アバウト・タイム 愛おしい時間についての作品情報・感想・評価

アバウト・タイム 愛おしい時間について2013年製作の映画)

About time

上映日:2014年09月27日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.1

あらすじ

イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティ…

イギリス南西部に住む青年ティムは、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。しかし、自分に自信のないティムは年頃になっても彼女ができずにいた。そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人ゲットのためにタイムトラベルを繰り返すようになるティム。弁護士を目指してロンドンへ移り住んでからは、チャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、二人の出会いはなかったことに!なんとか彼女の愛を勝ち取り、その後もタイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと……。そして、本当の愛とは、幸せとは何なのかを知る。同時に、ティムと時間の旅をともにする私たちも、愛と幸せの本質を実感することになる。

「アバウト・タイム 愛おしい時間について」に投稿された感想・評価

鹿

鹿の感想・評価

4.0
私的な感情を呼び覚ます。
父が、亡くなる前私に
「いい知恵は浮かんだか?」
と聞いてきた。脈絡もなく、なんのことか分からなかったが
「うん、浮かんだよ」
と、答えた。
「じゃあそれでいけ」
と。ほどなくして、父は永眠した。それから数日後、こんな夢をみた。
夜、父とリビングでテレビを見ている。どこからか風が入ってくる。
「お父さん、窓閉めてくるね」
隣の部屋に行き、雨戸を閉めながら、あ、父は亡くなったんだったと気がつく。リビングに戻ると父の姿はなかった。
もし、ラブコメを敬遠してあえてみていない(わたしのように)とすれば、もったいないことだと思います。
がひ

がひの感想・評価

3.8
なにげない日常が幸せだけど、
そのなにげない日常がなかなか手に入らない。
主人公が幸せすぎて僻む。
とあるタイムトラベルの能力を持つ父と子のお話。
タイムトラベルによって、人生の失敗を修正しながらより幸せな人生を見つけていく。
でもそれによって戻せないものもあると気づいてしまう苦悩があった。
後半の心に来る部分もすごく好き。
ドーナル・グリーソン主演ということで観たけど予想以上に良かった。
何度でも見返したい。
オールタイムベスト入り。
ものの見方を変えただけでありふれた日常がキラキラした幸せな1日になる。1度きりの人生をより良く生きるための知恵の様なもの。
Y

Yの感想・評価

4.5
好き。これは結婚した時、子供を産んだ時、人生の節目に見返したい一本かなぁ。サントラも聴いてる。
な

なの感想・評価

4.0
後悔知らずの人生
タイムパラドックス的なことは考えると混乱する
HAL8192

HAL8192の感想・評価

3.7
タイムトラベルものの中でも奇妙な立ち位置にいる気がする作品。

人生の1日1日について考えさせられるような作品だが、少々あっさりしている。

というよりも、能力が強すぎる気がする。過去の自分の行きたいところに自分の意識のみいけるという設定のようだが、あまりにも便利すぎる。

故に変えられないものや1日1日目の重要性がテーマになってくるが、正直、もっと違う事は出来なかったのか?と考えてしまう。

テーマにあった行動思考で、とても後味はスッキリしたものになっているが、個人的には何に変えても変えたい過去を持つ人にとってはこの終わり方も納得がしにくいと思ってしまう。

お題目は理解できるが、もし過去に自由に戻れるなら自分なら絶対に違う選択をしたテーマがある人には簡単には感動できない内容だった。
chanu

chanuの感想・評価

3.8
未来の自分がタイムトラベルで過去に戻っている、、、それが今の自分だとしたら?

タイムトラベルできる力に味を占めたティム。ある夜、運命の女性メアリーと出会う。タイムトラベルの力を駆使して様々な試練を回避していくのだが、、、

1日を2回過ごす親父。
それを凌駕した、タイムトラベルを使わないという手法。
SFとラブコメと親子と人生の映画。
親子の会話がとてもいい味を出していて、特にお父さん役のビル・ナイの雰囲気がとても良い。
結婚式のシーンの音楽と演出が印象的で一生、記憶に残る気がしてる。
どうすれば素晴らしい人生を生きることが出来るのか、そのテクニックを掴めた気がするし、そもそもどのような人生が良い人生なのかに気づけた気もしてる。
最高の映画だと思っている。
ノッチ

ノッチの感想・評価

4.0
21歳の誕生日に、父からタイムトラベル能力があることを知らされたティム。

メアリーと恋に落ちた彼はタイムトラベルを続けていたが…。 

『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督の引退作となったラブコメディ。

『ラブ・アクチュアリー』の監督の作品なので、映画術は問題ないし、物語としても、気分よく見られる。 

ただのよくあるラブストーリーかという偏見を持っていたが全く違った。 

何気ない1日が本当はとても大切な一日一日である事、こんな当たり前の事に気づかせてくれる映画。 

内容は主人公がタイムトラベルできるというお話です。 

上手くいかない事があればその時間に戻って修正が利く。 

未来には行けないけど、過去に戻って自分だけやり直せる。 

だから、自分の納得のいく展開になるまで何度でも過去に戻って、自分の行動の選択をし直せる。 

こんなん、最強じゃないですかw 

恋人を作りたいというのが一番の目的なので恋愛オンリー 。

しかし、過去に行き来できる主人公でも、過去に行けなくなる事柄があり、その時の選択と決断で時間の在り方、そして大切な人たちのありがたさを確かめていく。 

毎日が人生の最後の日だと思って過ごす。 

スティーブジョブスも同じこと言ってたな。

主人公の家族に対する暖かい愛が深いものばかりでとても感動しました。 

ただ、主人公は望む人生を手に入れたけれども、それは何度もやり直しをして、正解を知ってからまた戻って、答え直すみたいなズルをしているんで、基本的に共感は出来ないし、なんかこの能力がなかったらこの主人公はほんとに冴えないままだったんじゃないか? 

と、思う。 

しかしレイチェル・マクアダムスの行き過ぎないコメディエンヌっぷりが絶妙。 

笑いまでいかないけどクスッとできる部分がいいアクセント。 

ただ中だるみ感は否めず。

もう少し絞って短い作品だと、更に高評価連打の予感。

妹のエピソードとか長すぎ。 

この映画を最後に監督は引退して脚本家に戻るとおっしゃってるそうだけど、そんなことおっしゃらず、またいつか作品を作って下さいね。

追記
と言うか、タイムトラベルして回数無制限のやり直しでもしない限り俺彼女出来ない気がする…!!

昔振られた女の子を振りかえしてやるところとかもうガッツポーズだよね。
>|