ウルフ・オブ・ウォールストリートの作品情報・感想・評価・動画配信

ウルフ・オブ・ウォールストリート2013年製作の映画)

The Wolf of Wall Street

上映日:2014年01月31日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ウルフ・オブ・ウォールストリート」に投稿された感想・評価

960

960の感想・評価

3.8
サブタイトルは金と女とクスリと…
ってついても良いぐらいこの3つで構成されていた

狂っててまじイカれてればイカれてるほど
レオ様の頭の良さと巧みな話術のギャップが浮き彫りになってたね

レオ様はやっぱり金持ち役が似合うのを改めて実感させてくれた
もう一回華麗なるギャッツビー見たくなったw
とみを

とみをの感想・評価

4.0
ディカプリオの演技がほんとすごいです
コメディ要素満載、ずっと楽しくて3時間あっという間でした
レオ様のイカレ具合がヤバい
酒に薬に女
マーゴット・ロビー可愛かった

このレビューはネタバレを含みます

面白い映画で観てて気持ちのいい勢いがある
ディカプリオもいつも通りディカプリオ
音楽も好きな曲が沢山流れた

実話に基づいてるから何とも言えんけど
僕はこの映画全然好きじゃない
登場人物誰一人好きになれない
どうしようもない人間にも素晴らしい部分って絶対あるのに
それを全く見せない映画
多分もうちょっとキャラクターの魅力が見えるところが入ってたら最高なんやろうな
恐らくジョーダンっていう一人の人間からのバイアスに基づいた視点やから
葛藤や苦悩が言及されてないんやろな

誰一人成長しない
誰一人学ばない
金はその人の価値を分かりやすく劇的に示す一種の指標やけども
心のさもしい人には結局そういう人しか寄ってこない
最後の電車のシーンなんかは語り手のちっせぇプライドの誇示にしか見えない
対象の見た目やステータスみたいな表面的なものが自分の認知に影響を与えることをメタ認知できてない人間しか出てきてない

あと音楽
なんでそこでその曲を使うのかよくわかんねー
スコセッシがどういう気持ちでこの映画を撮ったのか
多分それが分かれば全部納得できる
まるまるそのまんま事実しか描いてない伝記だとして
こんだけギッチリの人生を生きる人がいるということは面白いと思える

男にとって自信ってのが不可欠なのは共感できた
面白かったけど全然好きじゃねぇわこの映画
ドン底スタートから成り上がりから成り下がり

とりあえずハチャメチャ!
会話がいちいち面白い!
シラフの時よりキマってる時のが多い!

前半は爽快感あってワクワクするけど
後半は…しょうがないよね
因果応報でしょ…って思った

やけになげーなって思って調べたら3時間映画じゃん笑
人生はっちゃけたら、ここまでいくんだなと、欲望むき出し映画。
・あらすじ
学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績を上げ、猛烈なスピードで成り上がっていく。そして26歳で証券会社を設立し、約49億円もの年収を得るまでに。富と名声を一気に手に入れ、ウォール街のウルフという異名で呼ばれるようになった彼は、浪費の限りを尽くして世間の話題を集めていく。しかし、その先には思いがけない転落が待ち受けていた。

大乱痴気キメキメストリート。
問答無用でR15+。
狂乱の坩堝ってかんじ…。
ディカプリオの演技が相当凄かった。
社内のスピーチが本当に熱狂的でした。
でも何だか途中から見ていて苦しくなってきます。ちょっとずつ捜査の手が忍び寄り始め、家庭にも亀裂が…。
ジョーダンは結局実刑になり、ナオミにも逃げられます。そしてひとりぼっちに。
悪銭身につかずとは良く言ったものですな。
キタ

キタの感想・評価

3.8
狂乱っぷりが止め処ない!!!

意味がわからないぐらいSEXシーンてんこ盛りでしたw
スコセッシ大好きだぜ!滾るぜ!

映画のテンションに釣られて観てるこっちまで頭に血が上り続けて何故か身体的にドッと疲れましたが面白い映画でした。

バイスのオチ観てこの映画を思い出しましたとさ。
Max

Maxの感想・評価

-
「男のやりたいことが全部詰まった映画」として知り合いに紹介されて観た映画。金、女、ドラッグ(最後は興味ないが…)。喋りの才能から証券会社で大成功を収めた男と周囲の人間たちの乱痴気騒ぎ。
過激な場面多め。

でも頭いいから成功した。
財を築いた。
オープンマインド楽しい人間。ダンスとかパーティーとか、こういう世界って自分からかけ離れてるけど面白い。

株取引のブローカー。
電話かけまくる。
口が上手い。

こんなにfack,damnって聞く映画初めて。
>|