インターステラーの作品情報・感想・評価

インターステラー2014年製作の映画)

Interstellar

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:169分

ジャンル:

4.2

「インターステラー」に投稿された感想・評価

marimo

marimoの感想・評価

4.2
とにかく壮大なスケールな気がするノーラン作品。

相対性理論で賢くなった気がしたり、人知を超えすぎて結局なんだか分からなかったり、宇宙モノお約束の裏切りがあったり。
最終的に何かすごい映画を観たって気にさせてくれる、お腹いっぱい映画です。

【再鑑賞】
・2018/01/04 4K UHD

4KとHDRが織り成す圧倒的な立体感。
その場の空気や匂いまで伝わりそうな質感。
極めてノーラン作品との相性は抜群。
shinshin

shinshinの感想・評価

4.4
面白かったけど
難しかったー!!

もう一回見せて!
ymyk

ymykの感想・評価

3.5
アホなんで全然ついていけないんだけど、これを考えた人、映像化した人、演じる人はすごいなぁなんて馬鹿な感想。水惑星のとこのショックはでかい。マッケンジーフォイの可愛さが銀河級。
キラ

キラの感想・評価

4.5
映像がとても綺麗。

映画館の迫力や音響で観たかった。
JoAriyoshi

JoAriyoshiの感想・評価

4.5
音楽も素晴らしい。
SFは作り物感がすごくて基本嫌いだけど
これは映像が綺麗で宇宙の描写も真実味あって本当にこんな感じなんじゃないかって思いながら観れた
そんな映像の綺麗さももちろんよかったけどやっぱりストーリー良かった
後半の伏線回収めっちゃ泣けたしラストも希望に満ち溢れててよかった
スケールでかい、尺長い、なんか青、
で、
お馴染みのノーランのSF長編。


滅びかけた地球から人類を救うために、違う銀河まで新天地を探すという壮大なSFだけど、父娘の人間ドラマでもある。

宇宙とカントリーな畑の入れ替わりのコントラストが印象的だった。

見終わった後は単なる感動ではない、
複雑な気持ちになる良作

この映画の醍醐味はやはり徹底された、近年稀にみる科学考証である。

実際に宇宙を旅した人はいないが、きっとこうだろうという映像表現やシナリオから目が離せない。

また2001年宇宙の旅などの往年の伝説的SF映画へのオマージュやアンサー的な演出には本当にくすぐられる。

しかしSF映画好きや宇宙好き向けと言わんばかりの設定やシナリオやとびだす用語はSF慣れしてないと、おいてけぼりをくらう可能性は大。

藤子・F・不二雄の短編漫画で予習しなきゃな一本。

中盤には予告やプロモで一切公開されなかったあの大御所俳優が飛び出す。


アンハサウェイのショートカット具合が可愛い過ぎる件!

ラストのアンのカットの、
あの希望と絶望がちょうどいい具合に入り乱れた絵面に胸キュンである。

一つだけ気になったのは、もうちょっと近未来の荒廃手前の世界情勢の説明的なものが欲しかったかなと。
zombie4263

zombie4263の感想・評価

1.8
公開当時にノーラン好きなSFオタク友達と期待して観に行ったけど、過去に
「トップをねらえ!」を見ていた私達アニメオタク共は、予想出来てしまったオチとストーリーだったので特に思い出はありませんでした

帰りに食べたクレープはとても美味しかったです
>|