ウルフ・オブ・ウォールストリートの作品情報・感想・評価

ウルフ・オブ・ウォールストリート2013年製作の映画)

THE WOLF OF WALL STREET

上映日:2014年01月31日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」に投稿された感想・評価

「ウォール街の狼」と呼ばれた株取引人の話。

映画の中で主人公は法を破りまくるが、私たちに「商売のコツ」や「社長としてのあるべき姿」など多くの事を教えてくれる(日本で使える術かは疑問だが…)。
そのため、商売人や人生を逆転したい人間が見るにはいい映画かもしれない。

しかし、3時間と長い映画であるためか無駄が非常に多い。
テーマは「金」なのだろうが、薬物やセックスなどの多くの情報が入り見終わったあとに「結局なんだったのー?」と思わされる。
この映画はテーマを絞って2時間弱で充分だ。
まさかの実話です。
一言で言うと“面白い映画”です。
下品なシーンが多いのですが、遊んでいる男たちの生態がわかります。
人生楽しんだもん勝ちですね。
金融関係の世界をこんなに楽しい映画にできちゃうのがすごいです。
ディカプリオの作品でもお気に入りの1作です。
楽しい映画を見たいときに是非どうぞ。
長いですが展開にワクワクしながら見られると思います。
俺らは電話のテロリスト

自力であそこまで這い上がる男は世の中の成功例としてあげる他ないでしょう
そして成功するために最も大切なこと
トーク力。コミュ力。
これしかないっすね
コミュニケーションがどれだけ大切なのか、ジョーダンベルフォートは分かっていた
話が上手ければ人も付いてくる。特にあの様な競争の激しい社会ではそのレベルの技術、話術が求められる
コミュ障の諸君これを観て学べベルフォート様が全てを伝授してくださる

全てがめちゃくちゃ
めっちゃくちゃなウォール街
こんなところで大金扱われてると思うとほんまテロ
沈黙サイレンスを観に行く前にこれみたけどスコセッシ。。。??スコセッシ????ギャップ激しい

プリオのゲスっぷりにはドン引き

詭弁。私が大好きな言葉
かつて詭弁家と言われたソフィストたちをとても敬拝
ビジネスのためなら手段は選ばず
ベルフォードだけでなく、とんでもない金持ちの奴らは結局そんな考え
自分を売り込むことより人のために何かしようとする優しい人はそもそもあの社会では生きてけない

多分ジョブスとかとは違う
ザッカーバーグはベルフォート寄りな気がするが、ジョブズは違う
彼は"人のために"が目的だった
だからすっっっっっごい長い道のりだった
若くして億万長者。それはもう詭弁家。
りさ

りさの感想・評価

4.1
ぶっ飛んでるけど面白かった
金と女と権力と。
成り上がって破滅へ。
大好物のテーマでした。
鎌田

鎌田の感想・評価

4.2
5分に一回ファックかセックスがでてくる。
コバ

コバの感想・評価

3.7
とにかく長かった
>|