パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

ニュースでは知っていたが、どんな背景があったか知らなかった
みてよかった
事件からもう五年も経つんですね。華やかな舞台での爆破事件は今でも鮮明に覚えてます。

劇中でも、実際の映像を使っての作品。オープニングの静かな感じから、事件が起こってからの際どい感じへの転換で、一気に作品に引き込まれました。

ストーリー的には実在事件の映画化ということで、ボストンマラソンでのテロ事件と犯人特定、逮捕まで。
解説によれば、事実7割、フィクション3割くらいらしいです。人間関係なんかは結構フィクションなのかな。

個人的には、捜査本部の規模のデカさに驚きました。この辺はさすがに日本とは違いますね。体育館みたいなところにあらゆる役割の人たちがいて、マスコミ対応もそこで。

フェンウェイパークでのレッドソックスの選手のスピーチにも感動しました。日本でも3.11の時に楽天イーグルスの嶋選手がスピーチしてましたが、ああいうのは勇気をもらえますね。

しかし、犯人の目的も信念に基づくというよりはなんだか曖昧で。なんだ、あいつら。特に兄弟の兄貴の方がいろいろクズ過ぎて。。。
9.11の真相はな、とかフェイク情報をしたり顔で語るとことか。なんなんだろう。

映画のテーマとは関係ないところなんですが、老捜査官の煙草の吸い方がやけにかっこ良かったのが印象的でした。
雑食

雑食の感想・評価

-
みた 事件の始まりから収束まで犯人から警察から多方面から撮った作品。最初からは何もおきない人たちはこれから何か起こる伏線。死者は少ないが本当に亡くなったし怪我人は多く、エンドロールで本人たちが出てきて現実感増す。こわくてまずウィキペディアで事件の概要を見てしまった。この人は死なない、など。
若くてめちゃくちゃで勝手な犯人たちよ。車から逃げた男の子みたいにうまくいくことは少ないのでお手本にしてはいけないと思った。
 2013年のボストンマラソンテロ事件の映画化なんだけど、冒頭のテロ発生までのリアリティがよくて、それだけにテロの被害による悲惨さに目を覆いたくなった。
 そこからの展開もスリリングで、実話を元にしてるのに、緊張感があるのが良かった。
mashi

mashiの感想・評価

4.5
実際にあった凄惨なテロの映画

目を覆いたくなるような 場面があるけども

犯人を捕まえる!諦めない!生きる!希望を捨てないという思いが強く伝わる

他のレビュアーが言うように最後の映像は胸に染みる
osakob

osakobの感想・評価

3.2
映画館で観ればよかった
しかも吹替だったので余計に残念

アメリカ万歳!的な感は薄めてあってそこは好感
megumi

megumiの感想・評価

4.2
衝撃的だった。
実際の映像を交えながら描かれた爆発の瞬間。視界を遮る煙、爆発音による耳鳴り、負傷し泣き叫ぶ人々、流れ出る血、ちぎれた手足…。はっきり言って残酷な映像だ。
だが、観なければならない。これは現実にあったことなのだから、観なければならない。そんな気がした。
憎しみからテロに及んだ犯人たち。しかし我々はテロから憎しみを見出してはならない。テロから愛を育てるのだ。
憎しみに勝てるのは愛しかない。愛ゆえに人は人でいられるのだ。

ひとつだけ不満を言うとすれば、もっと犯人たちの心理を描写してほしかった。なぜ彼らがこんな行いに出たのか。彼らの憎しみはどこから生まれたのか。
テロに屈しない。その心意気は大切だ。
しかし、テロを行った犯人たちを憎んではいけない。彼らのことを理解しろとは言わない。しかし我々が求めているのは世界平和のはずだ。そのためには彼らがなぜ犯行に及んだのかを調べ、二度と彼らのような人物を生み出さないようにしなくてはならない。
アメリカ人は何を求めるのか。自衛精神、それは敵の存在を示唆している。彼らは常に敵と戦うのか?彼らは誰を敵とみなしているのか?その人々は本当にアメリカ人の敵なのか?私は、自衛精神ではなく、人と理解し合う精神が必要だと感じだ。
この映画は、愛の素晴らしさを教えてくれると共に、アメリカ第一主義の密かな台頭を感じさせた。
2013年のボストンマラソン爆破事件をテーマにした作品。

何となく「24 」に雰囲気が似た雰囲気。
テロ事件がテーマで、事件発生から犯人逮捕まで102時間という短期間の出来事だった内容もですが、カメラワークやドキュメンタリーのような映像表現が似ていました。

しかし、「24 」と大きく違うのは、本作は事実である事。
「24 」のようなハイテク機器もなければ、ジャック・バウアーのようなスーパー捜査官がいるわけでもありません。

「24」のような派手さ規模ではないですが、
警察やボストン市民が一体となって犯人逮捕にいたった実際の経緯は、感動しました。

テロリズムに屈せず、テロリズムに反抗しうる作品。
stalkaway

stalkawayの感想・評価

2.5
最近、こういうドキュメンタリー風映画が流行っている気がする。ボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側が明かされる実話ベースの話。すべては愛だ。
あや

あやの感想・評価

-
とりあえず銃とか危ないもの持ってる人は死ぬほど身体中がかゆくなるようにしてほしい