47RONINの作品情報・感想・評価・動画配信

「47RONIN」に投稿された感想・評価

《侍の映画》、Vol.13。『47RONIN』。
この企画、最大の亜流作品をブッ込む。

『47人の刺客』『決算!忠臣蔵』を観て、これを観ないわけにもいかないかと急に思い出して久しぶりに観た。

『ラストサムライ』に続きたくて、出来上がったのは『モータルコンバット』でした、みたいな独特の洋風ベースの日本古来の“侍魂”を描きたい作品。

日本の文化や伝統、世界観、風土、そして、赤穂浪士の吉良への“討ち入り”の理由、結末、そして、歴史、文献、その他もろもろ事実と比べて観たら、この作品は一巻の終わり。

この映画は、それらをどれだけ正しくなぞらえてるかで評価とかしようものなら、というか、評価しようがない。

かなり、アクロバットな世界観と独特の展開、描写。
江戸時代なのに、かなり“伝説”感がある。
謎の生き物とか、魑魅魍魎的な何か、そして、魔女的な、、、。

だからなのか、何となく江戸時代よりも鎌倉時代の『陰陽師』っぽい、呪術や怨霊的な、スーパーナチュラルさが漂う。

そう言う点も踏まえて、どれだけ西洋が東洋のジャパニーズ文化を神秘的なものとして捉えてるかがありのままに伝わってくる。

「いやいや、実際の日本はそれほど不思議ではないよ」的な。
そういう意味で、日本をかなり神がかったものに持ち上げてくれてありがとうと言う気さえしてくる。

亜流で、アクロバットで、飛び道具的な作風。
それでも、赤穂の“侍魂”を描かんとし、それを感じれるのは他でもない。
日本から超一流の日本の役者達がそれを支えているから。

田中泯、真田広之、浅野忠信、柴咲コウ、赤西仁、菊地凛子。そして、日本が好きなキアヌ。

彼らが、途方もなく散らかってわけわからなくなりそうなこの映画で「絶対に侍と日本の魂を描いてやる、そうはさせないぞ」と言わんばかりに日本の出来事にしている。

その気迫。鬼気迫る。
何なら、製作陣ですら「え?それで良いの?まぁ日本人の役者がそうしてるし、それで、、、ええか」となってるんじゃないかと思うぐらい、彼らが“こっち”に寄せてくれてるんだと思える。

その力強さ。
どこまでいっちゃってても、「実際の日本人、侍、日本の風情、そんなことないからね」が沢山あっても、どこかでオリエンタルな東洋の雰囲気を感じられるのは彼らのおかげ。

その彼らにだけは賛辞を送りたい。

アクションシーンや、魑魅魍魎の造形、力強さと迫力、地の底から出てくるような重低音は、日本らしさかどうかは置いておいて、何にせよ「こういう世界」に引き込む強さはある。

とにかく独特だけど、これと決めたからにはみんなが“討ち入り”の映画やるぞと腹は決めてることは伝わる映画。

でも、徳川さん「あ、そうそう。大石、こんなことになっちゃったけど“討ち入り”とかだけはダメだかんな!んで、浅野の姫は吉良にあげちゃう」とコントみたいなフリしちゃダメでしょ。

“武士の恥”とは、そういうことではない。

そして、銀色の巨体のモンスター侍。お前は、、、そんな感じか。

とか、言い出したらダメってこと。この映画は。
みんな、頑張ってる。それが“侍魂”。
mylife

mylifeの感想・評価

3.0
ハリウッド映画に日本人が多数出演している本作をかなり久々に再鑑賞してみた。ただし、もうほとんど内容を覚えていないので、これが果たして再鑑賞と言えるのかどうかも微妙ではある。

時は江戸時代。いわゆる、有名な赤穂浪士の話を描いている。日本人ならば馴染みのある忠臣蔵なのだが好きな人にとっては何じゃコレ…ってな作品でもあるのだ。

とりあえず、ファンタジー要素の方が強過ぎてか…何だか不意にあの「里見八犬伝」のことを思い起こさせたりもしたのよね。とまぁ、私は特に思い入れは無いので深みは無いが娯楽映画として普通に楽しめた感じ。

それにしても、大石内蔵助こと真田広之は相変わらず渋い。「ラストサムライ」でもその存在感を、まだまだと魅せつけられた感じだが侍役が良く映える。

真田広之と浅野忠信との共演も嬉しい限りではあった。しかも、それがハリウッドなのがスケール大きくて良いね。ますます、海外を拠点に活躍する真田広之や浅野忠信がステップアップした作品と言う認識の作品で良いのかな…なんて。

そういや、主演のキアヌには全く触れていなかった事を最後に気付いてしまったが、まぁいいや…と思う今日この頃である。
LisaOga

LisaOgaの感想・評価

3.2
なんかよくわかんなかった。笑

キアヌリーブスは何者だったのか…
天狗とか出てくるけどぶっちゃけこえぇぇええって思いました。笑

海外の人から見た日本ってこんなイメージなのかな…
切腹!!!!
以上。笑
ゆゆゆ

ゆゆゆの感想・評価

3.0
キアヌリーブスかっちょいい
内容は、海外の人が作った日本映画って感じ

こういう系は全部同じ感じになるの逆にすごいな
かつての日本。赤穂の地で領主に拾われた子供は天狗の傷跡を持つ鬼子だったが領主の娘と相思相愛の関係。しかし、隣国の吉良が御前試合に罠をかけ失脚させる。。

映画「ラストサムライ」でトム・クルーズの武士道に満足出来ないのか、、ここに新たに珍解釈の武士道映画が誕生したかのようです。

日本と中国とのゴチャ混ぜシチュエーションなんで、もはやファンタジーRPGの世界感。
なにも日本と強調しなくてもと、映画「妖魔伝/画皮2」みたいに謎設定の方が風情が倍だったかも。

また、トロールみたいな魔獣がチョイ役で出てたり、アドベンチャー映画のいいとこ取りするならガッチリ世界観のイメージが固まってから映画を作れと言いたくなります。

ただ、ストーリーの運びはそれなりの骨格は出来ており、冒頭違和感過ぎれば自然と見れました。
更に妖術師の存在感も思ったよりありました(はじめ、チョイ役ぐらいの登場かなと思いこんでました)。
最後に発露される天狗剣技のような体術も映画「マトリックス」のラストのようなチート技。
もすこし、前フリのような部分も幼年時代も含めて盛り込んで欲しかったですね。

しかし、何故、赤穂浪士がベースなのか?
単に主君の無念を晴らすだけなら騎士道でもファンタジー道でも十分表現出来たでしょう。。
やはり、切腹に輝く美学を感じるのでしょうか。。

ラストの解説も余計です。
ファンタジーと見れたものが、いきなり違和感をまた突きつけられたかのようでした。
バティ

バティの感想・評価

2.4
真田広之だけは素晴らしいです。日本語吹替で観ることをお勧めします。衣装はいい。
aaa

aaaの感想・評価

1.0
中国混ざってるし、ストーリーもないし、ただただ金がかかってるだけ。B 級映画を楽しみたいという気持ちなら見れるかも。
るい

るいの感想・評価

3.0
赤穂の城主浅野内匠頭の仇討ちを成し遂げる47人の浪人たちの物語。時代劇ファンタジー、というよりもとてもファンタジーな時代劇。侍なのか、忍者なのか、その着物と髪型どうにかならんのかとか色々あるけども。真田広之の殺陣は、最高にかっこよかった。もっと良い題材のキアヌと真田さんの殺陣アクション映画が見たい!!
独特の日本観とファンタジーも絡まって、『問い』が発生。改めて『忠臣蔵』見直そうと思った。

『名誉と忠義』命よりも重きを置くほど大切なのだろうか? 以前は疑問にすら思わなかったが。

『侍である』『武士たるもの』生き方を規定されるのは窮屈?むしろ楽?

『仇討ち』『復讐』どっち?
moran

moranの感想・評価

3.5
ちょっと日本風のパイレーツ・オブ・カリビアンでした(笑)あとハリー・ポッターも入ってたかな(笑)
ジェダイのようなキアヌのカッコイイ殺陣が見れます👌
日本と思ってはいけない、割り切って観れば楽しめる。
>|

あなたにおすすめの記事