パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

Rick

Rickの感想・評価

4.0
9.11以降アメリカでは最悪の爆破テロであるボストンマラソン爆弾テロ事件。日本においてもその事件当時の映像は幾度となく流され、その後の経過も比較的報道されていたように感じる。
しかし壮絶な銃撃戦は知りもしなかった。警官と市民の姿を評価した作品である。
OG

OGの感想・評価

3.9
悲劇を生々しく伝えるよう作られた作品が誕生しながら、なぜテロや犯罪がなくならないのか?
思考が異常な人らには、もはやつける薬など存在しないのか?
こんな誰も笑顔にならない事件は、なくなってほしいものです☺︎

マーク・ウォールバーグさんの安定感はもはや別格☺︎
irina

irinaの感想・評価

3.6
ずっと緊張感が続き、目が離せませんでした。実話だと思うと、面白かったというのも不謹慎な気がして、なんだか言葉を選んじゃいますね。
わりと最近の出来事なので、映画化早いなぁというのが最初に思ったこと。
犯人兄弟なんだかお粗末で、こんな2人に平和を奪われたと思うとやりきれないですね。
数樹

数樹の感想・評価

5.0
ボストン市民、警官、捜査官の勇気に感動。
反撃する武器は愛は名言
himaco

himacoの感想・評価

4.0
実際に起きた2013年 ボストンマラソンでのテロ。
犯人を追い詰めるまでの102時間。
実際の映像もあり生々しく悲惨な現状を目にする。

じわじわと犯人を追い詰める警察。
そして追い詰められた犯人の行動に心拍数が上がる。

被害に遭われたご本人方のインタビュー。
演技ではない本物の強さ。
Whiteman

Whitemanの感想・評価

4.0
実話を基にした映画である故に、内容の評価はするべきでは無い気がする。

こんな悲惨な事件により失った命もあるが、得たものもあるということを教えてくれる映画。

映画としては中だるみシーンや不要なシーンもあるけど、それが実話が故にリアルな展開だった。

このような事件を忘れてはならないという事で、この評価にします。
Tak

Takの感想・評価

3.8
ボストンマラソンの爆弾テロ。
爆破の瞬間の映像は何度も見た。
テロ犯が逮捕されるまでの報道は何と無く覚えている。
けど、実際にはあんな市街戦もどきの事が起きていたなんて…。

犯人は言う
「9.11のテロは反イスラムの感情を植え付けるためにアメリカ政府が仕組んだもの」
それを信じている事実が怖い。
ボストンマラソンのテロ、当時大学生でふんわりとした記憶しかなかったけれど街を閉鎖するほどの逃走劇になっていたとは。
実際の映像も交えているので緊迫感がただのノンフィクションものとは違った印象
なかなか評判高くて気になってた
ボストンで起きた実際のテロを基に
テロ発生前から犯人逮捕までを描いた作品。

マーク・ウォルバーグとピーター・バーグ監督の
3度目のタッグ作。

最早、実話ものではゴールデンタッグの
バーグ・コンビのようで…w



他の2作も観なきゃ!!( ´∀`)

…と思わせるだけの力が本作にはありましたね☆


実際のテロを扱ってるので
面白かったと言うのは、はばかられますが
ジリジリと胸に迫る見応えがありました。



9.11から2年後、アメリカで最も古い歴史がある
マラソン大会で起こりボストン中を
恐怖に陥れたテロ。


私もこのニュースは記憶があります!
映像も結構流れてたなぁ…


あの時の
「アメリカってやっぱ怖ェーー」とか他人事だった
自分を正座させて説教したいですね!



序盤30分は日常を穏やかに映し出す。

そして徐々に高まる緊張感と不穏。


爆発を機にそれまでの時が一変。


性別人種、男女や年齢なんて関係ない
神の名を騙った無慈悲の悲劇。

テロってホントそうたいね。

誰も巻き込まれるなんて思ってなかし
何が起きたのかもわからんけん。


日本は安全だから…
なんてことは最早言ってられない時代やなと。




うーむ、レビュー難しかなぁww


とりあえず監視映像や実際の映像など
わざと荒い画面で映したりすることで
迫真のリアリズムが生み出されておりました。


そしてなによりもこの事件に関わった人たちに
ありったけの敬意と尊敬、
そして慈悲と追悼が捧げられた映画だということが
自然と伝わってくる作品。


ボストンストロング!\\\\٩( 'ω' )و ////



ラストはこれ系の映画には多い演出でしたが
この作品はある意味ズルか!ww


あんなん、心に刺さるに決まっとるんやんけ!


深く知れてよかった映画でございました( ˘ω˘ )
よしお

よしおの感想・評価

4.0
ボストンよ強くあれ

ボストンマラソンで起きた爆破テロ。
発生から犯人逮捕までの102時間の警察とテロ犯、ボストンの街を描いたノンフィクション!!!

ノンフィクションということもあり、手に汗握りっぱなしでした。
マーク・ウォールバーグ今回も体張ってたな( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン大好きなゲフィンベーコンとの共演は僕得の映画でした。笑

色々な豪華なキャストが出ているけどどの人にも物語があって、実際の監視カメラの映像が使われていたりラストもインタビューで本人達が出ていて、テロのリアリティがどの映画よりも強かった。