パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 7ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

KATSU

KATSUの感想・評価

4.0
痛ましい事件を描いた作品だけに、リアルな描写も含め、辛い部分もあるが、それらを乗り越える「愛」をテーマに据え、映画として、しっかり作り込んでいた。
すごい。最高のスタッフ、キャストが揃ったからこそ出来た映画なんだろうな…スタッフの、この映画で事件を広めたいという思いが伝わってきた。

主人公である警察官、FBI、被害者、加害者、さまざまな視点から描かれる事件の真相はドキュメンタリーより映画的で、フィクションの作品より現実味があった。銃撃戦やカージャックの緊迫感は劇場で体感していればと後悔。しかし、愛は憎しみに勝つというセリフにはかなりグッときた。我々の心の中ではいつも善と悪が戦っている。まさにその通りだ。そこで善が悪を止められなくなってしまったらもう人間ではなくなる。
その事が、被害者の精神の強さを物語る。彼らは絶望的な状況に一瞬にして置かれた。でも、“ボストンストロング”の精神で自身の恋人を心配して、なんとか克服しようとしている。

この映画こそ全人類が観るべき映画。素晴らしいです。
みちお

みちおの感想・評価

3.5
ボストンストロング後に鑑賞。
同じボストンマラソンのテロについての映画だが、こちらは、ジェフの話は出ず、警察やFBIがどのようにしてテロの加害者を捕まえたかについてのお話。

ドキュメンタリーのような映画を観た後だけに、ドンパチするアクション映画感にうまく観れなかったけど、2つの視点で観るというのは良いことかも。
anna

annaの感想・評価

3.6
爆発が起きるまでもドキドキしましたが爆発が起きてから最後までのストーリーが息を飲む展開でした。実話だと思うと怖いです。辛い出来事だったが、人間は愛に溢れ、強いんだ!!と再認識した映画でした。
あ

あの感想・評価

3.8
ピリピリと張り詰めた緊張感が終盤ずーーっとあったのは凄かった!いかにもなハリウッド大作で、うまく映画に落とし込んだなと。
終盤マーク・ウォールバーグが愛について熱く語るシーンにこの作品のメッセージが詰まってるしとてもわかりやすかった。

主人公が良い意味であんまり主人公してなくて、事件に携わった全ての人の視線で映画が進んでいくのがよかった。

それとケヴィン・ベーコン激渋。
ニベア

ニベアの感想・評価

3.7
悲しい事件というよりも、人の強さを感じられる映画。
要所要所に実際のシーンが流れて、リアリティもある。
JACKMAN

JACKMANの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

爆破犯との銃撃戦は凄かった。
組織的なテロではなかったのね。
もちの

もちのの感想・評価

4.0
この映画と同じボストンマラソン爆破事件を題材にした「ボストンストロング」を観るために鑑賞。

本当に起きたことなのか信じられないくらい突然で、悲惨で、思っていた以上に現場の映像がリアルで、見てるだけで辛かった。

そんな絶望的な状況の中でも強くあろうとするボストンの人々は本当に凄いと思うし、本作はそんな人々を通して、テロへの姿勢をストレートに描いていてすごく良かったと思う。

ただ警官、市民、テロリストという3視点で進む分、テロリストのバックボーンでもある、アメリカで育ちながらもイスラム過激派に陶酔してしまったホームグロウンテロという問題をもう少し取り上げて欲しかった。
りおす

りおすの感想・評価

3.0
・主人公が始めの方しか目立たない……
・構成的に無理があったのでは、と思ってしまった
パトリオット・ディ
2013年のボストンマラソンでのテロ事件を描いた映画です。実際の映像もあり、リアリティが高い仕上がりになっています。テロが起きてから最後までずっと緊張感が続き、引き込まれて行きます。
最後の被害に遭われた人の前向きなコメントは悲しみの中でとても勇気づけられるものでした。相変わらずケビン・ベーコンいい味だしてましたねぇ。