起きていたと思うとかなり驚いた。
宗教とかの為に人を何人も殺すなんてとても考えられないし、そんな事をさせてしまう宗教なら神なんて信じない方がいいと思った。
事件を解決するために命を張る警察官達や、人質にとられて絶体絶命な状況でも勇気を振り絞った人などは本当に尊敬する。
totoruru

totoruruの感想・評価

4.0
これはイイ。
 
愛は何者にも負けない。
メッセージが凄く伝わってきました。
 
マーク・ウォールバーグ主演&ピーター・バーグ監督は『バーニング・オーシャン』に引き続きとなるが、前作よりもメッセージ性が強く完成度がアップしてると思う。
 
 
前半は様々な形で事件に関わる人々が描かれていく。
 
事件が起きてからはガラッと空気が変わり、凄まじい緊張感に包まれます。
 
とりわけ、爆発後の現場での物々しさは壮絶で、観ていて怒りと悔しさで自然と涙が溢れてしまった。
 
テロの発生と犯人がボートに隠れていたのはニュースで知っていたが、スピード解決の間にこんなに凄まじい出来事があったとは…。
 
市や警察の迅速かつ大胆な判断にも驚かされる。
街の封鎖や外出禁止令とか、日本では信じられないことが起きている。
 
日本に住む我々との温度差は計り知れないと痛感した。
 
それにしても犯人の妻の信念の強さときたら…。
その強さが良いことに使われたら、どれだけのことができるのか…。
 
全体的には苦しい内容だが、最後には希望が感じられて良かった。
 
やっぱLOVE&PEACEだよね。