パトリオット・デイの作品情報・感想・評価

パトリオット・デイ2016年製作の映画)

Patriots Day

上映日:2017年06月09日

製作国:

上映時間:133分

4.0

あらすじ

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが…

2013年4月15日。殺人課の刑事トミー(マーク・ウォルバーグ)は朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。オリンピックの次に歴史の古いこのマラソン大会は、毎年祝日である“愛国者の日”に開催され、117回目を迎えるこの日も50万人の観衆で賑わっていた。次々と走者がゴールし最高潮の盛り上がりの最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。歓声は悲鳴に変わり、煙が立ち込める中に血を流した負傷者たちが折り重なって倒れていた。トミーらボストン警察は事態が飲みこめないまま必死の救護活動にあたる。そして、到着したFBI捜査官リック(ケヴィン・ベーコン)が現場を慎重に観察すると「これはテロだ」と断言した。テロだとFBIに管轄が移る。犯人に対する怒りがふつふつと湧き上がっていたトミーは歯ぎしりをするが、病院を回って負傷者たちの話を丁寧に聞いてまわるのだった。やがて監視カメラに映る不審な“黒い帽子の男”と“白い帽子の男”が容疑者として浮上する・・。

「パトリオット・デイ」に投稿された感想・評価

MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

4.2
2013年04月15日、あの日の凄惨な事件の一部始終を事細かに映画化する覚悟に胸を掴まれた。

あの日のニュースは今でも憶えてて、爆発の映像を見るだけでも犯人が早く捕まることを願っていました。
すぐに犯人が捕まって安堵した。

それまでの経緯が映画で語られるということで、絶対観なきゃと思っていて、観終わって、テロで失ったものは大きいけど、それで得られることもたくさんあることに感動と言ったら変だけど、そんな気持ちになった。

“テロリズム”
そんなものに負けない、強いハートを持つことが大事。
eddiecoyle

eddiecoyleの感想・評価

2.5
物語先行の典型の割には撃ち合いがあったりで、リアリティと作り物の折り合いが悪すぎた。メリッサ・ブノアの使われ方にショックを受ける。
太猿

太猿の感想・評価

-

鑑賞日は適当。
「こんな事件があった気がする」という認識だけでいたボストンマラソン爆弾テロ事件。
全貌がまさかこんなサスペンス色強い逃走劇だったとは。登場人物が多いにもかかわらず、事件の核心部に居た警察官や市民にスポットライトをあてて丁寧に描いているので、とても見やすい。
見ているうちに、犯人に対するボストン警察の憎悪が伝染し、事件の収束時には自分も胸をなでおろした。
kingsman

kingsmanの感想・評価

3.6
ボストンマラソン爆破事件をもとにした内容。
Yoshi

Yoshiの感想・評価

-
2017/06/13 TOHOシネマズ
2017/06/17 TOHOシネマズ
くぅー

くぅーの感想・評価

4.0
my映画館2017#52>2013年4月のボストンマラソン爆弾テロ事件を描いた本作、あの後の“Boston Strong”の意味をやっときっちり理解できた。
予想外のドキュメンタリーっぽい仕上がりで、臨場感もきっちりで、愛を語って見せる終盤は、Strongの意味をはき違えている新しいリーダーへのメッセージってな深読みもしたりして。
ピーター・バーグ監督とマーク・ウォルバーグの傑作になるでしょう。
skipRA

skipRAの感想・評価

-
事実検証と言いながら想像以上に夜中に銃弾ぶっ放していて。確かに監視カメラから拡大したような緊張とも取れるが駆け引き以前に戦闘に手に汗握った。群像的な万歳はこの際置いておいてよきサイズ感、よきアプローチ距離であったと思う。