パトリオット・デイの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

もちろん事件のことは知っていたけれどBOSTON STRONGを掲げたレッドソックスが優勝したこともかなり鮮明に覚えている。
最後のオルティーズのスピーチも懐かしいですね
『This is our fuckin city』かな
負傷者・死者が出ている出来事なのでこんな言い方はまちがっているかもしれないけれど、アメリカが一つになって悪に立ち向かう姿勢はほんとうに素晴らしいと思う。愛国心 自衛の意識がほんとうに高い。

『街が犯人を見つけてくれる』すごい言葉だと思う。地元警察が協力を惜しまない姿勢も素晴らしい。
BUSSAN

BUSSANの感想・評価

3.4
テロリストに立ち向かった人々、惜しくも亡くなった人々、決して忘れてはならない事実。それはわかるんやけども映画としてええかと聞かれたら、まぁぼちぼちです。記録映画ですな。
ayanon7

ayanon7の感想・評価

3.9
亡くなった8歳の子の側をずっと離れなかった警官の最後の敬礼は込み上げてくるものがあった。ラストの実際の映像や写真は涙が止まらない。
ミヤビ

ミヤビの感想・評価

4.2
もっと重く苦しい作品だと思ってて、劇場で観ないでしまったことを後悔しました(._.)


中国人の青年が人質となってからは、逃げ出すのか⁈ 殺られるのか⁈ とか...

犯人が捕まるまで緊張感半端なかった〜!(・_・;


マーク・ウォルバーグ扮する刑事トミーの言葉「反撃する武器は1つしかない『愛です』」て、素晴らしくない⁈


片足づつなくした夫婦の明るく強い姿勢が素晴らしかった(*_*)
ドラマだからじゃなくて、最後にモデルとなったカップルが出てくるのだもの!…>_<…


緊張して疲れたけど、観ごたえありました。
ぱんだ

ぱんだの感想・評価

4.5
劇場で観損なってしまったので、レンタルで。

劇場で観なかったことを激しく後悔するほどに良い映画だった。
ゼロダークサーティのように後味が重すぎることなく、テロに対し一丸となり克服しようとするボストン警察と市民の姿は前向きな印象だった。

あとで調べて主人公だけは架空の警察官だと知ったが、確かに彼がいることでバラバラな群像劇になってしまうところに一本話が通ったのだろうし、実話とはいえこういう改変はいいなと思った。

私は日本で生まれ育ち、多神教しか知らないので、一神教の方々の戦いはサッパリ理解しがたい。
遡れば2000年くらい喧嘩してるんじゃないのかという。

神様が他教徒殺せなんて言わないと思うのだけど、殺さずにはいられないのだろうか。
テロばかりではなく、報復してる米軍も含めて。

映画「PK」の中で、「神様を守る戦いは神様に失礼である」というセリフがある。
本当にそうであると思う。
SeikiOdani

SeikiOdaniの感想・評価

3.8
身勝手な憎悪や許されざる行為に対して同じ憎悪や復讐で向かうのではなく団結や愛で立ち向かう人間の良心が上手く描かれている。警官やFBIの執念も凄いですが…。
wami

wamiの感想・評価

4.0
ストーリー10
キャスト8
映像5
音楽5
またみるか6
プラス要素6
ほのか

ほのかの感想・評価

3.9
りっくんにゴリ押しされてやっと見ました。
最後の本人映像は感動でした。それにしても、兄、イっちゃってたね、、、
ピーター•バーグ監督、主演マーク•ウォールバーグコンビの実話もの。「ローン・サバイバー」も「バーニング・オーシャン」も観たが安定のおもしろさ。
FBI特別捜査官役のケヴィン•ベーコンがお得意のいやーな感じを醸し出したり、刑事物に出がちなJ•K•シモンズが珍しく銃を撃っていたり、中国人留学生役のジミー•O•ヤンがいい仕事してたりと細かい見どころもたくさん。
LH

LHの感想・評価

3.9
ボストンマラソンでの爆弾テロ事件。
恥ずかしながら以前TV番組で特殊捜査を特集していたのをたまたま見たぐらいで殆ど記憶になかったです。
記憶に残る映画ももちろん良いけど、忘れてしまっていたり、そもそも知らなかった事実を、記録として残す映画もとても良い。
最後に心が熱くなりました。
観て良かったです。