パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:133分
    監督
    ピーター・バーグ
    脚本
    マット・チャーマン
    エリック・ジョンソン
    ジョッシュ・ゼッツマー
    キャスト
    マーク・ウォールバーグ
    ジョン・グッドマン
    ミシェル・モナハン
    J・K・シモンズ
    ケヴィン・ベーコン
    エリカ・マクダーモット
    ヴィンセント・カラトーラ
    ジェームズ・コルビー
    メリッサ・ブノワ
    あらすじ
    2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

    「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

    ドキュメンタリータッチでテンポよくまとまっており、テロ当日どのような状況であったか的確に伝わってきた。作品としては、犠牲者への追悼とその後の逮捕までに関わった方々への敬意が主軸であり、テロ事件としてのもう片方の側面は描かれておらず、その点でもう少し深堀りした内容が見たかった。
    マークウォルバーグが主演。
    実話という情報のみで鑑賞

    率直に、
    面白い映画とゆーより、良い映画ですね。

    不協和音?の使い方が絶妙でドキドキしました。ストーリーのテンポにちょっと不満なので減点。

    映画を見てこんなことあったよーな気がする。っと知らなかった自分に腹が立ちました。
    強く生きていく、悪には屈しない。
    そんな気持ちにさせてくれました。
    2013年ボストンで起こった爆弾テロを扱った本作ですが、実際の監視カメラ映像等も用いられており事件の顛末非常にリアルに映像化されていたように思う。事件現場の悲惨さや事件解決の為に奔走する警察の姿をまるでその場で見ているかのような臨場感で表現されていた。
    今まで自分とは別世界の出来事のように感じていたテロ事件が、現実に起きた出来事なのだという当たり前の事を再認識させられたような気がする。
    映画を見ていて、どこかで聞いた話だなと思っていたら、あの爆破テロ事件の話だったんですね…。
    爆破が起こるまでの穏やかさから一変して、たくさんの人々が恐れ、悲しみ、逃げ惑う様子に足がすくみました。まるで現場にいるような臨場感が、今作ばかりは見ていてしんどかったです…。
    たくさんの人物の視点から描かれていることにより、今回の事件が人々に与えた影響を、視聴者が自分に近い境遇や主観を持つ人物に当てはめて想像できるところがよかったです。
    無難に面白かったです。この監督の作品は何作も見てますが、安定した魅力はあります。アメリカ万歳的な要素はあるもののやはりアメリカ人は強い国民であり、羨ましくもあり同時に少し怖かったです。
    すごい実話。その2

    人間の再び立ち上がる強さってすごい。
    カージャックのシーンがものすごくドキドキした
    "ゼロダークサーティ"や"ハドソン川の奇跡"など実話を基にした映画は勉強になります。この映画も時事ネタとして知っておくべき作品でした。

    実体験した人たちを、それぞれその人の視点で物語を描いていて良かったです。
    最後の展開は緊張感があり、観ててヒヤヒヤした。爆弾、銃撃戦が激しい。
    名言連発と最後に本物の実体験した人たちのインタンビューが感動しました。
    当時、他人事の様に事件のニュースを見てしまっている自分がいた。この映画を通してどれだけテロとは残虐な行為かというのを再認識させられた。
    人との繋がり、愛情の大切さも感じさせられた映画だ。
    アメリカっぽい良い映画。
    当時のことは全く記憶になく、、
    最後は素直に涙した。