アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価・動画配信

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

La vie d'Adèle/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

Dano

Danoの感想・評価

-
青が綺麗な映画

同性愛者の話だがそれがメインなわけではなく、話としてはどこにでも有りそうな普通の恋愛の話。それを映画として美しく描く、フランス映画らしい芸術的な映画。
全てのシーンが綺麗で美しい。
ベンチのシーンが好き。
HW

HWの感想・評価

3.7
◉「恋は性の垣根を越える」

◉瑞々しく、儚く脆い異色のラブストーリー。

◉川沿いのベンチで燦々と輝く日に照らされながらキスを交わす描写は、どこか神秘的なものを感じ、また全ての映像にいやらしさがなく、寧ろ生物学的な美しさを感じた。

◉初めてゲイバーに寄った際に、何の躊躇いや恥じらいもなく当然の様に同棲を愛する人たちを目の当たりにしたアデルの世界が広がった瞬間の心境をBGMで表現していたのが印象的。

◉《レア・セドゥ》の笑顔や立ち振る舞いが格好良い。《アデル》然り、体当たりで愛情を表現する事もあれば表情や目配りだけで語るような自然な演技が巧すぎてかなり惹きつけられた。











【以下ネタバレ含む】













◉ラストシーンで個展を後にしたアデル、その表情や後ろ姿はどこか寂しそうに見えたのは孤独からくるものか、エマとの決別を意味しているのか…。また、敢えてブルーのドレスを着ていたのはエマへの未練なのか…。
Mana

Manaの感想・評価

3.9
思春期から成人する過程では、恋、感情、衝動の形って成長も変化もする。その辺の描写がとてもリアルだった。

性のことって、家族にも友達にも言えなかったりするしね。

表情も吐息もわかるような、すごく近い撮影手法が印象に残った。アデルの喜びや苦悩を、近くでずっと見ていた気分。
りょ

りょの感想・評価

4.1
ずーっとずーっと見たかった映画
私も一緒に一目惚れ、落ちていきました。
エマの表情ひとつも逃したくなく瞬きも惜しみ、どこのシーンも美しすぎて終始鳥肌、「うわぁ…」と感嘆の声が漏れ出して止まりませんでした。
3時間とは思えないほどあっという間に終わっちゃった…
フランス映画、映像が全部綺麗で音楽は最低限内容は明確、大好きな映画です。

レアセドゥ様の大ファンになりました。
pororonge

pororongeの感想・評価

3.6
思春期の性の気づきが上手く表現されていた。それは悩むわ。
純愛と言えば純愛だし、そうでないと言えばそうでないし、妙にリアル。

絵についての解釈が好き。印象派は最初美術展から排除されてたのか。
醜い芸術なんてない、醜いは主観で、だから美術は美しい。
さすが芸術の都
青い髪いいなぁ
chi

chiの感想・評価

3.3
とにかく長かった
人生色々だなあって思った、色とりどりに見えてても無色の中に何色かが映し出されててそれが個性なのかな
2人の身体が交わるシーンとても生々しかったけども、芸術作品を見てるような感じで美しかった。

エマ魅力的だよね〜。
青い瞳とミステリアスな雰囲気とすきっ歯がチャーミングで可愛い。
アデルはエマをきっと、ずっと心に想うんだろうな。
恋愛に性別は関係ないと想うし、当人同士が幸せならそれでいいと思ってる。
今はでもだいぶ寛容になったけど、やっぱり外野が心許ない言葉を言ったり、容赦ないんだよね。

ボロネーゼが食べたくなるし、
あんな美味しそうな生牡蠣もうそそられしかしない。
HELL

HELLの感想・評価

-
最初はワクワクしたけどリアルすぎて少し退屈した
>|